« 『ボクたちの交換日記』内村光良監督、アジア進出!台北映画祭・全州(チョンジュ)国際映画祭上映決定! | メイン | 日本のみんなに「ナマステ~!」ミス・ワールドに輝く美人女優『闇の帝王DON ベルリン強奪作戦』を語る! »

2013年3月21日 (木)

『テッド』に続くヒットの予感!?村上隆『めめめのくらげ』を語る!Apple Store, Ginza のMeet the Filmmaker

■実施日:3月20日(水)
■場所:Apple Store, Ginza
■登壇:村上隆、氷川竜介(アニメーション研究家)

めめめのくらげ

世界のトップアーティストとして活躍する村上隆がはじめてメガホンをとった映画『めめめのくらげ』。震災後の日本を舞台にファンタジーの世界を描き出す本作は、実写とCGを融合し、CGカットだけで約1000カット以上という、今までの日本映画にはないスケールと世界観で贈る注目作だ。

4月26日からの公開に先駆けて、3月20日(水・祝)、村上隆がApple Store, Ginzaで行われるMeet the Filmmaker に登場。アニメーション研究家・氷川竜介氏と対談形式で、実写とCGを交えて紡ぎ出す独創的な映画の見所や制作秘話をたっぷりと語った。

____________________________________________________________

トークショーは、『めめめのくらげ』は当初CGアニメーションのタイトルで、約10年前CGスタジオを設立する際に相談していた相手が、氷川竜介だったという村上隆の説明からスタート。


■氷川:最終的には実写とCGになったんですけど、やはり村上さんはアニメの比重が大きかったんですよね。

■村上:氷川さんの展開されているアニメ評論のフィールドからとても影響を受けていました。金田伊功さんというアニメーターの方のモードが偶然にも日本の狩野派に酷似していること、日本の絵画製作においての空間成立方法とアニメーションに観られる空間の成立方法が似ています。もともとアニメは好きでしたが若いころにアニメ製作者にはなれなかったので、30歳になって僕の現代美術の世界と金田伊功さん及び80~90年代の日本のアニメーションのモードを一本の線でつなげようと思ったのが「スーパーフラット」だったんです。アニメのモード、日本のオタクのフィギュアのモードを現代美術と合体させて発表してきたんですよね。

■氷川:全世界に現代美術があってアニメがそこに接続できることはとても新鮮で、刺激的でしたね。

■村上:今でこそクールジャパンで戦後のサブカルチャーを重要な文化として世界に打ち出そうということはありますが、僕らのアニメファンの世代は日陰な感じで、表立って言うと「根暗」と言われていたんですよね。そこからの8mmフィルムのようなアニメーションを作ったりと若い子の間で広まって、インディペンデントとプロの境界があいまいになりましたよね。僕はNYに行ったりしていたので、それの派生が外から見ると大きなムーブメントに見えてきたんです。そこを僕が部分的につまみ出したので色々批判はありますが、アニメーションや特撮が好きだったので横目で見ながらまた片足を突っ込んだり、美術の世界とつなげたりしてきてかれこれ15年ぐらい経ちましたね。

■氷川:ではどうして実写とCGで映画を作ろうと思ったのですか?

■村上:当初はCGアニメーションテレビ番組をつくろうという話になり、15人で作り始めた。でも実際には進まず、今は60人になったけどそれでもまだまだ。というわけで、アニメを作ることは予想をはるかに上回って大変。キャラクターを演技させるのは技術力のある人間たちの集合体がなければ生まれないということは分かってきた。毛並みの羅列やモーションだけでは難しいと実体験で最近分かってきた。スプラッタームービーを作っている製作の西村さんと出会い、実写を提案されたんです。その時はめめめではなく、ホラーっぽい作品にしようとしたが、僕自身がホラー好きじゃないので脚本の段階でどんどん変わってきて、煮詰まってきちゃって。その時、3.11があって西村さんに電話をしてこの状況ではできないと断ろうとしたら、西村さんが「あの企画、今だからやりましょうよ」という話をしてくれました。それで、企画2か月、夏に撮影と決めたんです。でも企画段階で世界観が煮詰まってしまい、昔の企画書を掘り出してみて「10年前から大事にしていた企画なんで今回みたいに試験的に作るものじゃないんですが」と言ったら、西村さんたちに「映画はそういうことじゃできないんだよ」と説教されて全部さらけだすことで作り始めたのが、『めめめのくらげ』の実写だったんです。

■氷川:それで撮影はじめられたんですね。(テーブルの上のキャラのぬいぐるみを見て)このキャラクターは?

