トピックス(2012 topics)

2012年12月27日 (木)

ロシア文学の最高峰トルストイの傑作が2013年によみがえる『アンナ・カレーニナ』ポスター&特報解禁

アンナ・カレーニナ

包んでいる、ロシアの文豪レフ・トルストイの最高傑作「アンナ・カレーニナ」。ロマンティックを極めた愛の顛末と奥深い人間ドラマはそのままに、斬新かつ独創的で絢爛豪華な演出での完全映画化が実現、今を生きる私たちが求める、新たな『アンナ・カレーニナ』が誕生。

『プライドと偏見』、『つぐない』に続き、キーラ・ナイトレイ×ジョー・ライト監督の3度目のコラボレーションとなる本作のポスタービジュアルと特報が解禁となった。

『アンナ・カレーニナ』特報はコチラ

続きを読む »

『15歳、アルマの恋愛妄想』邦題&公開決定!

15歳、アルマの恋愛妄想

トライベッカ映画祭最優秀脚本賞、ローマ映画祭最優秀デビュー作品賞、モンズ国際恋愛映画祭最優秀ヨーロッパ作品賞を受賞、そしてノルウェーで著名なアマンダ・アワード2012ではベストノルウェーフィルムに選出されるなど、世界各国でセンセーションを巻き起こした『TURN ME ON, DAMMIT!』の邦題が『15歳、アルマの恋愛妄想』に決定し、2月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開されることが決定した。

続きを読む »

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』J.J.エイブラムス 樋口真嗣監督から送られた巨神兵に大興奮!日米天才クリエイター対談が実現!

スター・トレック イントゥ・ダークネス

巨匠J.J.エイブラムス監督最新作、映画史の未来を切り拓くSFアクション超大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』。2013年9月に日本で公開される本作のそんなのスタッフ&キャストが来日しプレゼンテーションを行った際に、J.J.エイブラムス監督と樋口真嗣監督のスペシャル対談が行われた。

クリエイター同士の対談という事もあり、内容は徐々にディープなものとなり、対談は大盛りあがり。意気投合した2人はなんと、日本で共同製作を行う話にまで発展した。さらに、J.J.エイブラムスからバットロボットスタジオで制作されたという木製のエンタープライズ号が贈られると、そのお返しとして、樋口真嗣監督は、自身が監督した短編映画『巨神兵東京に現わる』の巨神兵をプレゼント。「とても美しい、本当に素晴らしい!是非ともバットロボットに飾るよ。この映画はどこで観られるの?」と子供ように大興奮。2人とも自身の映画のPRもそこそこに、日米の特殊効果、映画作りに対する想いなど熱い対談となった。

続きを読む »

今、韓国で女性が一番会いたい“優しい男”ソン・ジュンギ主演『オオカミ少年』(原題)2013年年初夏、日本公開決定!

オオカミ少年(原題)

ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のクールなイケメンぶりが、韓国のみならず、日本の多くの女性を虜にしたソン・ジュンギ。 2012年下半期の大ヒットドラマ「優しい男」主演により国民的な人気を得て、今、最もホットな若手スターとして注目されている。この度、ソン・ジュンギの最新作映画『オオカミ少年』(原題)が、2013年初夏全国公開されることが決定した。本作は、心を閉ざした少女とこの世界に存在してはならないオオカミ少年が出会うファンタジーラブロマンス。 韓国では今年10月に公開され、700万人以上を動員した大ヒット作だ。

続きを読む »

右手に日本刀、左手に爪のウルヴァリン 雨の東京に見参!『ウルヴァリン:SAMURAI』ポスター解禁!

ウルヴァリン:SAMURAI

日本を舞台に描かれる2013年ハリウッド超大作映画『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年9月公開)。今年の夏には日本での長期撮影や、『レ・ミゼラブル』での複数回来日でも話題となったヒュー・ジャックマンが、ウルヴァリン/ローガンを演じる本作のポスタービジュアルが解禁となった。

最新ポスターでは、屋根の縁で佇むウルヴァリンの姿が。街に描かれる看板には【カラオケ】【炭火焼肉】【英会話】など日本語が並び、東京タワーが描かれていることからロケーションとしては雨の東京だと思われる。さらに【ウルヴァリン】とカタカナ表記の看板など、日本人にしか判らないように遊び心を込めたビジュアルに。上半身裸のウルヴァリンは影になっているが、そのスタイルの良さは十二分に伺うことができ、そしてなぜか右手には日本刀が握られている。

続きを読む »

震災をテーマにしたふたつの映画が同時公開!!両監督の過去作品併映の特集「ぼくらのじしん」開催決定!

