« 『三姉妹~雲南の子』2012年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門グランプリに続きナント三大陸映画祭で最高賞&観客賞ダブル受賞!2013年初夏 日本公開決定! | メイン | 『フラッシュバックメモリーズ3D』拡大公開! »

2012年11月29日 (木)

全世界待望の第1部『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア!13万人が熱狂!ニュージーランドが、「ホビット」一色に!!

■実施日:11月28日(水)
■場所:ニュージランド ウェリントン エンバシーシアター(レッドカーペットイベント会場)
■出席者:ピーター・ジャクソン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、アンディ・サーキス、イライジャ・ウッド、ヒューゴ・ウィーヴィング、ケイト・ブランシェット、ジェームズ・キャメロン 他

ホビット 思いがけない冒険

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を手掛け、アカデミー史上最多受賞を果たした巨匠ピーター・ジャクソン監督が放つ、新しい“指輪”の物語。世界中で1億人が読んだ、J.R.R.トールキンによる伝説の冒険小説作「ホビットの冒険」を完全映画化するエピック・ファンタジー・アドベンチャー超大作『ホビット』シリーズ。全世界待望の第1部『ホビット 思いがけない冒険』が、12月14日(金)日本を始め、全世界約67ヶ国にて同時公開を予定している。

ピーター・ジュクソン監督の出身地でもあり、『ホビット』シリーズの舞台である“中つ国”のロケ地ニュージーランドでは、政府観光局とタイアップし、様々なPRを行った。そして、その集大成でもあるワールド・プレミアを、本作の世界公開に先駆け、現地時間11月28日(水)にニュージーランドの首都ウェリントンにて開催した。

______________________________________________________________________

【『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア】
世界各国から約13万人のファンが訪れ、熱気に包まれたプレミア会場は『ホビット』一色に。プレミア会場となるエンバシーシアターから、リーディングシネマズに沿ってコートニープレイスに500メートルのレッドカーペットを敷いた。

更に、エンバシーシアターの正面に取り付けられたカウントダウン時計(プレミア式典の開始に合わせて、分刻みでカウントダウンする。)と、今回のプレミアには参加できないイアン・マッケラン演じる、灰色のガンダルフの像が、作品の世界観を強く醸し出していた。本作を待ち望んだ熱狂するファンたちは、キャラクターにコスプレするなど、会場はホビット一色に雰囲気になっていた。ゲストの一人には、『アバター』『タイタニック』のジェームズ・キャメロンの姿も。そして監督・キャスト陣が登場し、サイン・撮影に応じると会場は最大に盛り上がりを見せた。

同スタッフ&キャストは、12月1日(土)には東京・六本木で開催される “ジャパン・ホビット・フェスティバル”と題したイベントのためにも来日を予定している。


【主要スタッフ&キャスト/日本のファンに向けてのコメント】
■ピーター・ジャクソン(監督/脚本/製作):(『ロード・オブ・ザ・リング』より、成功すると思いますか?の問に)それは、ファンが決めることだからね。もうこの作品は、僕の手から離れたから何とも言えないよ。ファン次第だと思う。最新作『ホビット 思いがけない冒険』は、僕が日本に持っていくからね。楽しみにしてください! 日本の皆さんに気に入ってもらえると嬉しいな。

■マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ役):ハロー!日本の皆さん。今、とてもエキサイティングな気分だよ。僕が演じるビルボ・バギンズは、大好きなキャラクターだ。食べること、そしてリラックスすることが好きで、僕にとても合っていると思う。皆さん、『ホビット 思いがけない冒険』がいよいよ公開します! 東京が大好きなんだ。最新作を持って、皆さんの前に行くのがとても楽しみだよ!

■イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ役)※前シリーズから続投:(『ロード・オブ・ザ・リング』より、成功すると思いますか?の問に)この作品がどう受け入れられるかは、皆さんが決めることだよ。この作品は、最高の映画だと思うよ! またこの地ウェリントンに、再び戻ってこられてとても嬉しい。日本はとても大好きなので、今から向かうのが楽しみだよ。すぐ行くので、日本の皆さん待っていてね!

■アンディ・サーキス(ゴラム役)※前シリーズから続投:今回、第2ユニット監督を務めたけど、ここまでこぎ着けられて本当に嬉しいよ。24時間後には、日本に行くので、ファンの皆さん。待っててね!


映画史に永遠に輝き続ける傑作『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の巨匠ピーター・ジャクソン監督が、新たに贈る壮大なファンタジー超大作!
21世紀の幕開けと共に、数々の伝説を打ち立てた『ロード・オブ・ザ・リング』3部作。発行部数1億を超える、J.R.R.トールキンによる熱烈な崇拝者を持つ3部作の映画化として、サウロンの指輪を破壊するために旅立つ仲間たちの絆は全世界を夢中にさせ、深い感動で包んだ。そして、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』で、アカデミー賞史上最多となる、最優秀作品賞を含む11部門全て獲得という偉業を成し遂げたピーター・ジャクソン監督が、今度は『ロード・オブ・ザ・リング』で描かれた中つ国の60年前を舞台にした「ホビットの冒険」の完全映画化に挑む!

ホビット族のビルボ・バギンズは魔法使いガンダルフに誘われ、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴン“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を取り戻す危険な冒険に思いがけなく加わることとなる。彼らは、凶暴なアクマイヌ、そして謎の魔術師たちがうごめく危険な荒野や、ゴブリンが潜むトンネルを抜けていかねばならない。ビルボはそこで、彼の人生を変えてしまう生き物ゴラムと出会い、彼には知る由もない中つ国の運命を握る<指輪>を手に入れる。

イアン・マッケランが力強く心優しい魔法使いガンダルフとして戻ってくるほか、主人公ビルボ・バギンズをマーティン・フリーマン、ドワーフの指導者トーリン・オーケンシールドをリチャード・アーミティッジが演じる。また、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作から、不死の種族エルフの王妃ガラドリエルとしてケイト・ブランシェット、さけ谷の“さいごの憩”館の聡明なエルフ族の主人エルロンドとしてヒューゴ・ウィーヴィング、指輪に魅入られたゴラムとして、アンディ・サーキス、勇気溢れるホビットのフロドとしてイライジャ・ウッドらが再び登場。

撮影は最先端のカメラと音響技術を駆使してHRF 3D(ハイ・フレーム・レート3D)で撮影。ウェリントンのストーン・ストリート・スタジオを中心に、ニュージーランド周辺でロケを行い、今年7月上旬に226日に渡る撮影が終了。第1部『ホビット 思いがけない冒険』は12月14日(金)公開、第2部『ホビット スマウグの荒らし場』は2013年12月13日(金)公開、第3部『ホビット ゆきて帰りし物語』は2014年7月18日(金)に公開を予定している。

______________________________________________________________________

『ホビット 思いがけない冒険』
2012年12月14日より丸の内ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/
© 2012 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/30442197

全世界待望の第1部『ホビット 思いがけない冒険』ワールド・プレミア!13万人が熱狂!ニュージーランドが、「ホビット」一色に!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事