■村上元々特撮とマペットの映画のつもりだったんです。実は、くらげ坊は、アニメの企画段階ではねずみ男をイメージしていて、恐ろしげで魔界へ誘う案内人でした。実写でやりたいと言ったが、西村さんに「スプラッタームービーを作る僕らがいうのはなんですが、怖いですよ」と言われ、僕が描いているファンタジーにはならないので可愛いくらげ坊になりました。るくそーは実は別のキャラクターの名前と間違えて企画段階で伝えたのが、そのまま脚本になり今に至ります(笑)。このキャラは最初の名残を残して着ぐるみなんです。

■氷川:このキャラが主人公とヒロインのふれんどなんですよね。一応、BOY meet GIRLな話ですよね?

■村上:アニメだとこのぐらいの子供たちがでてくるんですが、実写だとあまりないなと思ったんです。アニメの世界観のように子供たちがドタバタする世界観を作りたかったんです。

■氷川:正解だと思いますよ。ステレオタイプではなく、昔見たスチュエーションコメディっぽいというか。こういう子供たちがまだいるんだと新鮮に見えたんですよね。

■村上:映画を作るにあたって参考にしたのは、自分自身も幼少のころに夢中になっていた「悪魔くん」「河童の三平」でした。その子たちが日本の震災の世界をドタバタと動き回るイメージがあったんです。

■氷川:震災も物語上のキーワードになっていますね。

■村上そうですね。短編で撮影1ヶ月でサクッと終わらせる予定でしたが、2年以上たってしまった。2年以上同じ作品に関わってくると、自問自答するようになり、色々発見することがあったんです。日本の混沌とした状況は、僕らの子供のときと少し似てますね。僕の子供のころは世界が汚染されていって抗えない時代を生きているという絶望感があったんです。でも震災の前はそれがなくなったのに、震災後は一変して戦戦恐恐とした毎日を過ごしています。世の中の構造が似ていて、自分が知っているドラマを別の形でリアリティを持ってはきだせるんじゃないかと思ったんです。

■氷川:村上さんだからアーティスティックな感じかと想像していたらドラマ感があり、メッセージをすごく感じましたね。

■村上:日本が持っている問題とそこから自力では逃げ出せない子供たちの活躍というか中心にすることで、日本を勝たれればいいなと欲が出てきたんですよね。ポスプロのときに撮ってないCGがたくさんあることに気づき、脚本も変え、3か月前に音楽もオープニングも変え、濃度が上がって自分が作りたいものに近づいていっていると思います。パート2を撮っていたら1の不完全な部分も分かり、1ができたんじゃないかと思う。作家のパッションも伝わったんじゃないかな。

■氷川:演技指導もされたんですよね?

■村上:自分の苦手な部分は共同作業と脚本なんです。どうやってこなせばいいかと思っていたのですが、手を取り足をとり教えてくれました。主人公の選択と主人公のキーになる演技付はしました。あとはカメラワークと文法なのでそれを踏襲した形になっています。

■氷川CGの話も掘り下げたいのですが、本当は全部で何カットですか?

■村上:アニメーション部分は800~900なんですが、修正が多くて。1シーンがうまくいくとそれを軸に全部を変えたくなるんですよね。戦闘シーンは2年弱やっています。スタッフからは、「村上さんの頭の中アニメですよ。実写じゃない。そのままやると嘘くさくなるから」と言われて、でもやりたくなる僕の意見をCGスタッフが汲み取って中和させることが大変でしたね。

■氷川:この世界は子供が本当に実感してる感じがいいですね。

■村上:『未知との遭遇』を見たときに今ままで信じてなかったUFOを本当に信じてしまったんです。子供たちにもそういう気分になってほしいなと思ってますね。

■氷川:どんな方に観てもらいたいですか?

