« 映画『ハンガー・ゲーム2』日本語吹替え版舞台挨拶イベント | メイン | 『ソウルガールズ』ミニライブ実施など劇場イベント&タイアップ情報が続々発表に »

2013年12月24日 (火)

『プレーンズ』日本語吹替え版初日舞台挨拶

日時:12月21日(土)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇者:瑛太、井上芳雄

『プレーンズ』日本語吹替え版初日舞台挨拶

世界一周レースで優勝することを夢見る高所恐怖症の飛行機ダスティが、冒険を通して様々な仲間と出会い、困難を乗り越え、大きく成長していく姿が全世代の胸をうつ、感動のファンタジー・アドベンチャー・ムービー『プレーンズ』。12月21日に公開初日を迎え、主人公ダスティ役の声優を担当した瑛太と、メキシコの陽気な飛行機エル・チュパカブラ役に挑戦したミュージカルスターの井上芳雄による初日舞台挨拶が行われた。

______________________________________________________________________

家族連れの姿も多くみられ、満員御礼となった会場に登場した瑛太と井上。その熱気に驚きつつも、瑛太は「初日を迎えられて嬉しい」と、井上も「声優のお仕事は初めてでした。全国の皆さんに観ていただけるのは興奮します。嬉しいです!」と語り、初日を無事に迎えられた喜びを熱く語った。

12月17日(火)に行われたジャパン・プレミアで初めて共演したふたりは、お互いの印象を瑛太は「共通の友達がいてリサーチしたんですが(笑)本当にいい方らしいです。」と話し、一方井上は「瑛太さんは背がすごく高いなと思って。とにかく顔が小さいからすごくバランスがよくてかっこいいですよね。」とコメント。瑛太は照れて背を屈めて見せるなど、映画さながらのコンビネーションがうかがえた。また瑛太から井上に、先日のイベントで披露した本編でも歌われるラブソングを求められると、「歌は別料金です」とおどけて交わし、息の合ったトークに会場は笑いに包まれた。

瑛太は「アフレコ監督から日本語版は“可愛くいきたい”と指示があり、僕の声はテンションが低かったので、“こんなダスティじゃない、キーを上げて欲しい”と言われました。低い声だと、飛ばなさそうですよね(笑)」と主人公ダスティの声がどのように誕生したかを明かした。メキシコの陽気な飛行機エル・チュパカブラ役を演じたミュージカルスターの井上芳雄からは「自分の中にはないすごく情熱的なキャラクターだったのでできるか不安でしたが、愛らしく見えるように意識しました」といった話が出るなど、本作に出てくる登場キャラクターがより身近に感じられるような舞台挨拶となった。

また、この日初めて、日本での公開時にしか登場しない飛行機の“サクラ”役の声優を務めたのが女優・仲里依紗である事が発表され、会場からは驚きの声があがった。

さらに、クリスマスが間近に迫ったこの日にふさわしく、なんと会場に来たお客様に瑛太と井上からサプライズプレゼントが!!実際に会場にて瑛太と井上が抽選を行い、その場で10名の方にプレーンズグッズがプレゼントされると、思わぬ演出とクリスマスプレゼントに、会場はたくさんの夢と希望で溢れ、瑛太からは本作を楽しみにしている全ての人へ向けて「全国の方にこの作品を観て元気になってほしいです。」とアピール。井上からは「夢に向かって頑張るヒントを見つけることができる映画だと思います。」という言葉が贈られた。

イベントの最後には、出演者の「大ヒット!!!」という掛け声に対して、会場から「テイクオフ!!!」と応え、全員で本作の公開初日を祝った。

______________________________________________________________________

『プレーンズ』
2013年12月21日より全国にて
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式HP:http://www.disney.co.jp/planes/
©2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/32016097

『プレーンズ』日本語吹替え版初日舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事