« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

オードリー・ヘプバーン、唯一の未公開主演映画『マイヤーリング』公開決定&ビジュアル解禁

マイヤーリング

“永遠の妖精”オードリー・ヘプバーンの唯一の未公開作『マイヤーリング』が今冬、全国で劇場公開されることが決定した。ビジュアルも解禁された。

続きを読む »

西島秀俊主演!上書きされた記憶の謎を解く、息詰まるアクション・サスペンス『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』2014年1月24日公開

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

西島秀俊主演のアクション・サスペンス映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』が2014年1月24日より全国で公開されることが決定した。

原作は第15回サントリー・ミステリー大賞読者賞受賞・司城志朗『ゲノムハザード』(小学館文庫)。バイオテクノロジーとミステリーが融合した傑作小説の舞台が映画では日本と韓国に広がり、息もつけないほどの展開で西島秀俊演じる主人公が駆け抜ける。

同作品は第18回釜山映画祭(コリアン・シネマ・トゥデイ部門パノラマ)に正式出品されることも併せて発表された。

続きを読む »

『サカサマのパテマ』TIFFジャパン・プレミア上映スケジュールが解禁 メディア・ミックスも続々と決定

サカサマのパテマ

第26回東京国際映画祭(10月17~25日開催)で日本初お披露目となる同映画祭特別招待作品『サカサマのパテマ』の上映時間が決定した。

また、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」を運営するピクシブと、アーティストマネジメント商社カイカイキキがプロデュースするギャラリーpixiv Zingaroでの原画展などメディア・ミックスも続々と決定。11月9日(土)の劇場公開にむけ、ますます盛り上がるを見せる。

続きを読む »

佐野岳「また、必ず会いましょう!」 初主演映画“またかな”初日舞台挨拶レポート

「また、必ず会おう」と誰もが言った。

現在公開中の映画『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』の初日舞台挨拶が28日、東京・シネマート新宿で行われた。同イベントには主演の佐野岳をはじめ杉田かおる、イッセー尾形、古厩智之監督らが出席。初日を迎えた喜びを大いに語った。

続きを読む »

『101回目のプロポーズ~SAY YES~』ヒロイン、リン・チーリン来日決定 本人によるスペシャルブログも10月1日スタート


1991年に放送され大ヒットしたテレビドラマ『101回目のプロポーズ』を日中共同製作で映画化した『101回目のプロポーズ~SAY YES~』(10月19日より全国公開)の主演リン・チーリンの来日が決定した。滞在は10月8日から数日間で、イベントへの登壇が予定されている。

続きを読む »

2013年9月27日 (金)

レゴが映画になって、待望の日本公開決定!US版ポスターと日本版予告編を公開

レゴ ムービー

レゴのアドベンチャーを描いた史上初の長編映画『レゴ ムービー』の日本公開が、2014年春休みに決定、US版ポスターと日本版予告か公開された。 同作品はレゴブロックの世界観に基づきストーリーを構築。レゴブロック仕様のバットマンやワンダー・ウーマン、忍者タートルズが登場するなど、これまでにないユニークなレゴワールドに期待が膨らむ。

『レゴ ワールド』予告編はこちら

続きを読む »

映画『祭の馬』が「第14回東京フィルメックス」コンペティション部門に出品

映画『祭の馬』が11月23日から開催される「第14回東京フィルメックス」コンペティション部門に出品されることが決定した。

同作品は『花と兵隊』『相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶』で国内外の高い評価を得た映画作家・松林要樹の最新作。東日本大震災を生き延びた一頭の馬がたどる数奇な運命を追ったドキュメンタリー映画となる。プロデューサーは『フタバから遠く離れて』『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎 90 歳』『ヒロシマ 石内都・遺された者たち』などを手がけるドキュメンタリージャパンの橋本佳子。クライマックスに展開される神事“相馬野馬追”の迫力ある映像も見どころ。

東京フィルメックスでの上映日時は公式ウェブサイト(www.filmex.net)で発表。劇場公開は12月よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次の予定。

____________________________________________________________

『祭の馬』

2013年12月よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開
配給:東風

マイケル・ウィンターボトム監督最新作が11月9日より公開決定!父親の帰りを待ち続ける母と子供たちの5年間のドラマ『いとしきエブリデイ』

いとしきエブリデイ

『ウェルカム・トゥ・サラエボ』などを手掛けた名匠マイケル・ウィンターボトム監督の最新作『いとしきエブリデイ』が11月9日より公開されることが決定した。

誰にでもかけがえのない日々があることをテーマにした同作品は、音楽界の巨匠マイケル・ナイマンによる情感あふれるオリジナルスコアや、両親役のシャーリー・ヘンダーソンとジョン・シムなど、ウィンターボトム監督の名作『ひかりのまち』(99年)のスタッフ・キャストが再集結した新たなる感動作。父親の帰りを待ち続ける母と4人の子供たちの5年間のドラマを、5年の歳月をかけて作り上げた渾身作となる。

『いとしきエブリデイ』予告編はこちら
____________________________________________________________

2013年11月9日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開
配給:クレストインターナショナル
公式サイト:www.everyday-cinema.com
(C)7 DAYS FILMS LIMITED 2012.ALL RIGHTS RESERVED.

2013年秋、『ブルー 初めての空へ』でブラジルを先取り!

ブルー 初めての空へ

10月5日から全国イオンシネマで期間限定上映する映画『ブルー 初めての空へ』。2014年のサッカーW杯、2016年の夏季五輪開催地として注目を集めるブラジルのリオ・デ・ジャネイロを舞台にしていることもあり、注目が集まっている。

続きを読む »

『R100』松本人志監督からの“スキップできない”コメント付き予告編を配信中

R100

10月5日公開の映画『R100』では、監督の松本人志が動画投稿サイトYouTubeで視聴者に語りかけるコメント付き予告編の配信を行っている。 内容は同サイトで好きな映像を再生しようとすると、突然、松本監督が再生画面に登場し、カメラ目線で利用者に語りかけるというもの。穏やかな口調から始まり、途中から突然テンションを上げ、「(『R100』を)観に来たらいいんじゃないの~!?」「予告編もぜひ、観てみたらいいんじゃないの~!?」と力強く訴える。

現在YouTubeにアップされている『R100』の予告編や、先日発表し話題となった“『R100』×豆しば 劇場マナー講座”など、さまざまな関連映像と合わせて、松本監督からの“スキップできない”メッセージを楽しみたい。

____________________________________________________________

『R100』

2013年10月5日より全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:www.r-100.com
©吉本興業株式会社




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事