« 映画『第4の革命-エネルギー・デモクラシー』12/17(土) トークイベントレポート | メイン | 山内ケンジ第一回監督作品『ミツコ感覚』12月17日 初日舞台挨拶 »

2011年12月20日 (火)

ロンドンブーツ1号2号 田村亮 スピードワゴン 井戸田潤『リアル・スティール』“親子の絆”トークバトル炸裂!?

■実施日:12月19日(月)
■会場:シネマメディアージュ スクリーン5 
■ゲスト:田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、井戸田潤(スピードワゴン)
■司会:千野志麻

ロンドンブーツ1号2号 田村亮 スピードワゴン 井戸田潤『リアル・スティール』“親子の絆”トークバトル炸裂!?

2020年、ロボット・ボクシングを通して心を通わせていく父と息子、少年とロボットの物語を描いた感動作『リアル・スティール』。12月9日より公開されている本作のトークイベントが、お台場シネマメディアージュで開催され、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、スピードワゴンの井戸田潤が「親子の絆」について語った。「父の愛が、運命を変える。」「息子の願いが、奇跡を起こす。」と同じ父親としての立場から、二人が親子の絆について熱いトークを繰り広げた。

------------------------------------------------------------

<<イベント内容>>
お正月映画の中で唯一の泣ける感動大作として絶賛公開中の『リアル・スティール』。ロボット格闘技の世界を舞台に、人生に挫折した男の再起のドラマと、父と息子とのかけがえのない絆が描かれた本作のトークイベントに、自身も父親であるロンドンブーツ1号2号の田村亮と、スピードワゴンの井戸田潤が登場し、親子の絆トークバトルを行った。

映画本編終了後、実は観客と一緒に映画を観ていた二人が、客席から立ち上がると、観客から驚きの声と共に、会場を覆い尽くさんばかりの拍手が湧き起り二人を迎えた。

田村は、「正直なめてました。まさかこれほど感動するとは!このこの映画は子供と見たかったです。日本人としては、劇中のロボットに漢字が使われているシーンがあってよかったです」、井戸田は「びっくりするくらいのストーリーと映像でした!ロボットの動きが凄すぎて、近い将来本当にこんなロボットが出てくるんじゃないかと思いました!子供が日本語でしゃべるシーンもあって親近感がわきました」と今観た興奮冷めやらんばかりのハイテンションで映画の感想をコメント。


ロンドンブーツ1号2号 田村亮 スピードワゴン 井戸田潤『リアル・スティール』“親子の絆”トークバトル炸裂!?


さらに、田村は「子どもにまっすぐな目でお願いされると、つい言うことを聞きたくなるが、子供のためを思うと断らないといけないこともある。僕も映画のように子供と接することができれば、と思いました。男の子がいる人はたまらないと思います。子供が父親を見る気持ちがすごく分かりました」、井戸田は「僕の子供は女の子ですが、映画と同じで、一生懸命僕のために頑張っている姿などはぐっときます。今は子供と離れている部分があるが、とても会いたくなりました。チケットを買って子供に贈ろうとおもいます!」など、自身と重ね合わせて“親子の絆”について語ると、子供を持つ父親の言葉として共感したのか、しきりにうなずく観客も多く見られた。

そして、田村は「子供が初めて『お父さん』というシーンは泣けました!」、井戸田は「子供が最後の敵に挑戦状をたたきつけるところがぐっときました。あとは、父親に『僕のために闘って!』というセリフの部分などずっと泣いてました」など二人のトークもヒートアップし、会場は笑い声や共感の声に包まれた。

また、観客からは、田村、井戸田と共に映画を観たことで感動を共有した“一体感”のような雰囲気も感じ取れ、大いに盛り上がったトークイベントとなった。

------------------------------------------------------------
リアル・スティール『リアル・スティール』
2011年12月9日より全国にて
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト:http://disney-studio.jp/movies/realsteel/
©DreamWorks II Distribution Co. LLC

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27629973

ロンドンブーツ1号2号 田村亮 スピードワゴン 井戸田潤『リアル・スティール』“親子の絆”トークバトル炸裂!?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事