■村上:メインターゲットはハイティーンから、広く大人まで観て欲しいですが、作品の本質は子供たちにむけたメッセージを作っているつもりですので、親子、また小学生にも見てもらいたいですね。日本の混沌とした中であれはなんだったんだろうと親子で話をしてもらえるといいですね。

■氷川:個人的には女性にも受けるんじゃないですか?先日のティーチインでくらげ坊の着ぐるみに可愛いと群がるOLを見たり、今は『テッド』が女性受けして大ヒットしているじゃないですか。そこにつながる気がするんですよね。

■村上:フッテージでも女性の方はほろっと泣いてくれて、livetuneも泣けるし、くらげ坊とまさしの関係は女性は感動してくれますね。

■氷川:キャラクターが可愛いし、アニメ映画に近いのでは?

■村上:アニメの感覚というか、昔からアニメを見ていて動体視力が鍛えられているんです(笑)。細かいことが気になるのが現場を困らせている原因なのですが、普通の監督や政策委員会システムなど気にしなくてもいいので、スーパー個人製作なので自分としてはこれ以上できないというところまで詰めてやっています。自分が納得いかないところはないところまでやっています。

■氷川:初めて映画を作ってみてどうでしたか?

■村上:宮崎さんが作品を作ると1年間休むという話を聞いて、作れよーと思っていた。この世と映画の世界が混雑して若干鬱になってしまうんです。そういうことかと実感しています。夢にも出て、フラッシュバックする、というのがここ3ヶ月ぐらい頻繁にでてきて、その現象を体験しています。前後不覚になる新しい体験。それは映画ならではの体験ですね。彫刻ではシステマチックに作っている。映画ではメンタリティの部分でコントロールできずに大変ですが、うまくオーガナイズしたいと思っています。

■氷川:アーティストとしてのこだわりは?

■村上:今まで気にしてなかったのですが、音のこだわりが異常にあったと初めて気づきました。音響、聞こえないヘルツも気になって、次はそこにこだわりたいですね。キャラの気持ちを伝えるための手さばきとして音楽がこれほど気になるとは思わなかったので、非常に面白かったですね。


【来場者からのQ&A】

キャスト等で悩まれたことは?

■村上:撮影そのものは楽しくて1ヶ月夢のように過ぎたのでなかったです。役者が演技してくれて情報量が多いんです。すごくお得~、完成度上がる!と思ってすごく楽しい経験でした。パート2は欲が出てきたので、役者さんとも話して進めました。


初音ミクの印象や出会いは?

■村上:livetune.KZさんと台湾の芸祭で出会ったんです。そこから映画の主題歌を決める時に、仮編集の段階で「Last Night, Good Night(Re:Dialed))を仮でつけてくれたら、はまったので主題歌に決定した。ミクが好きよりはプロジェクトのひとつのとして親近感のあるものになってきたと思います。


映像制作で驚いたことは?

■村上:クリーチャーの動きがそこにいそうだなというところまで詰めれるのでショッキングなことでしたが、そこまでわかるともっとリアリティを追求したいと思いましたね。でもそこまで技術が上がっているとは思ってなかったので衝撃的でした。


映画やアニメ業界をみてコネクトされたものは?

■村上:映画一本は非常に想像を絶するいろんな人たちが合体しなくてはいけないことが分かった。プロデューサーの立場の大切さを実感しました。


■氷川:最後にメッセージを。

■村上:自分のテリトリーでは100%やっています。ジュブナイルでファンタジーで特殊効果を使っている作品はあんまりないので、新しい体験の作品になっています。アニメの予備知識のない人にとっても未体験名作品になっていると思います。

____________________________________________________________

『めめめのくらげ』
2013年4月26日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:http://mememe.gaga.ne.jp
©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/31276925

『テッド』に続くヒットの予感!?村上隆『めめめのくらげ』を語る!Apple Store, Ginza のMeet the Filmmakerを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事