★インタビュー(2013 interview)

2013年6月 6日 (木)

『エンド・オブ・ホワイトハウス』主演・製作ジェラルド・バトラー来日インタビュー

エンド・オブ・ホワイトハウス

世界で最も安全だったはずのホワイトハウスを舞台に、かつて類を見ないリアルな臨場感を持って描かれる奇襲と攻防、そして宿命の救出。『トレーニング・デイ』のアントワーン・フークア監督と『300/スリーハンドレッド』のジェラルド・バトラーがタッグを組んだスペクタクル・エンタテインメント『エンド・オブ・ホワイトハウス』

本作で、大統領を救出すべくホワイトハウスに単身で乗り込むシークレットサービス、マイク・バニングを演じるととも、製作も手掛けたジェラルド・バトラーが来日。インタビューを敢行し、作品について語ってもらった。

続きを読む »

2013年5月30日 (木)

『イノセント・ガーデン』パク・チャヌク監督インタビュー

イノセント・ガーデン

屋敷に住む18歳の少女。父の死と入れ替わりに現れた叔父は、多才で教養があり、魅力的だが、どこか謎めいていて……。『JSA』『オールド・ボーイ』などで韓国を代表する監督パク・チャヌクのサスペンス・ミステリー『イノセント・ガーデン』。5月31日(金)より公開となる本作でハリウッドデビューを飾ったパク・チャヌク監督のオフィシャル・インタビューが届いた。

続きを読む »

2013年5月28日 (火)

『ある会社員』ソ・ジソブ オフィシャルインタビュー

ある会社員

商社を装った殺人請負会社で働くヒョンドは、少年時代に憧れていた女性との出逢いにより、自身の人生を振り返り、これからの平凡な幸せを考え始めるのだが、同僚(ヒットマン)たちは、そんな彼に容赦なく標的として襲いかかる…。

殺人請負人だが、やがて平凡な幸せを求めるようになる男の苦悩を描いた『ある会社員』。6月1日から公開となる本作で、クールな殺人請負人の顔と平凡な幸せを求める優しい男の顔を演じ分けたソ・ジソブのオフィシャルインタビューが届いた。

続きを読む »

2013年5月27日 (月)

シルベスター・スタローン主演のバイオレンス・アクション『バレット』ウォルター・ヒル監督来日インタビュー

バレット

長年にわたり、社会のダークサイドを歩き続けた殺し屋ジミー・ボノモ。元海兵隊員、逮捕歴26回、有罪2回。言葉よりも弾丸で問題を解決してきた生粋の殺し屋が、殺害された相棒の復讐のために、自らのルールを捨てて手を組んだのは、若き堅物刑事テイラー。悪名高い殺し屋と、かたくなに正義を信じる刑事の前に、警察、マフィア、そして街を牛耳る巨大組織が立ちはだかる。

このシルベスター・スタローン主演のアクション映画『バレット』の監督を務めたのは、ウォルター・ヒル。『ウォリアーズ』『48時間』『ストリート・オブ・ファイヤー』など、70年代から映画史に輝く幾多のマスターピースを送りだし、世界の映画人からリスペクトを受けてきた名匠だ。スタローンの30年を越えた熱望により、10年ぶりに監督復帰を果たし、夢の初タッグが実現させたウォルター・ヒル監督が、本作のPRのために来日。映画に対する熱い思いを語った。

続きを読む »

2013年5月24日 (金)

『復讐者に憐れみを』リメイク決定!“復讐3部作”全てがハリウッドでリメイクされることになったパク・チャヌク監督、緊急インタビュー

パク・チャヌク

5月31日からハリウッド・デビュー作『イノセント・ガーデン』が公開となるパク・チャヌク監督の『復讐者に憐れみを』が、韓国のCJエンターテイメント&メディアとハリウッドの映画製作会社数社により共同製作されることが発表された。代表作である『オールド・ボーイ』は、スパイク・リーを監督に、ジョシュ・ブローリンやサミュエル・L・ジャクソンらの出演で、今秋全米公開が予定され、『親切なクムジャさん』は、シャーリーズ・セロン主演で企画が進行中。そして今回の『復讐者に憐れみを』と、これで監督の作家としてのDNAとも言える“復讐3部作”の全てがハリウッドでリメイクされることになった。

『インセント・ガーデン』のプロモーションで来日した監督を直撃、緊急インタビューを敢行。“復讐3部作”ハリウッドリメイクへの想いを聞くと、「もちろんいい映画を撮ってほしいという思いはありますが、それ以上にもっと大事なのは、オリジナルとガラリと違う作品を作ってほしいということです。まるでアメリカの人達のために書かれた脚本ではないかと思えるようなものになって欲しいと思います。そうすればそれぞれを比較した時により楽しめるものになると思います」とコメントした。

____________________________________________________________

『イノセント・ガーデン』
2013年5月31日よりTOHOシネマズシャンテ、シネマカリテほか全国にて
配給:20世紀フォックス映画
公式HP:http://www.foxmovies.jp/innocent-garden/
©2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

2013年5月21日 (火)

EXILEのパフォーマー・USAのライフワーク「DANCE EARTH~BEAT TRIP~」が待望の映画化!大阪の劇場で、EXILE・USAが作品への熱い思いを語る!

