« 『フラッシュバックメモリーズ3D』拡大公開! | メイン | 「ペドロ・コスタ&ルイ・シャフェスのカルト・ブランシュ」開催! »

2012年11月29日 (木)

『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生』公開記念!特集上映「特集/足立正生」開催決定!足立正生監督作品上映と本人出演のトークショーも!!

美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生

政治的な前衛映画監督たちを被写体にした、ドキュメンタリー・シリーズ『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう』の第一弾となる『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生』が、12月1 日(土)に公開される。本作の公開を記念して、「特集/足立正生」と題し、足立正生監督作品を中心に特集上映を開催する。上映作品は、足立正生監督作『女学生ゲリラ』(69)『性遊戯』(68)『略称・連続射殺魔』(69)、フランス人の映像作家エリック・ボードレールが重信房子・メイ親子と足立正生を描いたドキュメンタリー『重信房子、メイと足立正生のアナバシス そしてイメージのない27 年間』(11)の四作品。12月5日(水)の『女学生ゲリラ』上映後には、足立正生と文筆家・AV ライターの東良美季をゲストに迎え、トークショーを行う。

______________________________________________________________________

【特集上映「特集/足立正生」トークショー詳細】
■上映:12月5日(水)~15日(土)全7 回
■会場:アップリンク
■トーク:12月5日(水)18:30~『女学生ゲリラ』上映終了後(ゲスト:足立正生、東良美季)
■料金:一律1,000 円
■上映作品:『女学生ゲリラ』『性遊戯』『略称・連続射殺魔』『重信房子、メイと足立正生のアナバシス そしてイメージのない27 年間』
■上映スケジュール詳細 http://www.uplink.co.jp/movie/2012/4838

【足立正生プロフィール】
1939 年生まれ。日本大学芸術学部映画学科在学中に自主制作した『鎖陰』で一躍脚光を浴びる。大学中退後、若松孝二の独立プロダクションに加わり、性と革命を主題にした前衛的なピンク映画の脚本を量産する。監督としても1966年に『堕胎』で商業デビュー。1971年、若松孝二とパレスチナへ渡り、『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』を撮影。1974年、日本を離れ、パレスチナ解放闘争に身を投じる。1997年にレバノンで逮捕抑留され、3年の禁固刑ののち日本へ強制送還。2006年、日本赤軍メンバーの岡本公三をモデルにした『幽閉者テロリスト』を発表した。

______________________________________________________________________

『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生』
2012年12月1日より渋谷アップリンクにて
配給:アップリンク
公式HP:http://www.uplink.co.jp/bigawatashitachi/

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事