★インタビュー(2012 interview)

2012年10月26日 (金)

CIAが仕掛けた前代未聞の人質救出作戦を描く『アルゴ』 監督・主演・製作を務めるベン・アフレック自ら作品を語るインタビューが到着!

アルゴ

1979年11月4日、イラン・テヘランで過激派によるアメリカ大使館人質事件が発生。大使館を脱出しカナダ大使の自宅に身を隠した6人のアメリカ大使館を救出するべく、CIAの救出作戦のエキスパート、トニー・メンデスが立てた計画とは、ウソの映画を企画し、大使館員たちをロケハンに来たカナダ人クルーに仕立て上げるというものだった…。

CIAが仕掛けた前代未聞の人質救出作戦を描いた『アルゴ』で、監督・主演・製作を務めたベン・アフレック。近年、監督としての手腕を高く評価され、第二のクリント・イーストウッドとまで呼ばれ始めているベン・アフレックが、本作の背景、キャスティングへのこだわり、史実を描く事に対する姿勢などを語っインタビュー映像が届いた。

『アルゴ』監督・主演・製作ベン・アフレック インタビューはコチラ

____________________________________________________________

『アルゴ』
2012年10月26日より丸の内ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://www.argo-movie.jp
©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2012年10月25日 (木)

インドネシア発のノンストップ・アクション『ザ・レイド』イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン、ギャレス・エヴァンス監督 オフィシャルインタビュー

ザ・レイド

第36回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門観客賞受賞、第44回シッチェス・カタロニア国際映画祭ほか世界各国の映画祭を席巻、さらにはアクション描写の完成度の高さから全米公開され、続編の製作、そしてハリウッド・リメイクが決定!世界が熱狂したインドネシア発のノンストップ・ハイテンション・アクション『ザ・レイド』。麻薬王が支配する30階建ての高層ビルに強制捜査(=RAID/レイド)に入った20人のSWATと迎え撃つ無数のギャングとの、エンドレスバトルが勃発!

10月27日の日本公開を前に、出演者のイコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン、そして、ギャレス・エヴァンス監督のオフィシャルインタビューが届いた。

続きを読む »

2012年10月24日 (水)

ベン・アフレック監督第3作『アルゴ』出演者ブライアン・クランストン、アラン・アーキン&ジョン・グッドマン インタビュー動画

アルゴ

1979年11月4日、イラン・テヘランで過激派によるアメリカ大使館人質事件が発生。大使館を脱出しカナダ大使の自宅に身を隠した6人のアメリカ大使館を救出するべく、CIAの救出作戦のエキスパート、トニー・メンデスが立てた計画とは、ウソの映画を企画し、大使館員たちをロケハンに来たカナダ人クルーに仕立て上げるというものだった…。

ベン・アフレック監督第3作『アルゴ』。本作で出演もしているベン・アフレック演じるトニー・メンデスの上司を演じたブライアン・クランストン、ニセ映画製作に関わりハリウッドでの協力者を演じたアラン・アーキンとジョン・グッドマンのコンビのインタビュー動画が解禁となった。

『アルゴ』ブライアン・クランストン インタビューはコチラ
『アルゴ』アラン・アーキン&ジョン・グッドマン インタビューはコチラ
____________________________________________________________

『アルゴ』
2012年10月26日より丸の内ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://www.argo-movie.jp
©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2012年10月22日 (月)

大切な誰かを持つ、すべての人へ。新世代の家族ムービー!『グッモーエビアン!』第25回東京国際映画祭舞台挨拶

■実施日:10月21日(日)
■場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
■登壇者:山本透監督

グッモーエビアン!

パンクロックのビートに乗って繰り広げられる新しい家族の形を描いた『グッモーエビアン!』。第25回東京国際映画祭特別招待作品として本作の上映が行われ、山本透監督が舞台挨拶に登壇した。この作品を映画化するまでに5年以上の歳月を費やし、待望の映画化となるまでの過程や思い、そして撮影現場でのとっておきの裏話などを語った。

続きを読む »

2012年10月11日 (木)

『推理作家ポー 最期の5日間』 ジェームズ・マクティーグ監督インタビュー

推理作家ポー 最期の5日間

1849年10月7日、1人の作家が不可解な言葉を残してこの世を去った。彼の名は、エドガー・アラン・ポー。ゴシック風の怪奇・幻想小説などで一世を風靡し、世界初の推理作家として名を刻む孤高の作家。不遇なままわずか40年でその生涯を終えたポーだか、シャーロック・ホームズを生み出したコナン・ドイルや、日本の推理小説の草分け的存在である江戸川乱歩、そして映画監督のティム・バートンなど、世界中の推理小説や映像表現、さらに音楽にまで大きな影響を与え、没後160年の年月を経た今も、その功績は語り継がれている。しかし、その死の真相と最期の日々は、現在も謎に包まれている。

