« 2013年度スタジオジブリ最新作発表! | メイン | スパイス・ガールズのメンバー<メラニー・C>が魅せる魂のロック・オペラ『ジーザス・クライスト=スーパースター アリーナ・ツアー2012』特別映像&インタビュー »

2012年12月13日 (木)

英ウィリアム王子も出席!『ホビット 思いがけない冒険』英国王室主催チャリティーイベント「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス」2012開催

■実施日:12月12日(水)現地時間
■場所:ロンドン レスタースクエア 
■出席者:ケイト・ブランシェット、イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、ピーター・ジャクソン監督

ホビット 思いがけない冒険

「ロード・オブ・ザ・リング」3部作を手掛けアカデミー史上最多受賞を果たした巨匠ピーター・ジャクソン監督が放つ、全世界待望の新しい“指輪”の物語。世界中で1億人が読んだ、J.R.R.トールキンによる伝説の冒険小説「ホビットの冒険」を完全映画化するエピック・ファンタジー・アドベンチャー超大作「ホビット」シリーズの第1弾『ホビット 思いがけない冒険』が、12月14日(金)日本を始め、全世界約67ヶ国にて同時公開を迎える。

公開を目前に控えた12月12日(現地時間)、ロンドンにて英国王室主催チャリティーイベント「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス」2012(毎年一作品を選びイギリスの映画とテレビのチャリティ団体であるCinema and Television Benevolent Fundを支援するための英国王室主催のイベント)が実施され、英ウィリアム王子と本作品のサーの称号を持つピーター・ジャクソン監督、キャスト&スタッフがレッドカーペットに登場した。

____________________________________________________________

気温1℃という寒い中、緑のカーペットに降り立ったキャストたちは、まず丁寧にファンサービス。その後、集った報道陣の質問に答え、ホビットの家のセットの壇上で挨拶。ウィリアム王子が到着されるころには、すべて館内に入り、カーペット上はクリアされる。
その後、警備のオートバイに先導された車でウィリアム王子が登場。メディアの前辺りで車を降り、ゆっくりと映画館入り口まで歩いて行かれ、中で待機されていた映画製作者一同一人一人と言葉を交わされていた。


【主要スタッフ&キャスト/日本のファンに向けてのコメント】

■ケイト・ブランシェット(ガラドリエル役) 
日本のファンへのメッセージをお願いします。

■ケイト:中つ国にお帰りなさい。この映画はきっと皆さんの期待を裏切ることのない素晴らしい作品でしょう。私はとても長い髪でとても短いシーンに出演したのだけれど、みなさんに楽しんで頂けますように。


本日はとても特別な機会ですよね?プレミアというだけでなく、ロイヤルプレミアであるわけですが、今のお気持ちは?

■ケイト:(レッドカーペットではなく)グリーンカーペットで、草まで生えているわよね。そして向こうにはピーター・ジャクソン監督がいる。彼は最高よ。最高の気分だわ。そしてまた私の息子達も今日は来ているので、彼らにも映画を観てもらえるから私はとてもワクワクしているの。


本作の見所はどういうところでしょうか?ファンはどのようなことを期待できると思われますか?

■ケイト:私が観た時、とても面白くて、元気がいい、愉快な作品だと思ったの。ドワーフたちとホビットの間の仲間意識が感じられ、ピーターが持つユーモアのセンスが反映されているのは確かだわ。その他、恐怖、風景の美しさなども盛り込まれていて、映像もとても美しい。


■イアン・マッケラン(ガンダルフ役)
日本のファンへのメッセージをお願いします。

■イアン:我々は皆幸運だと思うね。というのも、本作はホビットシリーズの1作目で、来年の今頃には2作目、そして再来年には3作目が予定されているから、中つ国がこれからもたくさん観られるよ。本作を楽しんでもらえたらと願っている。


本日はロイヤルプレミアですからとても特別な機会だと思いますが、今のお気持ちは?

■イアン:ほかのプレミアとほとんど変わらないように感じるけれど、ウィリアム王子は『ロード・オブ・ザ・リング』のファンで、だからこそ本作を観たいと言われたと聞いている。我々にとって映画制作が楽しかったのと同じくらい、彼にもこの映画を楽しんでもらえればと思う。


■マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ役)
来日はいかがでしたか?

■マーティン:とても楽しかったよ。日本は大好きだ。東京は最高だし、とても楽しい時を過ごすことが出来たよ。


そこで会えなかった日本のファンにメッセージをお願いします。

■マーティン:東京でのプレミアでお会い出来なかったみなさん、ごめんなさい。是非、映画を観にきてね。僕たちが楽しんでこの映画を作ったのと同じように、みなさんに本作を楽しんでもらえたらと思うよ。近いうちに是非また日本で会おうね!


本日はとても特別な機会ですよね?普通のプレミアではなくロイヤルプレミアですが、今のお気持ちは?

■マーティン:いいものだね。気分がいいよ。


特にイギリス人のあなたにとって特別なものではないでしょうか?

■マーティン:そうなんだ。こういうのはいいものだよね。


日本ではいよいよ2日後に公開になりますが、ファンにとっての見所はどのようなところだと思われますか?

■マーティン:スリル、アクション、笑い、恐怖、そしてすばらしいバトルシーンだね。


一番の思い出は?

■マーティン:イアン・マッケランの自宅に集ったことだ。彼はいい人だよ。飲んで、食べて、いい気分だった。彼は本当に人をもてなすのがうまいんだ。


■ピーター・ジャクソン(監督/脚本/製作)
今からほぼ9年前に『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のプレミアが同じこの場所でありましたよね。またここに戻って来られたというのはとても感慨深いものでしょうか?


■ピーター:とてもエキサイティングだ。『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』はそれで最後だと思っていたので、とりわけ感慨深かったが、今回は3作目の始まりだ。きっと2年後、3作目のホビットのプレミアでもっと感慨深いと感じるのだろうね。今は旅の始まりだからとてもエキサイティングな時だ。


ウィリアム王子がファンだとお聞きしましたが、彼が出席されるというのは嬉しいものですか?

■ピーター:そうだね。ここに来てくれたファンの間に入って頂けないのは残念だけれど、彼はファンだと聞いている。後でお会いする時に、彼がどれだけ熱心なファンなのかわかるはずだ。楽しみだよ。


日本へのコメント

■ピーター:ハロー・日本のファンのみんな!元気かい?

____________________________________________________________m

『ホビット 思いがけない冒険』
2012年12月14日より丸の内ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/
©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事