« 「ノーマンとウォーダディーの関係こそが作品の真髄」『フューリー』デヴィッド・エアー監督が熱く語るインタビュー動画を公開 | メイン | 『100歳の華麗なる冒険』が週末ミニシアターランキングで第1位を獲得。幅広い層から支持され大ヒットスタート »

2014年11月13日 (木)

攻殻機動隊の世界がすぐそこに!「攻殻機動隊REALIZE PROJECT」リポート

日時:11月12日(水)
場所:泉ガーデンギャラリー
登壇者:稲見昌彦(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)、藤井直敬(理化学研究所 脳科学総合研究センター 適応知性研究チーム チームリーダー/株式会社ハコスコ 代表取締役)、梶田秀司(産業技術総合研究所 知能システム研究部門ヒューマノイド研究グループ 主任研究員)、遠藤諭(角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員)、秋元信行(NTTドコモ・ベンチャーズ 取締役副社長)

攻殻機動隊の世界がすぐそこに!「攻殻機動隊REALIZE PROJECT」リポート

数々の映像作品のみならず科学技術にも影響を与え続けるSF作品の金字塔「攻殻機動隊」。今年原作連載開始25周年を迎え、来年2015年には新作長編アニメーションの公開が決定している。

様ざまなプロジェクトが進行する中、ついに日本の研究者が立ち上がり、この「攻殻機動隊」の世界を“リアルに作ろう”という壮大なプロジェクト、「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」がスタートした。

______________________________________________________________________

冒頭のあいさつでは、司会の秋元氏より、「この会場の中で『攻殻』を未だ観た事がない方、本日帰ったらすぐ観ましょう。」という推薦コメントから始まり、“光学迷彩”“電脳”“義体”等々、それぞれが自らの研究領域と攻殻機動隊の世界観とを比較、分析し、濃密なトークが繰り広げられた。

■稲見昌彦:「攻殻機動隊」にヒントを得て、光学迷彩を開発しました。「攻殻機動隊」の漫画や映画は繰り返し観ています。「攻殻」に恩返しができればという思いからこのイベントに参加しました。あるSF映画監督は、95%のリアルに5%の空想を加えると良い作品が出来ると言いました。我々はその5%をリアルに出来るよう、引き続き頑張っていきます。

■藤井直敬:テクノロジーの進歩の観点のみでなく、攻殻の世界が実現したら平和な社会は保てるのか?世界がどう変わるのかを考えながらテクノロジーに寄り添っていきたい。「攻殻機動隊」もそうやって読むと面白い。

■梶田秀司:まだまだ攻殻の世界は現実的ではない。その溝を埋めるために日々のたうち回っています。応援よろしくお願い致します。

■遠藤諭:情報と分析では答えが出ない問題を解決するのは、エンタメの跳躍力だと考えており、今回のREALIZE PROJECTは正にそれだと思っています。


______________________________________________________________________

『攻殻機動隊 新劇場版』
2015年全国公開決定
配給:東宝映像事業部
公式HP:http://kokaku-a.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33050683

攻殻機動隊の世界がすぐそこに!「攻殻機動隊REALIZE PROJECT」リポートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事