« ド迫力“3D ”で再始動!『G.I.ジョー バック2リベンジ』来年6月の日本公開決定!&イ・ビョンホン香港プレゼンテーション実施 | メイン | マリー・アントワネットの素顔に迫る『マリー・アントワネットに別れをつげて』ブノワ・ジャコー監督インタビュー »

2012年12月13日 (木)

『ユダ』完成披露試写会 平均睡眠時間1.2時間で撮影!水崎綾女ハードな映画撮影を振り返る 

■実施日:12月12日(水)
■場所:シネマート六本木
■登壇者:水崎綾女・青柳翔(劇団EXILE)・NorA・大富いずみ監督・立花胡桃(原作者)

ユダ

リアリティの衝撃と“悪のヒロイン”の圧倒的な魅力で、30万部のヒットを放った立花胡桃の自伝的小説を映画化した『ユダ』の完成披露試写会が開催され、主演の水崎綾女、青柳翔(劇団EXILE)、NorA、大富いずみ監督、立花胡桃(原作)が登壇し、舞台挨拶を行った。

______________________________________________________________________

3,000人からオーデションで主演を勝ち取った水崎は、「役作りの為に、1か月で10キロ痩せなくてはいけなくて、皆さんにはお勧めしない減量法で、野菜スープだけでダイエットをしたとても辛かった。」と語った。青柳は、「撮影が凄くタイトだった。朝早くて夜遅いというスケジュールだったが、いい意味で逆にピリっとして凄く素敵な現場だった。」と語ると、水崎が「睡眠時間が1時間か、2時間で過酷な現場だった。」と撮影を振り返った。

ライバル役のNorAは「本当は水崎と仲がいいが、カメラの前では口を利かない。」状況だった振り、大富監督は「本当に過酷だったと思います。ありがとうございました。粘ったところは本当に粘ってよかったな。」と語ると水崎とNorAは「本当に粘りましたよね、1シーンの大切さが伝わって来てこっちもやる気が出た。」と監督に続いた。

原作者の立花は「小説のイメージといい意味でも悪い意味でも全然違う。監督、水崎の個性が出ている映画。新鮮な気持ちで見た。」と語った。

また、現在映画の公開を記念して開催中の、「伝説のキャバ嬢総選挙」では全国約5500名のキャバ嬢たちから約200名が選挙に立候補。投票期間も延長し、今月20日に最終候補が絞られると、1月中旬にリアルな夢のお店「ユダ」が1日限定でオープンし、“真のNo.1”の座を争うこととなる。青柳は「黒服でやとってもらえないか。」と語り、「私も出られるの?」と立花も興味津々の様子だった。

囲み取材では、立花から美元が最終選考に残っていた事実が語られた。「最終オーデションの時に髪を茶色にして、バッサリ切ってきた。すごくいい子なので報道とのギャップに驚きます。映画で美元に会えてよかった。」と語り、美元とのエピソードを語った。最後に水崎は「主人公、絵里香がどんどん洗練されていきながら、でも心は置いてけぼりになってしまうという過程がきちんと描かれています。」と語り、12月14日に発売になった自身の写真集「月刊水崎綾女」の写真集の宣伝も行い、初主演の見どころを語った。映画『ユダ』は1月26日(土)より新宿ミラノ他全国順次公開。

______________________________________________________________________

『ユダ』
2013年1月26日より新宿ミラノほか全国にて順次公開
配給:アイエス・フィールド
公式HP:http://www.judas.jp/
©2012 立花胡桃/ユダ製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/30611425

『ユダ』完成披露試写会 平均睡眠時間1.2時間で撮影!水崎綾女ハードな映画撮影を振り返る  を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事