« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

「ニュー香港ノワール・フェス」予告解禁&「ドラゴン飯店」とタイアップキャンペーン決定!

ニュー香港ノワール・フェス

「3つの刺激・感/ニュー香港ノワール・フェス」と題して、香港映画最新のノワール・シネマ『強奪のトライアングル』『コンシェンス/裏切りの炎』『やがて哀しき復讐者』の3作品が新宿武蔵野館にて8月11日(土)より一挙公開される。本フェス開催を記念して「ドラゴン飯店」とタイアップキャンペーンを8月1日から9月15日まで展開することが決定した。

「ニュー香港ノワール・フェス」の予告編はこちら

続きを読む »

EXILE AKIRA主演!父と子の“絆”を描いたハートウォーミングムービー『ワーキング・ホリデー』11月17日公開決定!

ワーキング・ホリデー

第4回沖縄国際映画祭に出品された映画『ワーキング・ホリデー』が、11月17日より一般公開されることが決定した。現在ドラマ「GTO」に主演しているAKIRAが、本作では元ヤンキーでホストの主人公・沖田大和役を熱演!本作は『ちゃんと伝える』(監督 園子温/2009年公開)以来、2回目の主演映画作品となる。共演者の息子役には、子役として高い演技力を評価されている、林遼威、ドラマ「カーネーション」や『ヘルタースケルター』など話題作に出演し注目を集めている綾野剛、『携帯彼女+』(今夏公開)の主演を務めるなど、女優として成長を続けている逢沢りな、さらに、ゴリ(ガレッジセール)、ほんこんを始めとしたよしもと芸人も多数出演している。同名の原作小説(坂木司 著/文藝春秋 刊)を元にした、“笑って泣ける”心が温かくなる作品だ。

続きを読む »

映画『神弓-KAMIYUMI-』公開まであと1ヶ月!神弓美女による公開直前カウントダウンがスタート!

神弓-KAMIYUMI-

韓国で2011年NO1ヒットを記録した韓国初の“弓”アクション大作、映画『神弓-KAMIYUMI-』(原題:最終兵器 弓)。8月25日の公開までおよそ1ヶ月となったが、この度、『神弓-KAMIYUMI-』の公式Facebookにて「神弓美女」による公開1ヶ月前カウントダウンを開催することが決定した。

続きを読む »

NOVELSが約1年ぶりのシングル「アースダイバー」を発売!同時に『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』のオープニングテーマにも決定!!

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-

去年8月、大ヒットを記録したTVアニメ「TIGER & BUNNY」のオープニング・テーマとしてシングル「ミッシングリンク」にてメジャーデビューしたNOVELS。そのNOVELSが約1年ぶりにセカンドシングル「アースダイバー」を9月26日に発売する。また、本楽曲は、TVアニメ「TIGER & BUNNY」の劇場版である『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』のオープニングテーマにも決定している。

続きを読む »

大沢たかお×松島菜々子×藤原竜也共演!アクションサスペンス大作『藁の楯』最強キャストでいよいよ始動!!

藁の楯

「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」。全国民から命を狙われることになった“凶悪犯”をSPが1200km護送する。木内一裕の同名小説を実写映画化したアクション・サスペンス大作『藁の楯』が、2013年GWに全国公開されることが決定した。

殺人犯・清丸を護送する警視庁警備部SP・銘苅一基(めかりかずき)役を大沢たかおが、そのパートナーである白岩篤子(しらいわあつこ)役を松嶋菜々子が演じ、任務遂行のため“人間の屑”を護衛するその心の葛藤を描く。

さらに、出所してすぐに惨殺事件を起こす凶悪な殺人犯・清丸国秀(きよまるくにひで)役には、藤原竜也が扮し、本格派俳優が顔を揃える。

本作のメガホンをとるのは、奇才・三池崇史監督。

続きを読む »

2012年7月30日 (月)

興行ランキング 2012年7月28日~2012年7月29日

RankPre.作品名
1 1 『BRAVE HEARTS 海猿』
2 NEW 『ダークナイト ライジング』
3 NEW 『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-』
4 2 『おおかみこどもの雨と雪』
5 3 『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ』
6 NEW 『エイトレンジャー』
7 4 『ヘルタースケルター』
8 5 『メリダとおそろしの森』
9 6 『アメイジング・スパイダーマン』
10 8 『それいけ!アンパンマンよみがえれ バナナ島/リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル』
 『BRAVE HEARTS 海猿』(東宝)が3週連続首位を獲得し、累計成績は動員250万人、興収35億円を突破。

2位には、『ダークナイト ライジング』(ワーナー)が初登場。全国546スクリーンで公開され土日成績は動員26万9170人、興収3億7202万4700円。7月27日(金)に行なわれた先行上映分をあわせたオープニング3日間成績は動員33万1668人、興収4億5518万0800円となった。2005年の「バットマン ビギンズ」、2008年の「ダークナイト」に続く、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン3部作の完結編。舞台は前作「ダークナイト」から8年後。マスク姿の残虐なテロリスト・ベインの出現により、恐怖のどん底へと陥ったゴッサムシティを救うため、再びダークナイト(バットマン)が立ち上がる。主演のクリスチャン・ベールをはじめ、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンらが続投。さらに新キャストとしてアン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・ コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィットらが参加する。

