« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

『ニューヨーク・アニバーサリーライブ』シリーズ、特報を公開

Ny_main_2


米ニューヨークの生誕350周年を記念して、この地をこよなく愛する4大アーティストによる伝説のライブを映像化した『ニューヨーク・アニバーサリーライブ』シリーズの特報が公開された。

『ニューヨーク・アニバーサリーライブ』特報はこちら

映像はニューヨークの摩天楼に響き渡るファンの声援からスタート。ボン・ジョヴィ、サイモン&ガーファンクル、ビリー・ジョエル、ポール・マッカートニーがこれまでに開催したニューヨークでのライブシーンの一片とファンの熱狂の様子が映し出されている。

シリーズ第1弾はポール・マッカートニーの『グッドイブニング・ニューヨークシティ』。5月24日より全国で公開される。
____________________________________________________________

NY ANNIVERSARY LIVE!上映スケジュール
■シリーズ第1弾
ポール・マッカートニー 『グッドイブニング・ニューヨークシティ』
5月24日(土)より全国公開
■シリーズ第2弾
ビリー・ジョエル『ライブ・アット・シェイ・スタジアム -ザ・コンサート-』
6月21日(土)より全国公開
■シリーズ第3弾
サイモン&ガーファンクル『セントラルパーク・コンサート』
7月公開予定
■シリーズ第4弾
ボン・ジョヴィ『インサイド・アウト』
7月公開予定

公式サイト:http://nylive.jp/
配給:マイシアター、ライブ・ビューイング・ジャパン
(C)2012 Guy Prives (C)NY ANIVERSARY LIVE!

韓国で大ヒット爆進中『怪しい彼女』日本公開が7/11に決定

怪しい彼女
韓国で動員860万人を超える大ヒットを記録中、先日の沖縄国際映画祭では【Peace部門】海人賞グランプリを受賞した映画『怪しい彼女』が、7月11日より日本で公開されることが決定した。

若さと美貌、そしてプロ並みの歌唱力を持つ、一見普通の20歳の女の子オ・ドゥリ。しかし、一度口を開けば罵詈雑言、なまり丸出し、しかも頑固で人の意見は一切無視。まさに心はおばあちゃん……でも、そんな彼女が現れてから、奇跡のような日々が始まった――。

『サニー 永遠の仲間たち』で740万人の観客の笑いを誘い、『王になった男』では、1230万人の観客を泣かせ、イ・ビョンホンからも大絶賛された注目の女優シム・ウンギョン。本作では、実年齢74歳のナ・ムニが演じる毒舌ばあちゃんの歩き方から方言、態度を完全にシンクロさせ、20歳の容姿に70歳の心といった難しい役どころを見事に演じきり、今までになかった強烈なキャラクター「オ・ドゥリ」を作り上げた。

監督には『トガニ 幼き瞳の告発』で社会現象を起こしたファン・ドンヒョク監督。そのほか、アイドルグループB1A4の中心メンバー・ジニョンが今作品でスクリーンデビュー。また、ドラマ「ナイン~9回の時間旅行~」で人気急上昇中のイ・ジヌクも本格的スクリーンデビューを果たしている。
____________________________________________________________

『怪しい彼女』

2014年7月11日よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて
配給:CJ Entertainment Japan
公式サイト:http://ayakano-movie.com/
©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』公開記念!舞台挨拶リポート

■日にち:3月30日(日)
■登壇者:古田新太、浦井健治、高橋由美子、麿赤兒
■MC:中井美穂

ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII

「劇団☆新感線」の舞台を映画館で楽しめる「ゲキ×シネ」の最新作『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』公開を記念して、30日、都内でキャスト陣による舞台挨拶が開催された。同イベントには主演の古田新太をはじめ、浦井健治、高橋由美子、麿赤兒が登壇。当初出席予定だった三浦春馬は、高熱のために急遽、欠席となった。

続きを読む »

藤原竜也&山田孝之の声が野獣に!?『MONSTERZ モンスターズ』新WEB限定スポットを公開

MONSTERZ モンスターズ
5月30日公開の映画『MONSTERZ モンスターズ』から新たな3パターンのWEB限定スポット動画が公開された。

「この二人モンスター篇<ゾウVS.ライオン>」はこちら
「この二人モンスター篇<オオカミVS.サル>」はこちら
「この二人モンスター篇<トドVS.ロバ>」はこちら

続きを読む »

