« 北海道ロケは困難の連続だった…だからこそ、面白い!李相日監督&柄本明が『許されざる者』への思いを語る! | メイン | 宮崎駿監督が引退会見「今後もアニメーターとして書き続ける。あくまで町工場のオヤジさんでいたい」 »

2013年9月 5日 (木)

『マン・オブ・スティール』本編クライマックスシーン、初解禁!

マン・オブ・スティール

現在公開中の映画『マン・オブ・スティール』から、スーパーマンが宿敵ゾッド将軍とのファイナルバトルへ突入するクライマックスシーンが公開された。

『マン・オブ・スティール』クライマックスシーン動画はこちら

____________________________________________________________

「お前が大好きな人類を1人ずつ奪ってやる」と宣戦布告をするゾッド将軍。侵略されたニューヨークを舞台にマッハの速度で両雄が激突すると、その衝撃波であっと言う間に巨大なビルが崩壊。漫画『ドラゴンボール』の悟空とベジータの超絶バトルを彷彿とさせる、度肝抜くほどの破壊力と爽快感でバトルが展開される。

アニメ『AKIRA』ファンを公言し、一時は実写映画化の監督候補に挙がったザック・スナイダー監督。『300』や『エンジェル・ウォーズ』で全世界のファンを熱狂させてきた才能が、圧倒的な力を持つ者同士の本気で激突するシーンを描く。

スーパーマンを演じたヘンリー・カビルは、「この映画に出演させてもらえて、とても貴重で特殊な経験をすることができた。素晴らしい撮影環境とスタッフ、最高のストーリー。2012年2月に撮影が終了して、やっと冷静さを取り戻した。ずいぶん時間がかかったね。今なら客観的に作品を観られると思った。でも久しぶりまた興奮している。ぜひ世界中の人に観てほしいね」と振り返る。

また、ゾッド将軍を演じたマイケル・シャノンは、「自分がこのような映画に出ることになるとは、夢にも思っていなかった。とても大きなプレッシャーを感じたが、それでも私がやらなければ、他の誰かが演じることになるわけだし。最大限の努力をしたということは自信を持って言える。これまでのキャラクターのように白黒はっきりしているものではなく、観客が共感するような、よりリアルな人間として描かれている。その良い例がジョーカーだ。ヒース・レジャー演じるジョーカーによって、単に脅威を与える存在であるというだけではなく、とても複雑で悩める悪役という新たなムーブメントが始まったのだと思う」とゾッド将軍とジョーカーを比較しながらコメント。映画史に名を残す、両雄のバトルをぜひ目に焼き付けたい。

____________________________________________________________

『マン・オブ・スティール』

2013年8月30日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://www.manofsteel.jp
TM & (C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & (C) DC COMICS

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/31821589

『マン・オブ・スティール』本編クライマックスシーン、初解禁!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事