続く3位には『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-』(東宝)がランクイン。1999年に週刊少年ジャンプで連載を開始し、ド派手な忍者バトルにより読者の心をつかみ2002年にテレビアニメ化、2004年に劇場映画化された「NARUTO ナルト」。劇場版第9弾となる本作では、テレビアニメ化10周年を記念し、原作者の岸本斉史が企画・ストーリー・キャラクターデザインを手掛ける。全国262スクリーンで公開され土日成績は動員25万4025人、興収3億0208万0500円をあげた。

4位の『おおかみこどもの雨と雪』(東宝)は累計興収10億円を突破。5位の『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ』(東宝)も動員150万人、興収15億円を突破した。

6位は『エイトレンジャー』(東宝)。今年デビュー8周年を迎える「関ジャニ∞」が、コンサートで上演してきた人気戦隊キャラクターを、「20世紀少年」などの堤幸彦監督がメガホンをとり映画化した新感覚ヒーローエンタテインメント。最悪なシナリオを辿った日本の近未来都市を舞台に、平和と未来を取り戻すべく立ち上がった7人のヒーローの姿を描く。主演の関ジャニ∞をはじめ、舘ひろし、東山紀之、ベッキー、蓮佛美沙子、竹中直人らが共演する。全国155スクリーンで公開され、土日成績は動員12万2160人、興収1億5783万6200円をあげた。


カンヌが、ベルリンが、ベネチアが認めた才能の数々世界の傑作を上映する第2弾『三大映画祭週間2012』トークショー開催決定!!

三大映画祭週間2012

カンヌ映画祭、ベルリン映画祭、ベネチア映画祭と、世界最高峰の映画祭(三大映画祭)から選びぬかれた日本未公開の選りすぐりの映画を集め、一挙公開した『三大映画祭週間2011』(2011年8月13日/ヒューマントラストシネマ渋谷)は多くの映画ファンの賛同を得て、大好評のうちに終了。多くの人々が未知なるミニシアター作品の傑作に期待し、劇場に足を運んだ。そして、第2弾を熱望する声に答え、ついに『三大映画祭週間2012』の開催が決定!いよいよ8月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開される。さらに、2週連続のトークショーが決定した! 

続きを読む »

レオナルド・ディカプリオ×バズ・ラーマン監督 2013年、遂に美しいディカプリオが帰ってくる!『華麗なるギャツビー』予告編解禁!

華麗なるギャツビー

1997年に公開された『ロミオ+ジュリエット』のレオナルド・ディカプリオとバズ・ラーマン監督が再びタッグを組んだ『華麗なるギャツビー』の公開が、2013年2月に決定した。レオナルド・ディカプリオが歴史的大作『タイタニック』以来15年振りに恋愛映画に主演した本作の最新予告編が完成した。

『華麗なるギャツビー』予告編はコチラ

続きを読む »

橋本愛が、自身の部活体験を語る“部活トークショー”ユニフォーム姿の中高生100人と

■実施日:7月29日(日)
■場所:シネマート六本木
■登壇者:橋本愛

桐島、部活やるってよ

初の平成生まれの直木賞候補作家と注目を集めた朝井リョウのデビュー作で、第22回小説すばる新人賞受を受賞した同名小説を、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が瑞々しく映画化した『桐島、部活やめるってよ』。登場人物それぞれが、高校生活の中で、バレー部・映画部・バドミントン画化部・吹奏楽部、野球部・・・といった“部活”を通じての奮闘や悩みなどを誠実に描いた、同世代だけでなく“かつての高校生”たちの共感を誘う青春映画。8月11日からの公開を記念して、本作の重要な要素のひとつである“部活”をテーマに、ヒロインを演じた橋本愛がトークショーを行った。橋本愛は、中学生時代、忙しい女優業のかたわら実際にバドミントン部として活動し、劇中でもその経験をいかんなく発揮。部活を頑張る同世代の現役中高生を代表して、夏休みにふさわしいフレッシュな“部活トーク”を繰り広げた。当日の会場には、橋本愛と同世代の現役中高生が勢ぞろい。チアリーダー部、エプロン姿のクッキング部、サイクリング部、バレー部といった実際の部活動のユニフォームを着て来場し、映画さながらの瑞々しさ溢れるフォトセッションを行った。

続きを読む »

『こっぴどい猫』初日舞台挨拶

■実施日:7月28日(土)
■場所:新宿K’s cinema
■登壇者:モト冬樹の他、小宮一葉、内村遥、三浦英、小石川祐子、平井正吾、後藤ユウミ、今泉力哉監督

こっぴどい猫

妻に先立たれ子供は独立、今は一切小説を書いておらず悠々自適に生活する作家が、ひょんなことから娘ほども歳の離れた女性と出会ったことで巻き起こる悲喜劇を描いた『こっぴどい猫』。歌手、タレント、俳優など様々な分野で活躍する国民的スター・モト冬樹の生誕60周年を記念した本作のの初日舞台挨拶が、7月28日、新宿K’s cinemaにて行われた。登壇したのは主演のモト冬樹の他、小宮一葉、内村遥、三浦英、小石川祐子、平井正吾、後藤ユウミらのキャストと、今泉力哉監督の8人。

写真:後方左より小石川祐子、三浦英、小宮一葉、内村遥、後藤ユウミ、平井正吾、今泉力哉監督/前方中央 モト冬樹

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事