« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

女子3人で来場“パイパイパイ!割引”で1人1000円に!映画『アメリカン・パイパイパイ! 完結編 俺たちの同騒会』いよいよ11/1公開

アメリカン・パイパイパイ! 完結編 俺たちの同騒会

11月1日公開『アメリカン・パイパイパイ! 完結編 俺たちの同騒会』で、劇場割引「パイパイパイ!割引」の実施が決定した。

タイトルにかけて女子3人“=(おっ)パイ3つ=パイパイパイ”で対象劇場に来場すると鑑賞料金が1人1000円に。割引サービスを受けるには、3人そろって「パイパイパイ割引お願いします」と窓口で言うことが条件となる。実施劇場は以下の通り。

ヒューマントラストシネマ渋谷、小田原コロナ、小山シネマロブレ、プレビ劇場ISESAKI、金沢コロナ、福井コロナ、大垣コロナ、静岡東宝会館、中川コロナ、シネマスコーレ、春日井コロナ、安城コロナ、小牧コロナ、豊川コロナ、半田コロナ、シネ・リーブル梅田、福山コロナ、ユナイテッド・シネマ福岡、小倉コロナ、ディノスシネマズ札幌劇場【11/16~公開】京成ローザ10
____________________________________________________________

『アメリカン・パイパイパイ! 完結編 俺たちの同騒会』

2013年11月1日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて
配給:東京テアトル
公式HP:good-pie.com
©2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

映画『サプライズ』公開記念!一夜限りの特別試写会で松江哲明監督×赤ペン瀧川先生 白熱公開対談が実現

日時:10月30日(水)20:40~
場所:アスミック・エース試写室
登壇者:松江哲明(映画監督)瀧川英次(演出家・俳優)




11月14日から公開される映画『サプライズ』の公開記念トークショーつき試写会が30日、都内で行われた。上映終了後、興奮冷めやらぬ映画ファンたちを前に、気鋭の映画監督 松江哲明氏と、“赤ペン瀧川先生”として知られる瀧川英次氏が、白熱トークを繰り広げた。

続きを読む »

約20年の時を経て完成 リヴァー・フェニックス遺作『ダーク・ブラッド(原題)』2014年に日本公開

ダーク・ブラッド(原題)

23歳の若さで他界した俳優、リヴァー・フェニックスの遺作『ダーク・ブラッド(原題)』が、2014年に日本で公開されることが決定した。リヴァーが急逝したのはちょうど20年前の10月31日。同作品の撮影の最中でクランクアップの10日前の出来事だった。撮影中の突然のリヴァーの訃報により、未完成のままお蔵入りとなっていたが、約20年の時を経て完成し公開に至った。

続きを読む »

2013年10月30日 (水)

中韓合作映画史上最高のヒット作!オ・ギファン監督最新作『最後の晩餐』2014年春に公開決定

最後の晩餐

『ラスト・プレゼント』のオ・ギファン監督最新作、中韓合作映画『A Wedding Invitaiton:分手合約』の邦題が『最後の晩餐』に決定、2014年春の日本公開が発表された。

「5年後に会いましょう」。突然飛び出した初恋の人からの“別離契約”。陶芸家を目指す彼女(バイ・バイホー)のお皿に、三つ星シェフを目指す彼(エディ・ポン)が作るスープは最高の組み合わせ。永遠に続くと思っていた笑顔の日々、そしてウェディングドレスの約束が……。彼女は上海、彼は北京での修行へ。でもそれは、夢を叶えるためのたった5年の別れのはずだった――。

続きを読む »

『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』声優キャストが続々決定

BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―

2014年2月8日公開の映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』声優キャストが続々と発表された。発表された声優陣は以下の通り。

アッサジ役:沢城みゆき(『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』鈴原サクラ役)
デーパ役:藤原啓治(『HUNTER☓HUNTER』レオリオ役)
ルリ王子の母役:島本須美(『風の谷のナウシカ』ナウシカ役)
ヤタラ役:大友龍三郎(『ドラゴンボールZ 神と神』牛魔王役)
ヤショーダラ妃:かかずゆみ(「ドラえもん」シリーズ源静香役)
ブブ大臣役:楠見尚己(『劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W』クロスワード・アルノ役)
パジャーパティ妃:東條加那子(『NARUTO-ナルト-疾風伝』香憐役)

吉永小百合、吉岡秀隆、松山ケンイチ、真木よう子らすでに発表されている豪華俳優キャストとの共演に注目が集まる。
____________________________________________________________

