« 君、名前は?――『花とアリス殺人事件』最新ポスタービジュアルを公開 | メイン | 自然の宝庫アマゾンの森がなくなる!?『アマゾン大冒険』公開直前、アサイー販売会社社長にアマゾンの現状を聞く »

2015年1月16日 (金)

【第87回アカデミー賞】『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』長編ドキュメンタリー部門にノミネート


米現地時間15日に第87回アカデミー賞ノミネート発表が行われ、『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』(2015年夏、Bunkamura ル・シネマほかにて全国順次公開)が、長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。

同作品は『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』や『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』など、数々の傑作ドキュメンタリー映画を手掛けてきた巨匠ヴィム・ヴェンダースの最新作。今年古希を迎えるヴェンダース監督が初のオスカー受賞となるか、注目される。

ヴェンダース監督が今作でスポットを当てるのは、ブラジル出身の写真家セバスチャン・サルガド。モノクロを基調とするサルガドの作品は常に人間を捉え、死、破壊、腐敗といった根源的なテーマを扱い、その荘厳な作風から、“神の眼”を持つ写真家とも呼ばれている。

そんなサルガドが2004年から始めたプロジェクト「Genesis(ジェネシス)」。地球上の最も美しい場所を求め、ガラパゴス、アラスカ、サハラ砂漠など12カ国余りで撮影された作品には、熱気球から撮られた水牛の群れ、遊牧民のネネツ族のシベリア横断、サンドイッチ諸島での“ペンギンの楽園”など、生と死が極限に交わる、誰も見たことがない圧巻の風景が写し出されている。映画はこのプロジェクトに同行したサルガドの息子・ジュリアーノとヴェンダース監督の2人のクリエイターの視点から、唯一無二の写真家の足跡を解き明かしていく壮大なドキュメントとなっている。
____________________________________________________________

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』

2015年夏、Bunkamura ル・シネマほかにて全国順次公開
配給:RESPECT(レスペ)×トランスフォーマー
(C)Sebastiao Salgado (C)Donata Wenders (C)Sara Rangel

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33128157

【第87回アカデミー賞】『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』長編ドキュメンタリー部門にノミネートを参照しているブログ:

» 「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」が第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネート (Wim Wenders Unofficial Fansite Blog)
ヴェンダース監督が共同監督をした「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」が第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされました。この映画は2015年夏、Bunkamura ル・シネマほかにて全国順次公開される予定です。 【第87回アカデミー賞】『セバ…... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