« 「惨たらしい状況のなかでさえ見出せる人間性に目を向けたかった」『フューリー』デヴィッド・エアー監督公式インタビュー | メイン | ブラッド・ピットが作品への思いを語る。『フューリー』オフィシャルインタビュー »

2014年11月27日 (木)

『THE ダイエット!』などで注目のドキュメンタリー映像作家・関口祐加が自分の肉体を惜しみなくさらけ出す“肉体派セルフ”を語る。11/29 new「CINEMA塾」開催


これまで数々のセンセーショナルな作品を世に送り出してきた原一男監督による講座&ワークショップnew「CINEMA塾」の第8回が、11月29日に東京・千代田区のアテネ・フランセで開催される。

『ゆきゆきて、神軍』で知られるドキュメンタリー界の重鎮・原監督と、河瀬直美氏(『2つ目の窓』『殯の森』)、砂田麻美氏(『エンディングノート』)、松江哲明氏(『フラッシュバックメモリーズ3D』『あんにょん由美香』)ら、ドキュメンタリー界を牽引する若き監督たちとの対談が注目を集める同企画。

8回目を迎えた今回は、『THE ダイエット!』『毎日がアルツハイマー』の監督・関口祐加氏と“肉体派セルフ”をテーマに、今のドキュメンタリーを熱く語る。自らの身体を観察対象、実験台として作り上げる映像作品。まさに“肉体派”なドキュメンタリーを手掛けてきた関口監督の思考を覗き見ることができる内容となっている。

対談を前にした両名のコメントは下記のとおり。
____________________________________________________________

■原一男監督
『THE ダイエット!』は、そのエンターテイメント精神が横溢した作品である。そのことに驚く。それでいて深遠なテーマが盛り込まれている。
『毎日がアルツハイマー』は、実母の病に材をとっているが、それとてもエンターテイメント精神が徹底していて、結果、大ヒットしている。
したがって、今回は、そのエンターテイメント性とセルフ性という二つの要素をどう連結させて作品を作っているのか、という“作家の創作の秘密”に迫りたい、と考えている。

ゲストとして精神科医の斎藤学さんを招いてある。この方も映画には造詣が深いので、私とタッグを組んで関口エンターテイメントの世界の解明に挑む次第である。さらに、エンターテイメント精神を徹底して学んだ関口監督からみて、ニッポンの作り手がいかに、エンターテイメント精神が欠如しているのかの苦言を呈していただきたい、と考えている。

■関口祐加監督
『THE ダイエット!』はまさしく、自分の肉体を惜しみなくさらけ出し、「毎アル」は、認知症の母親をさらけ出す。何のために? 私のドキュメンタリー映画には、ユーモアは欠かせません。コメディ・ドキュメンタリーのセルフとは? 原塾長と斎藤學先生との対談でより深く、楽しく話し合える事を今から楽しみにしています。
____________________________________________________________

new「CINEMA塾」講座(8)

日時:11月29日(土) 11:20~
会場:アテネ・フランセ(千代田区神田駿河台2-11)
ゲスト:関口祐加、斎藤学(精神科医)
上映作品:『THE ダイエット!』『毎日がアルツハイマー』

※詳細は公式HPへ
http://newcinemajuku.net/

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事