« ティム・バートン監督最新作『フランケンウィニー』で、声優を担当するハリセンボン直撃インタビュー!「自分のキャラとぴったり!」 | メイン | 米大統領選挙の興奮さめやらぬ中、スピルバーグ最新作『リンカーン』いよいよ全米公開!LAプレミア実施 »

2012年11月 9日 (金)

すべてのヒーローの頂点“スーパーマン”壮大なスケールで描かれる超大作『マン・オブ・スティール』3Dとなって世界を震撼させる!

マン・オブ・スティール

“スパイダーマン”“アベンジャーズ”“バットマン”・・・すべてのヒーローの原点にして頂点に君臨する“スーパーマン”を、シリーズ累計22億7000万ドルを突破し、世界的社会現象を巻き起こした『ダークナイト』のクリストファー・ノーランが製作、圧倒的なビジュアルセンスで全世界を魅了した『ウォッチメン』『300<スリーハンドレッド>』のザック・スナイダーが監督し、新たなスーパーマン誕生の物語を描く『マン・オブ・スティール』が、2013年に公開予定。この世界中が注目する2013年最大の注目作が、2DとIMAXに加え3Dでも公開されることが発表された。

____________________________________________________________

すべてのヒーローの原点“スーパーマン”、今作ではその74年の歴史を覆す全く新しいスーパーマン誕生の物語として描かれ、コスチュームを一新。従来の全身青色のタイツ姿から、アメフトのプロテクターのような立体的なビジュアルに。

トレードマークの【S】字のロゴもメリハリにあるデザインとなり、タイトルも従来とは異なり大幅なリニューアルとなっていた。そしてこの度の発表で、すべてが一新されたそのスーパーマンの姿が3Dでも上映されることが発表され、伝説のヒーローの誕生がより大迫力の映像となって登場する。

監督を務めるザック・スナイダーは、「今作は2D、3D、IMAXどのバージョンでもビジュアル的に素晴らしい経験になるはずだ。昔ながらの2D映画を好むファンを視野に入れながら、3Dが今日多くの人に受け入れられているということを踏まえ、我々は『マン・オブ・スティール』を彼らの期待にも応えられるようにデザインし撮影した。あくまでも我々は作品全体とストーリーが確かなものになることを第一に考え力を注いできた。3Dはそれらを更に楽しめる効果だと考えている」と、すべての映画ファンに向けて自信をのぞかせるコメントを発表している。

しかし注目はそれだけではない。『ダークナイト』『インセプション』で3D製作をしない方針を初期に発表するなど、今作で製作を担当するクリストファー・ノーランは、頑なに3D映画製作を拒み続けてきた。その鬼才がこの『マン・オブ・スティール』で自身初となる3D映画に挑む。

圧倒的ビジュアルセンスで人々を魅了するザック・スナイダーが撮るスタイリッシュで斬新な映像に、クリストファー・ノーランの深い人間描写と重厚なストーリー構成、そして3D公開に伴って圧倒的スケールと大迫力の映像となって誕生する本作。はたしてこの二人が描く伝説のスーパーヒーロー“スーパーマン”誕生の壮大な物語とはいったい?

全世界待望の『マン・オブ・スティール』の公開は2013年を予定している。

____________________________________________________________

『マン・オブ・スティール』
2013年公開予定
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel/
©2012 Warner Bros. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/30244313

すべてのヒーローの頂点“スーパーマン”壮大なスケールで描かれる超大作『マン・オブ・スティール』3Dとなって世界を震撼させる!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事