« 好評につき緊急上映決定 映画「立候補」 | メイン | 人気テレビシリーズ『タイムスクープハンター』が待望の映画化!時空ジャーナリストを演じた要潤と夏帆が行ってみたい過去とは!? »

2013年7月 4日 (木)

出来は完璧!『パシフィック・リム』吹替えにケンコバが挑戦!

パシフィック・リム
太平洋の深海から突如出現、地球を絶滅の危機に陥れる“KAIJU”。そして、それに対抗すべく人類の英知を結集して生み出された人型巨大兵器“イェーガー”。両社の壮絶な戦いを、ハリウッド最先端のVFXで描いたSFスペクタクル超大作『パシフィック・リム』が、いよいよ8月9日、公開される。 その日本語キャストとして、日本が誇る有名声優を多く起用していることでも注目を集めている本作に、ケンドーコバヤシの出演が決定した。お笑いだけでなく、『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』や『ドラえもん のび太の人魚大海戦』などの作品で声優を務め、声の演技でも高い評価を受けるケンドーコバヤシは、どのようなキャラクターを演じるのか。

『パシフィック・リム』予告編はコチラ

香港で危険な商売をする人物。それがケンドーコバヤシが演じるハンニバル・チャウだ。イェーガーに倒されたKAIJUの臓器を売って商売をする、アンダーグラウンドなキャラクターには、ケンドーコバヤシの低いハスキーボイスが良く似合う。 収録を終えた後、手ごたえについて問われると「100点です!」と断言したケンドーコバヤシ。かなり満足のいく出来栄えとなったようだ。 また、ガンダム芸人である彼から見て、本作は「ロボット(人型巨大兵器“イェーガー”)のデザインが、この監督日本のこと好きなんだなあと思わせるデザインでした」と、かなりお気に入りの様子。「操縦のシーンとかもすごいんですよ。もう僕の(吹替を)抜きにして見に行って欲しい作品です」と大絶賛のコメントを残した。 絶滅か、戦うか。極限状態の中で繰り広げられる物語の結末はどのようなものになるのか。 ______________________________________________________________________

『パシフィック・リム』
2013年8月9日 より 丸の内ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/
(C))2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/31685597

出来は完璧!『パシフィック・リム』吹替えにケンコバが挑戦!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事