ゆれもせで

互いに脚本を書き合ったふたりの映画監督による、ふたつの映画が同時公開されることが決定した。両監督の過去監督作品も併映する特集「ぼくらのじしん」は、池袋シネマ・ロサにて2013年2月2日(土)より2週間レイトショー上映される。

続きを読む »

約180秒の本編映像を惜しみなく使用!androp『映画 鈴木先生』主題歌「Rainbows」の特別映像を公開!

映画鈴木先生

2007年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した武富健治による原作を基に、どこにでもいそうな平凡な教師が、どこにでも起こり得る問題について過剰に悩みつつ、独自の教育理論によって解決していく様を描き、各方面で波紋を呼んだドラマを映画化した『映画 鈴木先生』

年明け1月12日(土)からの公開を控え、主題歌を務めるandrop「Rainbows」の特別映像が公開された。『映画 鈴木先生』の本編映像約180秒を惜しみなく盛り込んだ貴重な映像となっている。andropの書き下ろしによる新曲「Rainbows」は、通り過ぎていく日常の中で交錯するさまざまな想いと、消えてしまいそうな希望を“虹”に見出す、ミディアム・バラード。今月発売されたandropの2ndフルアルバム「one and zero」に収録されている。

androp「Rainbows」special movie(『映画 鈴木先生』ver.)はコチラ

____________________________________________________________

『映画 鈴木先生』
2013年1月12日より角川シネマ新宿、丸の内TOEI、渋谷TOEIほか全国にて
配給:角川書店、テレビ東京
公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/suzukisensei/
©2013映画「鈴木先生」製作委員会

福山雅治主演 是枝裕和監督最新作『そして父になる』第2弾共演者発表

そして父になる

ある日病院からの一本の電話で、小学校受験真っ只中の6歳の息子は、実は出生時病院で取り違えられた他人の子供だったことを知らされる。血のつながりを選ぶのか?ともに過ごした6年という時間を選ぶのか?主人公は選択を迫られる…。

2013年秋公開予定の福山雅治主演、是枝裕和監督最新作のタイトル、及び、公開日(10月5日)が決定、更には共演者の情報が解禁となった。

続きを読む »

2013年、再び映画史を塗り替えること必至!『クラウド アトラス』ポスター&予告編解禁!

クラウド アトラス

従来の映画の概念を根底から覆し、映像革命を巻き起こした大作『マトリックス』三部作から10年。映画史を再び塗り替えるため、ウォシャウスキー姉弟監督×『ラン・ローラ・ラン』トム・ティクヴァ監督、異例の3大監督によって、デヴィッド・ミッチェル著作のベストセラー小説に基づき映画化された、感動巨編『クラウド アトラス』。2013年3月15日(金)に日本公開となる本作の日本オリジナルの劇場用ポスターと60秒の予告編映像が公開された。

『クラウド アトラス』予告編はコチラ

続きを読む »

爆笑の感動作!?イカれた二人になぜか共感!『世界にひとつのプレイブック』特報&ポスター画像解禁!

世界にひとつのプレイブック

最愛の人を失くして心が壊れた男女が立ち直ろうとするシリアスな物語のはずが、なぜか各国の観客席で爆笑!?そして、少しイカレた主人公ふたりへの熱い共感の輪が広がり続けている。トロント映画祭観客賞を見事に受賞したのを皮切りに、主だった映画賞を多数受賞してきた今一番の話題作『世界にひとつのプレイブック』

2013年2月22日から公開となる本作の特報とポスター画像が解禁となった。解禁された特報では、妻の浮気で正気を失ったパットと夫を亡くして自暴自棄のティファニーは、ともに愛する人を失って心が壊れ、そのイカれ具合に思わず笑ってしまうシーンが盛り込まれている。二人が人生を取り戻すために選んだのは、ダンスコンテストへの出場。ダンスに取り組みながら希望の光を見つけようと奮闘する二人の真剣な姿に、いつしか彼らの幸せを願いたくなる、そんな爆笑で誰もが共感できる感動作に仕上がっていることが伝わる。
人生にプレイブック(作戦図)はないけれど、彼らは心の中に世界にひとつだけのプレイブックを持っている。自分らしくベストをつくせば、必ず希望の光は射してくる。その想いが詰まったタイトルと登場人物の笑顔で構成されたポスター画像だけでも、見る者すべてを笑顔にさせ、希望の光を与えてくれる物語に期待が高まる。

『世界にひとつのプレイブック』特報はコチラ

____________________________________________________________

『世界にひとつのプレイブック』
2013年2月22日よりTOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:http://playbook.gaga.ne.jp/
©2012 SLPTWC Films, LLC. All Rights Reserved.




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事