« 福士蒼汰主演!映画『江ノ島プリズム』撮影快調!! | メイン | 彼に撮られることこそがニューヨーカーのステータス!『ビル・カニンガム&ニューヨーク』日本公開決定!ポスター解禁! »

2012年12月25日 (火)

西田敏行「堺さんはジュード・ロウ」菅野美穂からは“植物系男子”との評価も!?『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶

大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]

■実施日:12月22日(土)
■場所:丸の内ピカデリー2
■登壇者:堺雅人、菅野美穂、尾野真千子、柄本佑、要潤、椿鬼奴、宮藤官九郎、西田敏行、金子文紀監督

時は5代将軍綱吉の時代。江戸時代最も華やかな元禄期、世継ぎ問題に端を発し陰謀と愛憎が渦巻く【男女逆転大奥】で、京より、富と名声を求めて大奥入りした右衛門佐と、徳川の血筋を絶やさないという最大責務を負わされた5代将軍徳川綱吉との、儚くも美しい究極の愛の物語を描いた映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』。12月22日に初日を迎え、堺雅人、菅野美穂らキャスト8名と金子文紀監督による舞台挨拶が行われた。

____________________________________________________________

■堺:皆さん今日は寒い中お越しいただきありがとうございます。菅野さんは、お会いする前は作品ごとに顔を変えられる方で、どこから攻めていいのかわからない、懐の深い女優さんだと思っていたのですが、実際に共演してみて、それ以上に懐が深いというか…。それは最後に全部、菅野さんの役作りだったということが判るんですけれども、得体のしれない人というか、一言では言い表せない色んな面を持った女優さんだなと思いました。

男女逆転、という変わった設定ですし、時代劇という、時空を超えた世界ではありますが、観終わった後に、直接心に届くような、そういうストレートな、本格的な時代劇が出来たと思います。ここに並んでいる素晴らしい役者さんと、素晴らしい原作、金子監督をはじめとする、素晴らしいスタッフ、みんなで力を合わせて作りました。豪華絢爛でお正月映画にもピッタリですし、純愛映画ですのでこれから年末の素敵な夜に、大事な人と一緒にご覧になっていただいても良いかと思います。最後までこの作品を愛していただければ、現場の人間として嬉しく思います。今日は本当にありがとうございました。

■菅野
すごいメンバーとお芝居をさせていただけました。堺さんとは初共演で、お会いする前は穏やかでニコニコしている、「草食系男子」のような印象だったのですけれども、共演してみるとマイペースで…「植物系」だな、と。

■堺:格下げですか(笑)。餌だよね。

■西田:クレソン?

■堺:クレソン系。新しいジャンルをいただきました。(会場笑)

■菅野:この間、取材で似たようなことを言ったら「堺雅人は植物」って見出しが出てしまって…。その節は失礼しました…。植物ではありません、植物“系”男子だなと思いました。

■尾野:私は菅野さんと初めて共演させていただきました。菅野さんのお顔をずっと見る芝居が多かったんですけれども、顔がコロコロ変わりまして…。美しくて、ぽーっ…と、見とれてしまいました。来年はまた映画に出られるようにがんばります。

■柄本:堺さんと初共演させていただく前はもっと寡黙な感じで、待っている時も読書にふけっている印象だったのですが、現場ではいっぱいお話をさせていただいて、でもお芝居では凛とされているので、カッコイイ…と、見とれちゃいました。来年の豊富は、毎年新年に立てて叶えられていない“早寝早起き”です。

■要:菅野さんは、僕の中では一番共演してみたい女優さんだったので、今回初めて共演できて、光栄でした。菅野さんに甘えるシーンが多かったんですけれども、すごい大きな器で、包み込んでくれるので…演じていて本当に気持ちよかったです。西田さんも最高でした。アドリブもいっぱいあって…「襟を正さんかい」と言われたシーン、僕は横顔だったのですが、完全に笑ってましたね。来年の豊富は、堺さんに趣味を作らせます!堺さんが無趣味なので。

■堺:手強いよ。

■要:何からいこうかなと思っているのですが…。本はたくさん読まれているので、外に出るようなものがいいかなと。

■堺:要くんが今一番好きな趣味に連れてってくださいよ。

■要:乗馬はどうですか?

■堺:乗馬、僕やってますよ。ゴルフは?