原作・湊かなえ氏が初登壇!『白ゆき姫殺人事件』公開初日舞台挨拶リポート

日時:2014年3月29日(土)12:30~
会場:丸の内ピカデリー1
登壇者:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、湊かなえ氏、中村義洋監督

Img_0734
映画『白ゆき姫殺人事件』の公開を記念した舞台挨拶が公開初日の29日、都内の劇場で開催され、井上真央、綾野剛らキャストと、原作の湊かなえ氏、中村義洋監督が出席した。

話題作への出演が相次ぐ人気キャストたちの登場に、観客の興奮はいきなり最高潮に。続くトークイベントでは、登壇者一人ひとりが“公開初日だからこそつぶやける○○”をテーマに、あらかじめツイッターの画面を模したパネルに記入し、披露された。ぶっつけ本番で発表される登壇者の本音の数々に客席から驚きの声があがる場面が見られるなど、大盛況のうちに舞台挨拶は終了した。

続きを読む »

2014年3月28日 (金)

原作者の妻・パトリシアさんが登壇「歴史を知り、戦争を知ることが未来に繋がる」『レイルウェイ 運命の旅路』試写付きティーチイントークイベントリポート

日時:3月27日(木)15:20~16:15(トークイベント)
会場:角川シネマ有楽町
登壇者:パトリシア・ローマクス氏(原作者妻)、ジョナサン・テプリツキー監督、アンディ・パターソン氏(脚本/プロデューサー)、鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)、駒井修氏(戦中戦後を語りつぐ会・いわて 副会長)



4月19日より公開の映画『レイルウェイ 運命の旅路』の試写付きティーチイントークイベントが、27日、東京・有楽町の角川シネマ有楽町で行なわれた。このイベントには原作者エリック・ローマクス氏の妻であるパトリシアが出席。パトリシアさんは「この作品が何かのきっかけになることを望んでいます。互いの歴史を知り合えば、過去を乗り越え、未来を生きることができる」と、この日集まった日本の観客にメッセージを贈った。

『レイルウェイ 運命の旅路』は第二次世界大戦時、泰緬鉄道建設に捕虜として狩り出された戦争体験と、決して忘れることのできない深い傷を抱え苦悩し続けるエリックが、パトリシアと出会い、夫婦として前へ進むため、誰にも打ち明けることのなかった過去に再び向き合おうとする、実話を基にした物語。1995年度「エスクァイア」誌ノンフィクション大賞を受賞した、パトリシアさんの夫で劇中ではコリン・ファースが演じたエリック氏さんの自叙伝『The Railway Man』が原作となっている。

続きを読む »

ハリウッド版『オールド・ボーイ』公開日が6/28に決定!予告編&場面写真も解禁

オールド・ボーイ
スパイク・リー監督によるハリウッド版『オールド・ボーイ』の公開日が6月28日に決定、あわせて予告編と場面写真が公開された。

『オールド・ボーイ』予告編はこちら

続きを読む »

生卵4個を一気飲み!『リベンジ・マッチ』でスタローンのアノ名場面が甦る

リベンジ・マッチ

4月4日より公開の映画『リベンジ・マッチ』から、主演の一人シルヴェスター・スタローンが、代表作『ロッキー』の“生卵一気飲みシーン”を再現した場面のクリップ映像が公開された。

映像はこちら

『ロッキー』のトレーニングシーンでは、映画史に残る数々の名シーンが誕生しているが、今回解禁された映像に収められている“生玉子一気飲み”の他にも、精肉工場の牛肉をサンドバッグにしようとすると静止される場面など、名シーンのオマージュの数々が劇中に散りばめられているので、本編ではストーリーとともに楽しみたい。

『リベンジ・マッチ』はスタローンと、ロバート・デ・ニーロの2大名優がW主演を果たし話題に。<人生最後>のボクシング・マッチに挑む老ボクサーに扮してリングに上がる2人は、『ロッキー』『レイジング・ブル』といった過去の代表作を彷彿とさせる雄姿を再現するべく数カ月間の減量と筋力トレーニング&ボクシング練習を積み、見事に鍛え抜いた肉体美を披露している。
____________________________________________________________

『リベンジ・マッチ』

2014年4月4日より全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://www.revengematch.jp/
©2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

