« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

『上京ものがたり』学生限定試写会イベントで森岡利行監督が学生たちへエール

上京ものがたり

8月24日に公開を控えた映画『上京ものがたり』の学生限定試写会が東京デザイナー学院で行われた。上映後、同作品の森岡利行監督によるトークイベントを開催。参加した同校のマンガ科・イラストレーション科・映像デザイン科50名の生徒に向けて「自分が(ここまで)やってこれたのは、人と人との付き合いだったり、自分で道を切り開いていくっていう気持ち。道がなかったら自分で作ればいいんだよ」とエールを送った。

『上京ものがたり』予告編はこちら

続きを読む »

映画『地獄でなぜ悪い』主題歌に星野源!本予告映像も解禁

地獄でなぜ悪い

園子温監督の最新作『地獄でなぜ悪い』(9月28日全国公開)の主題歌が、星野源が歌う同名楽曲『地獄でなぜ悪い』に決定した。この曲は同映画に出演する星野による書き下ろしで、自身6枚目のシングルとして10月2日に発売される。

また、この発表と併せて本予告編映像も解禁。この映像では楽曲の一部を聞くこともできる。

『地獄でなぜ悪い』本予告編はこちら

____________________________________________________________

『地獄でなぜ悪い』

2013年9月28日より新宿バルト9ほか全国にて
配給:キングレコード、ティ・ジョイ
公式HP:play-in-hell.com
©2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

2013年7月30日 (火)

ブラピ「僕たちは大変な仕事を成し遂げた」『ワールド・ウォー Z』ジャパン・プレミア&舞台挨拶

<レッドカーペット&舞台挨拶>
■日時:2013年7月28日(日)
■会場:六本木ヒルズアリーナ/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
■レッドカーペット出席者:ブラッド・ピット(製作・主演)、マーク・フォースター(監督)、デデ・ガードナー(製作)篠原涼子(日本語吹替版・主人公の妻カリン役)、鈴木梨央(日本語吹替版・主人公の長女レイチェル役)、佐藤芽(日本語吹替版・主人公の次女コニー役)、アンジェリーナ・ジョリー
■舞台挨拶出席者:ブラッド・ピット(製作・主演)、マーク・フォースター(監督)、デデ・ガードナー(製作)篠原涼子(日本語吹替版・主人公の妻カリン役)

ワールド・ウォー Z

8月10日に公開を控えた映画『ワールド・ウォー Z』のジャパン・プレミアと舞台挨拶が東京・六本木で行われた。このイベントには製作・主演を務めたブラッド・ピットや妻のアンジェリーナ・ジョリー、マーク・フォスター監督、日本語吹替版で主人公の妻カリン役を演じた女優の篠原涼子らが出席。また、この豪華イベントを一目見ようと約500人のファンが会場に集結した。

続きを読む »

2013年7月29日 (月)

『クロワッサンで朝食を』がシネスイッチ銀座、フランス映画の初週動員・興収記録を約20年ぶりに更新

クロワッサンで朝食を

7月20日(土)からシネスイッチ銀座で公開中の映画『クロワッサンで朝食を』が、パトリス・ルコント監督『イヴォンヌの香り』が1994年から守り続けてきたフランス映画の初週動員と興行収入を抜き、記録を更新した。

1週目 7/20(土)~26(金)の動員:8,297人/興行収入:9,005,000円
2週目 7/27(土)動員数:1,145人/興行収入:1,345,800円
     7/28(日)動員数:1,115人/興行収入:1,274,300円

累計:動員:10,557人/興行収入:11,625,100円

同作品は憧れのパリにやって来た家政婦アンヌと高級アパルトマンに住む孤独な老婦人フリーダという境遇の異なる2人が出会い、ぶつかりながら徐々に心を通わせ、人生の歓びを見つけていく感動の実話。
ヌーヴェル・ヴァーグ全盛期に世界中を魅了した伝説的女優ジャンヌ・モロー演じるフリーダのパリジェンヌとしての自然な生き方や、女性にとっての“憧れのパリ”の存在も観客を魅了する。

『クロワッサンで朝食を』予告編はこちら
____________________________________________________________

『クロワッサンで朝食を』

2013年7月20日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開
配給:セテラ・インターナショナル
公式HP:http://www.cetera.co.jp/croissant/
©TS Productions - Amrion Ou - La Parti Production - 2012

8/7にトークイベント開催「原田眞人監督が語る!“わが心の師匠・ベルイマンの遺産”」

処女の泉

2007年7月30日に死去、今年没後6年を迎えるイングマール・ベルイマン監督の命日と渋谷ユーロスペースで公開中の「イングマール・ベルイマン3大傑作選」のヒットを記念して8月7日(水)にトークイベントが開催されることが決定した。

ゲストは映画監督の原田眞人氏。原田監督は自身の作品『わが母の記』で『処女の泉』にオマージュを捧げ、出演の役所広司、宮崎あおいにも演技の参考として『野いちご』などのベルイマン監督作品を観せるなど、筋金入りの“ベルイマニア”。トークイベントでは、敬愛するベルイマン監督の「映画術」を、独自の分析を交えたっぷりと披露する。

____________________________________________________________

没後7回忌記念「イングマール・ベルイマン3大傑作選」大ヒット御礼トークイベント
日時:8月7日(水)17:00『処女の泉』上映後(トーク開始は18:30~)
場所:渋谷ユーロスペース
問い合わせ先:ユーロスペース TEL:03-3461-0211 http://www.eurospace.co.jp/

