« 007最新作のタイトルは「SPECTRE』。新キャストに クリストフ・ヴァルツ、モニカ・ベルッチ、レア・セドゥ | メイン | 『ターミネーター』最新作の映像が解禁!謎の一部が明らかに »

2014年12月 6日 (土)

『鬼灯の冷徹』OAD先行上映イベント 初日舞台挨拶リポート

日時:12月6日(土)
場所:シネマサンシャイン池袋
登壇者:安元洋貴、小林由美子

『鬼灯の冷徹』OAD先行上映イベント 初日舞台挨拶リポート

2011年より連載を開始した、江口夏実の人気コミック「鬼灯の冷徹」。2014年1月から4月にかけて、MBS・TBS・CBC・BS-TBS“アニメイズム”枠でTVアニメとして放送。地獄を舞台に、閻魔大王第一補佐官である鬼灯を中心とした様ざまなキャラクターたちのあふれる個性や、彼らの日常をコメディ感たっぷりに描くその内容が大きな反響を呼んだ。

そんな「鬼灯の冷徹」の新作OAD付コミックス限定版が2015年に3巻分発売される。それに先駆け、OAD全6話分を映画館で先行上映するイベントが12月6日(土)より開催。初日には舞台挨拶が行われ、鬼灯役の安元洋貴、シロ役の小林由美子が登壇し舞台挨拶を行った。

______________________________________________________________________

『鬼灯の冷徹』OAD先行上映イベント 初日舞台挨拶リポート

朝1回目の上映後、安元と小林が登壇すると、鑑賞したばかりで興奮冷めやらぬ会場からはあたたかい拍手が送られた。

過去3回行われた「鬼灯の冷徹」関連イベントは、大嵐、大雪、猛暑と天気に恵まれなかったものの、この日は見事な快晴。小林は記録的な大寒波が来るのではと心配していたと話し、それに対して安元は「寒い、暑い、大雨やったからもう晴らすしかなかったのでは」とコメントした。

テレビシリーズの収録が2月くらいに終わり、OADの収録が6月。しかし、その後もアニサマやWEBラジオ等があったことから、特に間があいた気がしなかったそう。
安元はアフレコ時のエピソードとして、「ギャグものでテンションの高いシーンをみんなで揃って演じていると笑いそうで…でも絶対笑っちゃいけない役だし大変だった」と明かした。
また、今回登場するキャラクター猫好好(マオハオハオ)とネウネウの印象が強すぎるとし、小林は「観終わった後に、あのキャラクターがずっと頭に残っていて、あれ?他の話なんだったっけ?と一瞬思ってしまう」と話し、収録時に(絵がまだ入っていない)線画の状態なのかと思われたため自ら説明したことを安元が明かし、会場は笑いに包まれた。

その後、マオハオハオボックスからお題を選ぶ“おしゃべり地獄”では、大喜利にも挑戦。その他、「池袋に地獄をオープンするとしたら何地獄?」や「乙女ロードに代わるロードを作るとしたら何ロード?」のお題に対し、自由にトークを展開。

また初出し情報として、2015年に発売される今回上映されたOADが付く限定版コミック、17~19巻を全て購入すると、¥1,000(送料込)で白澤のフィギュアが全員にサービスされるとの発表に、会場からは歓声があがった。詳しくは後日公式HPで発表されるとのこと。

その後も楽しいトークが続き、終始笑いとなごやかな雰囲気に包まれ、舞台挨拶は終了した。

「鬼灯の冷徹」の上映イベントは、12月28日(日)まで。


______________________________________________________________________

『鬼灯の冷徹』OAD先行上映イベント
2014年12月6日よりシネマサンシャイン池袋ほか全国にて
配給:キングレコード
公式HP:http://www.hozukino-reitetsu.com/oad/
©江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹OAD製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33079701

『鬼灯の冷徹』OAD先行上映イベント 初日舞台挨拶リポートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事