明らかになる衝撃の展開!『X-MEN:フューチャー&パスト』最新予告編が解禁

X-MEN:フューチャー&パスト
5月30日公開の映画『X-MEN:フューチャー&パスト』から最新予告編が公開された。

予告編はこちら

解禁された映像は60秒の内容となり、今まで謎のベールに包まれたままだった衝撃のストーリー、究極のX-MENオールスターの登場、シリーズの集大成に相応しい手に汗握る迫力のアクションシーンなどの数々が明らかにされている。

時は2023年。X-MENは未曾有の危機を迎えていた。史上“最恐”の兵器「センチネル」によって地球滅亡のカウントダウンが迫る中、その危機の根源を止めるべく、1973年での攻防が繰り広げられていく。最新予告では、未来と過去、双方のドラマが同時進行しリンクしていく大胆な物語が展開。悲劇的な近未来と、史実も絡んだ70年代……2つの時代で迫るタイムリミットが緊迫感を生み、壮絶なバトルアクションがテンションを上げる。そして、最後に見せる美しきミスティークの涙の意味とは!?

同予告編は、3月29日から全国の劇場で一斉に上映開始。
____________________________________________________________

『X-MEN:フューチャー&パスト』

2014年5月30日よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて
配給:20世紀フォックス映画
公式HP:http://www.foxmovies.jp/xmen/
©2014 Twentieth Century Fox

ヒット作『タイピスト!』BD&DVD発売。自由を求めて闘う女性の姿に胸熱なフランス映画!

タイピスト!
1950年代ヨーロッパ全方位で一大ブームになった“タイプライター早打ち選手権”を描いた『タイピスト!』の主演女優デボラ・フランソワが、現代の女性にメッセージを投げた。

同作は田舎娘のローズ・バンフィル(フランソワ)が都会の生活にあこがれ、保険会社の秘書職に就くも、生来の不器用な性格が災いして仕事も恋愛もパッとしない日々に。ところが、タイプの才能だけは抜群で、それを見抜いた上司のルイ(ロマン・デュリス)が、近く開催予定のタイプ早打ち世界大会へ出場することをローズに課す。かくしてローズとルイの二人三脚で世界一を目指す、スポ根顔負けの毎日がスタートするというストーリー。

ローズを演じたフランソワは1950年代という時代は現代に比べ、女性が過ごしにくかった時代という感想を抱いたと言い、「当時は、女性解放運動が始まった時代よね。現代の女性に比べて権利が少なく、仕事を見つけたくても少なかった時代だったと思う。誰でも20代の後半になれば結婚して子どもを育てることが当然だった。そういうガチガチの制約がある時代で、わたしが演じたローズという女性は、その正反対の道を行くタフな女性なの」。

得意のタイプライターで世界一を目指す設定だけに、ローズを演じるフランソワもハードな練習を自身に課した。実父がタイプライターを使っていたので、「触ったことがある程度」という初動で、劇中で描いたスピードまで一気に持っていった。「実際に打ったことはなかったから、今回はハードに練習したわ(笑)。時にはコーチについてもらって、6か月間、毎日2~3時間ほど練習したのよ。大会に出るほどの早打ちができなくちゃいけなくて、観客をダマすことはダメよ。劇中は本当に、あのスピードのまま最速で打っているの(笑)」。

しっかりと準備を重ねて、ゴマかしなくローズを演じ上げたフランソワ。その達成感の果てに、ある価値観を得たという。彼女は言う。「自由を求めるために戦う姿勢が勉強になったわ。現代のわたしたちは、すべてが自由で男女平等が当たり前のように思われていて、戦うことを忘れてしまっていると思うの。でも、まだ格差が続いている側面もあると思う。だから、この映画を観て、まだやるべきことがあるということを知ってほしいと思います」。

____________________________________________________________

『タイピスト!』
2014年3月19日(水)Blu-ray&DVD発売

【セル】Blu-ray(1枚組)¥4,700(本体)+税
【セル】DVD(1枚組)¥3,800(本体)+税

※レンタル版同時リリース
発売元:ギャガ
販売元:ポニーキャニオン
(C) 2012 - copyright:Les Productions du Tresor - France 3 Cinema - France 2 Cinema - Mars Films - Wild Bunch - Panache Productions - La Cie Cinematographique - RTBF (Television belge) (C) Photos - Jair Sfez.
http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe54519/

※同作は2014年ポニーキャニオンが贈る名画特集「映画美食宣言」キャンペーンのイチオシ作品
映画美食キャンペーンURLhttp://v.ponycanyon.co.jp/eigabishoku/




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事