« 小津安二郎監督生誕110年となる記念すべき日に、山田洋次監督、出演者が集結。『東京家族』完成披露試写会 | メイン | ド迫力“3D ”で再始動!『G.I.ジョー バック2リベンジ』来年6月の日本公開決定!&イ・ビョンホン香港プレゼンテーション実施 »

2012年12月13日 (木)

『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』公開に合わせ、飛行船大爆発の原因に迫る「ナチスの陰謀」緊急発刊決定!

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

タイタニック号沈没事故(1912)、スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故(1986)と並び20世紀のフォトジャーナリズムに記録され、人類の記憶の中に深く刷り込まれた、巨大飛行船ヒンデンブルグ爆発事故(1937)に隠された真相を描いた超スペクタクル巨編『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』が2月16日より、全国公開される。本作の公開に合わせ、彩図社より「ナチスの陰謀」という書籍が発刊されることが決定した。

______________________________________________________________________

1937年5月6日、ドイツ硬式飛行船ヒンデンブルグ号は、アメリカ・ニュージャージー州マンチェスター、レークハースト海軍航空基地で着陸寸前に火災が発生。瞬時に爆発炎上し、97人の乗員乗客の内35人が死亡、地上作業員も1名が死亡した。その原因については色々な推測、憶測が飛び交った。この事故により、飛行船自体の安全性が問われ、旅行輸送用巨大硬式飛行船の製造は行われなくなった。事故の原因は未だに特定できていなく、その中にはナチスの陰謀説も。


ナチスの陰謀
■タイトル:ナチスの陰謀
■編者:歴史ミステリー研究会編
■発行元:彩図社
■判型:B6
■定価:550円(524円+税)
■発売:2013年2月9日ごろより、全国の書店・コンビニエンスストアで販売予定。本書では、ヒンデンブルグ号爆発事故をめぐるナゾをはじめ、ナチスにまつわる「陰謀」を網羅。ナチスによるプロパガンダや、科学、人心掌握術、軍事力、政治力と多岐にわたって分析する。映画のモチーフであり、20世紀を代表する謎の一つである「ヒンデンブルグ号爆発事故」に関しても、1章に渡って分析をしている。映画を観る前に、この本を読めばより深く作品が理解できること、間違いなし!

______________________________________________________________________

『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』
2013年2月16日より丸の内TOEIほか全国にて
配給:東映
公式HP:http://hindenburg.toeiad.co.jp/
©teamWorx2011


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/30585567

『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』公開に合わせ、飛行船大爆発の原因に迫る「ナチスの陰謀」緊急発刊決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事