« 『希望の国』園子温監督×出演者勢ぞろい初日舞台「若松監督の遺志継いでいきたい」 | メイン | 『横道世之介』第25回東京国際映画祭、高良健吾、吉高由里子、伊藤歩、沖田修一監督、グリーンカーペット登場! »

2012年10月22日 (月)

第25回東京国際映画祭特別オープニング作品『JAPAN IN A DAY[ジャパン インア デイ]』監督他、約200人の共同監督たちが集結!舞台挨拶&グリーンカーペット実施

【公式上映舞台挨拶】
■実施日:10月20日(土)
■場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン2
■登壇者:フィリップ・マーティン監督、成田岳監督、早川敬之(プロデューサー)、共同監督(小泉徳宏、マイケル・ラーヴァン、相川博昭、相川泰冶、関根郁子)

【グリーンカーペット】
■実施日:10月20日(土)
■場所:六本木 けやき坂通り~六本木ヒルズアリーナ
■出席者:フィリップ・マーティン監督、成田岳監督、早川敬之(プロデューサー)、リザ・マーシャル(プロデューサー)、ジャック・アーバスノット(プロデューサー)、
共同監督200名

JAPAN IN A DAYジャパン インア デイ

“あの日”から丁度一年の2012年3月11日に世界中で撮影された映像を、リドリー・スコットの号令の元にYOUTUBEを通して集約し、1本の映画へと仕上げた『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』。この画期的なソーシャル・ネットワーク・ムービーが、10月20日より開催となった第25回東京国際映画祭の特別オープニング作品として公式上映された。今回の上映はワールドプレミアとして世界で初めて一般観客の目の前で披露され、フィリップ・マーティン監督、成田岳監督、早川敬之プロデューサー、さらに本作に映像を投稿した一般投稿者(共同監督)等が舞台挨拶を行うと共に、六本木ヒルズアリーナで行われたグリーンカーペットにも参加した。

____________________________________________________________

舞台挨拶に登壇したのは、フィリップ・マーティン監督、成田岳監督、早川敬之プロデューサー、一般投稿者(共同監督)の小泉徳宏、マイケル・ラーヴァン、相川博昭、相川泰冶、関根郁子。

マーティン監督は「投稿された数に圧倒されましたが、成田監督と楽しいと思えるポイントがすべて同じだと感じた」と、8000件も集まった投稿映像に関してコメント。

成田監督は「素材の声を大切にし、想いをそこなわずにまとめるのが大切だと考えました」と本作を作り上げるにあたって一番大切にしたことを語った。

早川プロデューサーは、「リドリー・スコットの『LIFE IN A DAY』が素晴らしかったので、3.11で同じつくりの映画ができないかとリドリーに手紙を出したのがきっかけです。リドリーからはすぐにやるべきだと返事がありました」と本作を企画するにあたっての経緯を語り、サプライズとしてリドリーからの手紙を読み上げた。「想像をはるかに超えるユニークで、感動的で、運命的な作品に仕上がりました。正直これほどまでに人々の心を結びつける力強い作品になるとは、うれしい誤算でした」と、本作に参加したすべての人たちへの感謝の気持ちと東京国際映画祭の特別オープニング作品として上映されることへの喜びを伝えた。

さらに、共同監督にはどういう思いで撮影したかというMCから問いに、『タイヨウのうた』など映画監督として活躍する小泉は、「多くの映画を作る人々が3.11で何をすべき分からなくなり、変わったという人が多い。しかし、自分は変わってはいけないと思いました。あえて凝った絵ではなく、僕の日常を撮ろうと思い、2月に生まれた子供を撮りました」と語った。

非常勤講師として日本の学校を転々としているマイケルは、「一致団結で苦労を乗り越えようとしている日本ずっといたいと思いました。祖国から離れた故郷だと思っています」と述べた。

福島に在住で、可愛らしい娘の姿を投稿した関根は、「3.11があって子供たちが外で遊べず笑顔が減りました。福島の子供たちが笑顔で健康に過ごせればと思って投稿しました」。

『LIFE IN A DAY』にも投稿・出演し、本作でも親子二人の微笑ましい姿を投稿している相川は、「3.11がテーマなので震災にまつわる投稿が多いと思い、私たちはまったく関係のない穏やかだけど普段とは少しだけ違う日常を撮れればと思い、投稿しました」とそれぞれの想いを語った。

真剣に舞台挨拶をする傍ら、まだ子供の相川泰冶はいたずら心を抑えられないようで自由に立ち回りながらも、始終観客に笑顔を振りまいている様子に会場は和やかなムードに包まれ終了した。


Jaid121022_02


さらに、グリーンカーペットでは、マーティン監督・成田監督・早川プロデューサー他のスタッフに加え、共同監督の皆様約200名が旗を振りながら笑顔で歩き、日本へのエールを送った。

____________________________________________________________

『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』
2012年11月3日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて
配給:ギャガ
公式HP:http://japan-in-a-day.gaga.ne.jp/
©2012 FUJI TELEVISION NETWORK,JAPAN IN A DAY FILMS LTD.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事