« ベネディクト・カンバーバッチが熱演!スマウグの全貌が明らかになる『ホビット 竜に奪われた王国』特別予告を公開 | メイン | 「すべての出会いに別れがある。だから別れを恐れることはない」杉本彩が“別れの格言”を披露!映画『最後の晩餐』公開直前イベントリポート »

2014年2月28日 (金)

TAAFコンペティション長編部門ファイナリストが決定!ミシェリ・ゴンドリ初の長編アニメなど5作品

Taaf_2

アニメーション作品の振興を目的とした国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル 2014」(TAAF2014)のファイナリスト作品が決定した。

選ばれたのは、日本時間3月3日に発表される第86回アカデミー賞の長編アニメーション賞部門ノミネート作品『アーネストとセレスティーヌ(邦題)』や、数々の伝説的なPVを制作し、映画『エターナル・サンシャイン』(2005)で米アカデミー脚本賞を受賞したミッシェル・ゴンドリ監督の初長編アニメーション『Is the man who is tall happy?(原題)』など5作品。

ファイナリスト5作品は、TAAF2014の開催期間3月20日(木)~23日(日)にTOHOシネマズ 日本橋で一般上映される。各賞の発表は3月22日に東京ビッグサイトで開催される授賞式にて。
____________________________________________________________

『アーネストとセレスティーヌ』(原題『Ernest et Célestine』)
監督:バンジャマン・レネール/ヴァンサン・パタール/ステファン・オビエ
上映時間:80分
製作国:フランス/ベルギーほか

『Is the man who is tall happy?(原題)』
監督:ミッシェル・ゴンドリ
上映時間:88分
製作国:アメリカ/フランス

『Cheatin’(原題)』
監督:ビル・プリンプトン
上映時間:76分
製作国:アメリカ

『 The Congress(原題)』
監督:アリ・フォルマン
上映時間:123分
製作国:イスラエル/ドイツほか

『Minuscule - La vallee des fourmis perdues(原題)』
監督:エレーヌ・ジロー/トーマス・サボ
上映時間:88分
製作国:フランス
____________________________________________________________

東京アニメアワードフェスティバル 2014
公式サイト:animefestival.jp

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/32120531

TAAFコンペティション長編部門ファイナリストが決定!ミシェリ・ゴンドリ初の長編アニメなど5作品を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事