___________________________________________________________

「イングマール・ベルイマン3大傑作選」
ユーロスペースにて大ヒット公開中。8/16(金)まで連日3作品ロードショー
『第七の封印』(1957年)第10回カンヌ国際映画祭審査員特別賞
『野いちご』(1957年)第8回ベルリン国際映画祭 金熊賞
『処女の泉』(1960年)第33回アカデミー賞 外国語映画賞 第17回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞

www.bergman.jp

画像『処女の泉』
©1960 AB Svensk Filmindustri

「『パシフィック・リム』は日本へのラブレター」5年ぶり来日のギレルモ監督が熱弁

パシフィック・リム

<来日記者会見>
■日時:2013年7月28日(日)
■会場:】パーク ハイアット 東京
■登壇者:ギレルモ・デル・トロ監督、菊地凛子、芦田愛菜

映画『パシフィック・リム』の公開を翌々週に控えた28日、都内で会見とジャパン・プレミアが開催された。イベントには作品に出演した菊地凛子、芦田愛菜とともにギレルモ・デル・トロ監督も出席。自他共に認める“オタク”である監督は「私がメキシコで生まれ育ってずっと見てきた日本文化、日本のアニメ、日本のいろんな映画、そういった日本に対するラブレターです。どうぞ受け止めてください」と“日本愛”をメッセージとして送り、映画をPRした。

『パシフィック・リム』予告編はこちら

続きを読む »

ブラッド・ピットがアンジー、子供たちと来日!29日のジャパン・プレミアムへ

ワールド・ウォー Z

8月10日公開の映画『ワールド・ウォー Z』で主演を務めるブラッド・ピットが、28日にプライベート・ジェットで羽田空港に到着。世界中から注目を集めるブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーをひと目見ようと、日曜の夜にも関わらず約1100人のファンが大集結し、国際線の到着ロビーは彼らの登場を待ちわびる人々で埋め尽くされた。

満員の到着ロビーにシックな装いのブラッドと、ブラックのサマーニットとレザーパンツに身を包んだアンジェリーナが子供たちと仲良く手をつないで姿を現すと、待ちわびたファンからは、予想を超える大歓声が響き渡り、羽田空港は瞬時に熱狂ムード。ブラッドは、迎えてくれた大勢のファンに対し、終始笑顔を見せ手を振って応えた。

また、集まっていたファンの中に小さな男の子の姿を見つけたアンジェリーナは、男の子にキスとサインのサービス!ブラッドはその様子を微笑ましく見つめ、最後はしっかりと子供たちの手を握りその場を後にした。

7月29日(月)には、本作の監督であるマーク・フォースターや本作のプロデューサー、またブラッド演じるジェリーの妻役の日本語吹き替え声優を担当した篠原涼子らと共にジャパン・プレミアに出席。ジャパン・プレミアにも、パートナーであるアンジェリーナが同行する予定。

____________________________________________________________

『ワールド・ウォー Z』

2013年8月10日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて
配給:東宝東和
公式HP:www.worldwarz.jp
©2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

2013年7月26日 (金)

8/21新スーパーマンが日本へ飛来! 続編の製作も早くも決定

マン・オブ・スティール


8月30日公開の映画『マン・オブ・スティール』で新時代のスーパーマンを演じるヘンリー・カビルらが8月21日に来日することが決定した。同日に東京・六本木ヒルズ・アリーナで行われるジャパン・プレミアとその翌日に都内で行われる来日記者会見に出席する予定。カビルのほか、本作を手掛けたザック・スナイダー監督、製作のチャールズ・ローブン氏とデボラ・スナイダー氏も出席する(来日キャスト&スタッフはすべて予定)

同作品は全世界43カ国で初登場1位を獲得し、全米では公開3日間で、1億3000万ドル突破のオープニング成績を記録。すでに世界興行収入6億3000万ドルを突破するメガヒットを遂げており、続編製作もアナウンスされるほどの盛り上がりを見せている。

『マン・オブ・スティール』予告編はこちら
____________________________________________________________

『マン・オブ・スティール』

2013年8月30日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://www.manofsteel.jp
TM & © 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & © DC COMICS

2013年7月25日 (木)

【インタビュー】『ローン・レンジャー』ゴア・ヴァービンスキー監督「スタッフ全員がクレイジーなアドベンチャーをする気満々だった」

ローン・レンジャー

8月2日(金)に公開を控えた『ローン・レンジャー』の監督、ゴア・ヴァービンスキーのインタビューが到着。スタッフやキャスト、ローン・レンジャーとトントの人間関係など、舞台裏と見どころについて語ってくれた。

『ローン・レンジャー』予告編はこちら

続きを読む »

『僕は友達が少ない』瀬戸康史×北乃きいで実写映画化!2014年新春ロードショー

僕は友達が少ない

シリーズ累計発行部数555万部の人気ライトノベル『僕は友達が少ない』の実写映画化が決定した。“友達がいない”主人公・羽瀬川小鷹を瀬戸康史、その小鷹を振り回す中心人物・三日月夜空役を北乃きいが演じる。

原作は“友達づくり”の部活動を描くという斬新な設定と、強烈なキャラクターたちが読者の心をつかみ、2009年の第1巻発売以降、常にライトノベル界を牽引し続けている大ヒット作。シリーズ既刊8巻、コミック化(コミックアライブにて連載中。既刊8巻)などシリーズ累計発行部数555万部と驚異の数字を叩き出し、その人気を不動のものとした。さらに、TVアニメ化(TBS系にて2011年~2期にわたり放送)をはじめ、ゲーム・モバイル・関連商品といったさまざまなメディアミックス展開で多くのファンを獲得。そして2014年新春、本作を原案とし、完全オリジナルで新たなストーリーが繰り広げられる。

____________________________________________________________

『僕は友達が少ない』
2014年新春全国ロードショー
配給:東映
公式HP:www.haganai-movie.jp
©2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会




最新映画ナビ関連ブログ