« 『マリリン 7日間の恋』第69回ゴールデン・グローブ賞 ミュージカル/コメディ部門 作品賞・主演女優賞・助演男優賞ノミネート | メイン | 『アーティスト』第69回ゴールデン・グローブ賞 最多6部門ノミネート »

2011年12月16日 (金)

『ファミリー・ツリー』第69回ゴールデン・グローブ賞主要5部門ノミネート G・クルーニーは今回個人最多4部門ノミネート

『ファミリー・ツリー』第69回ゴールデン・グローブ賞主要5部門ノミネート G・クルーニーは今回個人最多4部門ノミネート

2012年4月GWの日本公開が決まったジョージ・クルーニー主演、アレクサンダー・ペイン監督作品『ファミリー・ツリー』が、アカデミー賞を占う上で最も重要な賞である第69回ゴールデン・グローブ賞/ドラマ部門において、作品賞、監督賞、主演男優賞(ジョージ・クルーニー)、助演女優賞(シャイリーン・ウッドリー)、脚本賞の5部門にノミネートされた。

賞レースが始まる前から最有力候補としてアカデミー賞主演男優賞への期待がかかっているジョージ・クルーニーが、盤石の強さでノミネート。監督作も含めて最多4部門のノミネートという、まさにジョージ・クルーニー・イヤーを予感させる滑り出し、ほかの主要部門においても、『ファミリー・ツリー』の作品評価の高さを裏付ける予想通りのノミネート結果となった。


『ファミリー・ツリー』ストーリー
オアフ島で美しい妻と二人の娘、多くの親類に囲まれて順調な人生をおくるマット・キングは、突然悲劇に見舞われる。ボートの事故で、最愛の妻エリザベスがこん睡状態に陥ってしまったのだ。さらに、妻には恋人がいて離婚を考えていたことまでが発覚する。友人だけでなく、長女までがその事実を知っていたことに愕然としたマットは、否応なしに自分の家族と人生をもう一度見つめ直し、向き合うことになる。

______________________________________________________________________

『ファミリー・ツリー』
2012年4月GWTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画

©2011 Twentieth Century Fox

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27610315

『ファミリー・ツリー』第69回ゴールデン・グローブ賞主要5部門ノミネート G・クルーニーは今回個人最多4部門ノミネートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事