« ヒョンビン最新作!極上のラブストーリー『愛してる、愛してない』ポスター解禁!! | メイン | “ホラー/恐怖”の概念を覆す衝撃!『トールマン』パスカル・ロジェ監督インタビュー »

2012年11月 2日 (金)

『リンカーン / 秘密の書』製作ティム・バートンインタビュー

リンカーン / 秘密の書ティム・バートン

第16代合衆国大統領エイブラハム・リンカーン。貧しい農家の出身でありながら国の最高権力者にまで上り詰めた彼は、アメリカン・ドリームの体現者として、歴代大統領の中でも人気が高く、最も愛されている人物だ。そんな彼に、もうひとつ別の顔があったとしたら? その証拠となる秘密の日記を映画化した『リンカーン / 秘密の書』が11月1日より公開されている。少年時代から暗殺される直前まで、リンカーンが生涯をかけて挑んだ闇の勢力との戦いを、あのティム・バートンと『ウォンテッド』の監督がめくるめく驚愕の映像にのせて描いたアクション・エンタテインメント超大作だ。本作の公開を前に、製作に携わったティム・バートンに話を聞いた。

______________________________________________________________________

Q:本作に携わったきっかけを教えて下さい。

■ティム・バートン:セス・グレアム=スミスが原作を執筆する前に、企画を耳にしたんだ。すぐに、自分が子供の時だったら、絶対に観たいと思う映画になるだろうと思ったよ。私は勉強のできない学生だったけれど、こういう映画を見ていたら歴史に夢中になったはずだよ!私にとってこの作品の魅力は、実話を辿っているところなんだ。リンカーンの画像を見て、“彼はまるで夜中にずっとヴァンパイアを追いかけていたように見える”と思ったのを覚えているからね。


Q:本作のストーリーの魅力について教えてください。

■ティム・バートン:この作品の魅力は、シュールなアイディアを扱っていながら、リンカーンの正確な歴史的事実に基づいているところだ。本作ではリンカーン博物館とも協力している。最初は彼らにどう思われるんだろう、という不安もあったけれど、実際、彼らはとても興味を持ってくれたよ。


Q:エイブラハム・リンカーンは元祖・スーパーヒーローと言えますよね。

■ティム・バートン:そこが、私がもっとも気に入った点だよ。彼には元祖バットマンのようなところがある。昼間の仕事とは別に、他のこともやっているからね。ヒーローというのは誰でもなんらかの傷を持っていると思うが、彼の場合は、母親をヴァンパイアに殺されたことがきっかけとなって彼に行動を起こさせたんだ。


Q:監督のティムール・ベクマンベトフとの仕事はいかがでしたか?

■ティム・バートン:最初は、二人で一緒に製作をするつもりだったんだが、ティムールと話をしていくうちに、彼がこの作品にとても夢中になっているのがわかった。彼なら本作の完ぺきな監督になるとはっきり分かったんだ。彼の作品についての話しぶりやどんなふうに考えているかを見ているうちに、彼が監督することが一番ふさわしいと思えた。アメリカというのは本来、移民が作った国でもあるから、彼のようにカザフスタンのような国の出身者なら彼ならではの何かを作品にもたらせるような気がしたんだ。


Q: すばらしい顔ぶれのキャストですが、どうやって集めたんですか?

■ティム・バートン:リンカーンはとても崇拝されている人だから、リンカーンとしての存在感があると同時に彼の人間性を見せられる役者が必要だった。しかも、アクション・ヒーローになれる人だ。この3つの要素を兼ね備えるというのはなかなか大変なことだ。ベンジャミン・ウォーカーを起用できてとても運が良かったよ。キャスティングはいつでも重要だが、こういう題材を扱う場合は特に大切だ。このクレージーな考えを受け入れてもらうこと、そして、人々に信じてもらえて、しかもこの題材を真面目に扱えるキャストを手にすることが肝心だ。


Q: あなた自身は、政治的な関心は強いほうですか?

■ティム・バートン:政治はとても複雑だと思うね。政治家というのは非常に大変な仕事だ。特に今のようにメディアが発達し、24時間ひっきりなしにニュースが流れている時代にはね。政治家として有能ぶりを見せるのは以前よりも難しくなっていると思う。かつては人物についてすべてが暴かれず、ちょっとは謎が残されていたからね。政治家は難しい仕事だし、従事することも大変だ。私はオバマに会うチャンスがあったが、僕の“良い人かどうか見分ける勘”に従えば、彼は良い人だと思う。彼は演説が得意だが、その点はエイブラハム・リンカーンと共通しているね。

______________________________________________________________________

『リンカーン / 秘密の書』
2012年11月1日より全国にて
配給:20世紀フォックス映画
公式HP:http://www.foxmovies.jp/lincoln3D/
©2011 Twentieth Century Fox

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/30182049

『リンカーン / 秘密の書』製作ティム・バートンインタビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事