『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-』

2014年2月8日より全国にて
配給:東映
公式HP:www.buddha-anime.com
©2014「手塚治虫のブッダ2」製作委員会

P・クルスの“逆整形メイク”にも注目!『ある愛へと続く旅』11月1日公開

ある愛へと続く旅

11月1日公開の映画『ある愛へと続く旅』は、激動のヨーロッパを背景に、運命を狂わされた若き夫婦のあまりにも深い愛を描いた感動の物語。この中で主演のペネロペ・クルスが20代の女子大生から実年齢より10歳以上も上、50代の女性を1人で演じていることが話題になっている。

続きを読む »

「ポーランド映画祭2013」が11月30日に開幕 アンジェイ・ワイダ監督作品など上映ラインナップを発表


「ポーランド映画祭2013」が11月30日から12月13日の間、東京のシアター・イメージフォーラムで開催されることが決定、ラインナップも併せて発表された。

続きを読む »

『劇場版BUCK-TICK ~バクチク現象~』の特別作品『III』、公式サイトで一部映像を先行公開


現在、公式サイトで予約受付中の『劇場版BUCK-TICK ~バクチク現象~』のブルーレイ&DVD(2014年1月22日発売)。10月30日から初回限定生産盤特典『劇場版BUCK-TICK ~バクチク現象~III』の一部映像が公式サイトで公開されることが決定した。

23日からフェイスブック上で行った企画“ブルーレイ&DVD発売決定の投稿がシェア数200を超えたら「III」の特別映像を公式サイトで先行公開”は告知解禁から1時間を待たずしてクリア。ファンの圧倒的な後押しを受けて、待望の公開となる。

『劇場版BUCK-TICK ~バクチク現象~III』は、劇場版には収録されなかった、もうひとつの“バクチク現象”とも呼べる特別作品。「II」が「I」の、「III」が「II」の続編という意味ではなく、それぞれ独立した作品として堪能できるよう、1500時間を超える映像素材から紡ぎ出され製作された。
____________________________________________________________

『劇場版 BUCK-TICK ~バクチク現象~』
10月23日(水)より公式サイトにてブルーレイ&DVD予約受付開始中
公式サイト: http://www.bt-movie.com/
映画公式アカウント:https://www.facebook.com/bucktick.movie

(C)2013 BUCK-TICK MOVIE PROJECT

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』劇場来場者プレゼント第2弾「原画ポストカード」のビジュアル解禁!

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』劇場来場者プレゼント第2弾「原画ポストカード」のビジュアル解禁!

2011年1月から深夜に放送され、連綿と続く“魔法少女もの”に一石を投じた「魔法少女まどか☆マギカ」。魔法少女たちのかわいらしさとは裏腹に、痛みや絶望をはらんだ世界観や、先の読めないスリリングなストーリー展開は、回を重ねるたびに従来にアニメファンにとどまらず、多くのファンを生み出し続けた。

そんな「魔法少女まどか☆マギカ」の完全新作『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』が、2013年10月26日(土)が公開され、週末の興行ランキング1位、まさに大ヒットスタートを切っている。

そんな中、11月2日(土)から2週目の劇場来場者特典として配布されるスペシャル原画ポストカード(全7種)のビジュアルが解禁となった。

続きを読む »

2013年10月29日 (火)

ホワイトハウスで彼が見たものとは一体何だったのか 『大統領の執事の涙』2014年2月15日公開決定

大統領の執事の涙

アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガン……7人の大統領に仕えた、一人の黒人執事の“知られざる”人生を辿った映画『大統領の執事の涙』の公開が2014年2月15日に決定した。

同作品は『プレシャス』でアカデミー賞を獲得したリー・ダニエルズ監督が、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事とその波乱に満ちた生涯を、実話をベースに、ドラマティックに描くヒューマン・スペクタクル。キャストには、アカデミー賞主演男優賞を受賞した名優、フォレスト・ウィテカーを筆頭にそうそうたる俳優陣が集結した。その豪華さが話題を呼び、全米では初登場第1位を獲得。その後、2013年公開作品としては、初の3週連続第1位(8/30~9/2は4日間の数字)を記録するなど、興行収入1億ドルを超える大ヒット作となっている。

生涯にわたり激動のアメリカを目の前で見続けた一人の男。彼は黒人でありながら大統領の執事となり、その立場ゆえ、家族と共に歴史の波に飲み込まれていく。時代の流れと変化を経て、世界の中心ホワイトハウスで彼が見たものとは一体何だったのか?

米国史上初の黒人大統領バラク・オバマ氏も映画を観て「目に涙があふれた」と語り、2014年アカデミー賞受賞も最有力視されるなど、この“知られざる真実の物語”に全世界から注目が集まっている。

____________________________________________________________

『大統領の執事の涙』

2014年2月15日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:アスミック・エース
公式HP:butler-tears.asmik-ace.co.jp
©2013,Butler Films,LLC.All Rights Reserved.




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事