ポーが対峙した最期の5日間を、大胆な発想とスタイリッシュな映像でダイナミックに描き出し、夭折した若き天才作家の死の謎に纏わるミステリーを解き明かしていく『推理作家ポー 最期の5日間』。本作を監督したのは、『Vフォー・ヴェンデッタ』のジェームズ・マクティーグ。スタイリッシュな映像とミステリアスなムード、そして、アクションシークエンスを融合させることに定評のあるジェームズ・マクティーグ監督が、最新作の魅力について語った。

続きを読む »

2012年10月 2日 (火)

『ハンガー・ゲーム』ヒロインを支える若手俳優ジョシュ・ハッチャーソン&リアム・ヘムズワース インタビュー

ハンガー・ゲーム

強大な権力者と絶望に支配された独裁国家を舞台に、愛する家族のために命懸けの〈ハンガー・ゲーム=殺戮ゲーム〉に身を投じたヒロイン、カットニスの勇気と成長を描く究極のサバイバル・アクション『ハンガー・ゲーム』。本作でカットニスと共に「ハンガー・ゲーム」に参加することになったピータ・メラークと、カットニスの猟仲間であり、親友のゲイル・ホーソーンをそれぞれ演じたジョシュ・ハッチャーソンとリアム・ヘムズワースのインタビューをお届けします。

写真左から右:ジョシュ・ハッチャーソン、ジェニファー・ローレンス、リアム・ヘムズワース

続きを読む »

2012年9月14日 (金)

『コッホ先生と僕らの革命』ダニエル・ブリュール インタビュー

コッホ先生と僕らの革命

ドイツ・サッカーの父コンラート・コッホの実話を基に描いた『コッホ先生と僕らの革命』が、9月15日(土)から公開される。本作は、19世紀末ドイツ帝国の厳格な名門校にイギリスからドイツ初の英語教師として赴任したコンラート・コッホが、授業にサッカーを取り入れ、偏見や階級、国籍に対する差別意識を持った生徒たちにフェアプレイの精神やチームプレイの大切さを教えていくヒューマンドラマ。主演は『グッバイ、レーニン!』で一躍注目されたダニエル・ブリュール。今まで定番であった若い好青年役とは違い、規律と慣習のみを信じる教師や親に正面からぶつかる型破りな教師コッホを演じた、ダニエルのインタビューをお届けします。

続きを読む »

『白雪姫と鏡の女王』初の悪役に挑戦したジュリア・ロバーツ&ニューヒロイン リリー・コリンズ インタビュー動画が緊急到着!

白雪姫と鏡の女王

『ザ・セル』、『インモータルズ -神々の戦い-』のターセム・シン監督の手によって、全く新しいファンタジーエンタテイメントとして生まれかわった『白雪姫と鏡の女王』。9月14日(金)から公開となる本作で初の悪役に挑戦したジュリア・ロバーツとヒロイン白雪姫を演じたリリー・コリンズのインタビュー動画が緊急到着!少女からの質問に答える形式の動画で、劇中で激しいバトルを繰り広げる2人とは思えないほど、和やかなムードでインタビューが行われている。


『白雪姫と鏡の女王』ジュリア・ロバーツ&リリー・コリンズ インタビュー映像はコチラ

続きを読む »

2012年9月10日 (月)

堺雅人、香川照之、広末涼子『鍵泥棒のメソッド』インタビュー

鍵泥棒のメソッド

売れない貧乏役者(自殺願望あり)と、殺し屋(記憶喪失)との人生が入れ替わる!殺し屋を演じることになった役者は、危険な依頼を受けて大ピンチに。 役者を目指すことになった殺し屋は、婚活中の女性の逆プロポーズを受け幸せに?しかし、記憶が戻った時、殺しの依頼、大金の行方、結婚が絡み合い、想像できない展開へと転がり出す。笑いとハラハラ・ドキドキのサスペンス、そしてトキメキまで盛り込んだ映画の楽しさが200%詰まったエンターテインメント・ムービー『鍵泥棒のメソッド』

9月15日から公開となる本作に出演している堺雅人、香川照之、広末涼子のインタビューをお届けします。

続きを読む »

2012年9月 6日 (木)

ヴァンパイア神話を独創的にアレンジ!『リヴィッド』ジュリアン・モーリー監督インタビュー

リヴィッド

古い屋敷に忍び込んだ少女たちが直面する恐怖を幻想的な映像で描いた『リヴィッド』。バイオレンスホラー『屋敷女』でデビューを飾ったジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロによるコンビ2作目となる本作は、ヴァンパイアの神話を現代的にアレンジし、幻想的で詩的な世界とヴァンパイアが引き起こす残酷描写という異質なものをミックスした独特のホラー映画に仕上がっている。『屋敷女』とは大きく作風を変えたジュリアン・モーリーが本作について語った。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事