« 感動の忘れられない夜が来る!『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』シリーズ最後の日本版予告編を公開 | メイン | ヒュー・ジャックマンが“黒ひげ海賊”を怪演する「PAN(仮題)」公開決定 »

2015年1月 7日 (水)

「生き物を通してアマゾン、地球の魅力に触れてみませんか?」『アマゾン大冒険』ココリコ田中オフィシャルインタビュー


1月17日公開の映画『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』から、同作品で“アマゾン案内人”を務めるココリコ・田中直樹のオフィシャルインタビューが到着。

芸能界きっての動物好きとして知られる田中が、映画と動物たちの魅力、そして作品の見どころを語ってくれた。

____________________________________________________________

『アマゾン大冒険』を観た感想を教えてください。

田中:生き物は生きることに真っ直ぐです。フサオマキザルのサイ君を中心に登場する多種多様な生き物たち、すべての生き物が生きることに真っ直ぐです。僕はそこに感動します。アマゾンの魅力が爆発している映画だと思います。

映画に登場する動物の中で、特に気になった動物、気に入った動物を教えてくださいますか?

田中:この映画の主人公であるフサオマキザルの適応能力やコミュニケーション能力は凄いなと改めて思いました。あと、個人的にアマゾンでジャガーを生で見たいという思いがあるので、ジャガーが出てくると心拍数が上がります。

動物好きで知られる田中さんですが、一番好きな動物は何ですか?

田中:サメです。500種ほどいると言われていて、その幅の広さに惹かれます。22cmほどのツラナガコビトザメもいれば、12~13mのジンベイザメもいたりと、大きさの幅広さも好きです。そして何よりもサメのフォルムが大好きです。

テレビのロケなどで海外に行かれることも多いかと思いますが、アマゾンに行かれたことはありますか?

田中:アマゾンには行ったことがありません。ペルーには仕事で行かせていただいたことがあり『この先にアマゾンが広がっているのか……』と思いを馳せたことはあります。そしてアマゾンのような秘境にはまだ行ったことがないので、とにかく死ぬまでにアマゾンには行ってみたいと思っています。

今まで出会った中で驚いた動物はいますか?(外見や生態など)

田中:インドネシアのスラウェシ島などに生息するバビルサです。オスは上の犬歯が長ければ長いほど、メスにモテると言われているのですが、その犬歯(いわゆる牙)が伸び過ぎて湾曲し、頭がい骨に刺さっている個体がいたので、モテる前に死んでしまったら元も子もないと思ったので。

今まで出会った中で、ご自身のお子様にも見せてあげたいと思った珍しい動物はいますか?

田中:僕自身、まだ出会ったことがないんですが、地球上最大の生き物、シロナガスクジラとか見てほしいと思います。同じ哺乳類でこんなに大きな生き物がいるんだ、と自分の目で見て感じてほしいです。

田中さんご自身のお子様も含め、幼稚園や小学生くらいの年齢のお子様へのメッセージをください。

田中:木に登るのがうまかったり、隠れるのがうまかったり、はたまた毒を持っていたり、アマゾンにはオモシロイ生き物たちがたくさんいます。この映画で気になった生き物をもっと深く調べてみてもオモシロイかもしれませんね」

お子様を持つパパやママへのメッセージをお願いします。

田中:日本にはいない、なかなか見られない生き物がたくさん出てきます。生き物を通してアマゾン、さらには地球の魅力に触れてみませんか?」
____________________________________________________________

『アマゾン大冒険~世界最大のジャングルを探検しよう!~』

2015年1月17日より角川シネマ新宿、全国イオンシネマほかにて
配給:クロックワークス
公式HP:http://amazondaibouken.com/
© 2013 BILOBA Films - GULLANE - GEDEON Programmes - France 2 Cinema - GLOBO Filmes - IMOVISION - LE PACTE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33117405

「生き物を通してアマゾン、地球の魅力に触れてみませんか?」『アマゾン大冒険』ココリコ田中オフィシャルインタビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事