« 全米を30年間だまし続けた“史上最も善意ある”贋作作家を追ったドキュメンタリー『美術館を手玉にとった男』11月の日本公開が決定 | メイン | 深夜の高校、迫り来る恐怖は、やがて絶叫へと変わる。『死霊高校』予告編解禁 »

2015年7月17日 (金)

『ニンジャ・アベンジャーズ』ケイン・コスギ「アクションで負けたくない気持ちがある」


ハリウッド製“ニンジャ”活劇『ニンジャ・アベンジャーズ』で肉体同士が火花を散らすリアル・アクションにこだわったケイン・コスギが、高いレベルの環境の中でアクションを披露できる同作の現場で、誰にも負けたくない強い心情で撮影していた胸中を明かした。

日本で甲賀流忍者の修行を極めたアメリカ人(スコット・アドキンス)が、何者かに愛する者を奪われ、世界を股にかけた究極のリベンジ・バトルに身を投じる同作。彼の兄弟子・中原役のケインは、「今回もハリウッド映画で、世界中のアクションスターやスタントマンが集まっていて、レベルの高い中でアクションができることが分かっていました」と、ハイレベルの現場になることを予見。強靭な精神力でアクションに挑戦する覚悟を決めた。

映画本編中、パーフェクトに仕上がったボディーでしなやかだが、強烈なアクションを披露するケインだが、撮影現場では初心に戻るほどの刺激を受けたと回想する。「スコット・アドキンスさんとの共演のために体を絞ってしっかりアクションの練習をして臨みましたし、負けたくない気持ちはありました。そして、世界で活躍するアクションクルーが見たことないアクションをやっているのを見て刺激を受けました。そういう環境の中でも勉強しながら練習を重ねれば、自分はもっといいアクションができると改めて思いました」。

その努力が奏功して、同作は“アクション・エリート賞”という賞で2013年度年間ベスト・アクション映画賞を受賞。格闘アクション界で最高の評価を得たが、この受賞は自身と、そして未来のアクションスターにとっても励みになるともケインは言う。「自分もそうですが、アクションにあこがれて武道を始めて、ブルース・リーやジャッキーさんみたいなアクションスターになりたい人が、世界中にはたくさんいらっしゃる。僕よりも若い人は、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、スティーヴン・セガール、ジェット・リー、トニー・ジャー、ドニー・イェン、ジェイソン・ステイサムにあこがれていて、そういう新しい人たちはたくさん出てきます」。アクション映画というジャンルの発展に確実に貢献した。

「久しぶり、ここまでのアクション映画は、なかなかないし、新鮮に感じるかもしれません」と自信を持って同作を推すケイン。高レベルのリアル・アクションの目撃者になれ!
____________________________________________________________

『ニンジャ・アベンジャーズ』
発売中 ※レンタル同時リリース

【ブルーレイ】4,700円(本体)+税
【DVD】3,800円(本体)+税

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C) 2012 N2 Productions, Inc. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33478581

『ニンジャ・アベンジャーズ』ケイン・コスギ「アクションで負けたくない気持ちがある」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