■要:いいですね。ゴルフ。次の「大奥」の舞台挨拶では堺さんに「趣味はゴルフ」と言わせてみせます!

■宮藤:堺さんは、もっと穏やかな方だと思っていたのですが、雑談の時のテンションが高いことにビックリしました。雑談って、そんなにテンション高く話さないじゃないですか。テンションっていうか、声が高いんですよね。

■堺:宮藤さんは撮影中に衣装のまま、歌舞伎の台本を書いてらしたんですよ。とても長い古典をリライトするという、ものすごい作業なのに、撮影をやりながらそれをやっていたと後から聞いて気が遠くなりそうでした。そりゃあ声のトーンも高くなるというもの。

■宮藤:僕は謙遜とか一切しないので(※会場笑)…がんばりました。あの衣装
で楽屋でパソコン開いて作業をしました。もう、いつの時代の人かわからない。ちょっとしたSF ですよ。来年の豊富は、ちゃんと人の目を見て、ハキハキ喋れるようになれたらいいなと思います。

■西田:(観客から「西やーん」と声がかかると)ありがとう。寒風吹きすさぶなか、また雨でお足元の悪い中、ご来場いただきましてありがとうございました。しかも今日は“有料”ですからね。お金を払って、観に来てくださった。これを、我々映画興行の世界では“神様”とお呼びしてるんです。今日は本当にありがとうございました。

菅野さんは別の作品を色々拝見していろんな意味で感銘を受けていました。一役一役で顔が違うんですよね、役によってはコメディエンヌにもなれるし、アクトレスとしての動きもできるし…幅が広いというか、アンテナの張り方がすごいなと。勉強させていただきました。

堺さんとの共演は、二人で対峙するシーンだったんですけれども「ああ、こいつはジュード・ロウだな」と思いました。その時僕もちょっと自分のことを「(ロバート・)デ・ニーロみたいだな」と思いました。

私ももう齢65になりまして、膝がガクガクになってきちゃいまして。肉体的にそういう状況の時に、なんだか映画やドラマのオファーがどんどん来ていて…(悪い顔でニヤリと笑いながら)来年はそれをこなしつつ、(キリッとした顔で)私は出身が福島県ということもありますので、東日本大震災の復興に意欲を尽くしたいとも考えている次第です。

■椿鬼奴:私が出ていたことを、覚えていらっしゃる方はいますでしょうか…(※会場笑)。私も(本編を)観たのですが…笑うしかなかったです。(※会場拍手)恥ずかしかったのですが、“女優”としての正念場だと思って挑みました。以前共演させていただいた女優さんが、オアシスとか、黒沢かずことか…だったので、今回初めてステキな方と…ステキだろうと思っていたのですが、撮影の最初と途中と最後と、どんどんステキが増えていって。

私、“露出NG”がすごく多いもんですから(※会場笑)緊張感のある濡れ場だったんですけれども、待ち時間に色々話してくださって…あまりにステキで、撮影シーンをほとんど覚えていないんです。堺さんと私は同い年だった、というのは覚えてるんですが。同じ72 年、あさま山荘事件の年に生まれて。

■堺:僕は73 年生まれですよ。

■椿鬼奴:あ、じゃあオイルショックでしたね。

■堺:寒い日の撮影だったので、待ち時間に二人で火にあたりながら色々とお話しましたね。

■椿鬼奴:今年は“女優”として活動させていただきましたので、来年も…“高いところから飛び降りる”とかよりは、“女優”としての仕事を増やしていきたいなと。アンジェリーナ・ジョリーのようにスタントとかもやってみたいのですが、まずは股関節痛を治さなけばならないので、水泳に通って、クロールの息継ぎを覚えるところから始めたいと思います。

■金子監督:先週までTVで「大奥~誕生[有功・家光篇]」をやっていましたが、TVシリーズを観てくださった方も多いかと思います。TVのほうも応援いただきましてありがとうございます。キャストの皆さんは、僕が何も言わなくてもすごいことをしてくれるので、一言で言うとラクでした。見ているだけでいいような、大変ラクな現場でした。ラクだったけれど、出来たものは、素晴らしい。最高傑作だと思います。

____________________________________________________________

『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』
2012年12月22日より全国にて
配給:松竹、アスミック・エース
公式HP:http://ohoku.jp/
©2012男女逆転『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/30664879

西田敏行「堺さんはジュード・ロウ」菅野美穂からは“植物系男子”との評価も!?『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事