日程:5月18日(土)
場所:TOHOシネマズなんば
登壇者:EXILE・USA

DANCE EARTH~BEAT TRIP~

日本のダンスエンタテインメント界を牽引するEXILE。その中でも天才的パフォーマーであるUSAがEXILEの活動の傍ら、ライフワークにしているのが2006年からスタートした「DANCE EARTH」。これはUSAがダンスの可能性を信じ、世界各地の人々とダンスで繋がっていこうというプロジェクト。これまで書籍や絵本、舞台化されてきたこのプロジェクトが、満を持して『DANCE EARTH -BEAT TRIP-』と題して映画に。EXILEのライブツアーに合わせて、全国の劇場で一週間限定公開される。現在公開中の大阪・TOHOシネマズなんばでは、公開初日に舞台挨拶が行われ、USAが登場。作品への思いを語った。その模様とともにインタビューでのコメントをご紹介!

続きを読む »

2013年4月23日 (火)

全国民を巻き込むアクションサスペンス大作『藁の楯 わらのたて』藤原竜也 オフィシャル・インタビュー

藁の楯 わらのたて

幼女を惨殺し、福岡に潜伏中だった犯人・清丸国秀に向けて出された「この男を殺してください」という衝撃の新聞広告をめぐり、全国民を巻き込んだ追走劇が展開されるアクションサスペンス大作『藁の楯 わらのたて』。木内一裕の同名小説を鬼才三池崇史監督が、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也ら豪華キャストを迎えて映画化。

4月26日(金)からの公開絵を前に、出所してすぐに惨殺事件を起こす凶悪な殺人犯・清丸国秀を演じた藤原竜也のオフィシャル・インタビューが届いた。

続きを読む »

2013年4月22日 (月)

人間の欲望と理性が交差するアクションサスペンス大作『藁の楯 わらのたて』大沢たかお オフィシャル・インタビュー

藁の楯 わらのたて

幼女を惨殺し、福岡に潜伏中だった犯人・清丸国秀に向けて出された「この男を殺してください」という衝撃の新聞広告をめぐり、全国民を巻き込んだ追走劇が展開されるアクションサスペンス大作『藁の楯 わらのたて』。木内一裕の同名小説を鬼才三池崇史監督が、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也ら豪華キャストを迎えて映画化。

4月26日(金)からの公開を前に、殺人犯・清丸を移送する警視庁警備部SP・銘苅一基役を演じた大沢たかおのオフィシャル・インタビューが届いた。

続きを読む »

2013年4月12日 (金)

異様な怪作『カレ・ブラン』ジャン=バティスト・レオネッティ監督の海外メディアのインタビューが到着!

カレ・ブラン

異常が日常と化した厳しい近未来世界における、人間の家畜化、個の人間性の保持、そしてそんな世界における夫婦愛のかたちを、他に類を見ない独特なタッチで描くフランス映画『カレ・ブラン』

本国フランスで、「精神的暴力の提示」による公開規制が敷かれ、反応も偏愛と嫌悪の真っ二つに割れた『カレ・ブラン』は、現代の娯楽映画を観る鑑賞方法を寄せ付けない異様な怪作であり、その奥に真の愛の物語を秘めたラブストーリーでもある。商業的な価値観で物事の判断が成される度合いを増す今日の映画界において、そんな怪しい映画を作ってしまったジャン=バティスト・レオネッティ監督とはどんな人物なのか。海外メディアへのインタビューから、それを読み解いてみた。

続きを読む »

2013年4月 9日 (火)

ハリウッドの名脇役が挑む典型的な嫌な奴!『ジャックト天空の巨人』名優スタンリー・トゥッチが語る悪役のススメ

ジャックト天空の巨人

世界的不朽の名作「ジャックと豆の木」を、鬼才ブライアン・シンガー監督の手により想像をはるかに超えた体感型3Dアドベンチャー超大作へと生まれ変わった高低差1万メートルの大冒険『ジャックと天空の巨人』

現在、大ヒット公開中の本作の中で、主人公ジャックやヒロインのお姫様イザベルたちを冷笑しながら、自らの陰謀を遂行する憎まれ役ロデリック卿を演じたのは、ハリウッドの名脇役スタンリー・トゥッチ。ユーモラスだが、誰もが憎たらしいと感じるような演技を求められるこの難役を絶妙なバランスで演じきっている。そんな物語にスパイスを効かせる名優スタンリー・トゥッチのインタビューが到着。そのキャラクターと撮影現場について語ってもらった。

写真:(左から)スタンリー・トゥッチ、ニコラス・ホルト 、ビル・ナイ

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事