« 映画『幕末太陽傳 デジタル修復版』公開記念 立川談幸師匠による“居残り佐平次” | メイン | テキトー男!?高田純次が気休め部長に就任!!映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』 »

2011年12月12日 (月)

仲間由紀恵の少女時代を演じた、ブレイク必至の沖縄美少女・田崎アヤカ登壇!『劇場版テンペスト3D』沖縄特別試写会

■日時:12月8日(木)
■場所:沖縄県那覇市おもろまちのシネマQ
■登壇者:吉村芳之監督、田崎アヤカ、角川歴彦(角川ホールディングス取締役会長 本作の企画)

仲間由紀恵の少女時代を演じた、ブレイク必至の沖縄美少女・田崎アヤカ登壇!『劇場版テンペスト3D』沖縄特別試写会

多くの作家が絶賛し、瞬く間に読者の心を捉えた「テンペスト」(角川書店刊行)が舞台化、NHK BS時代劇でのドラマ化を経て、沖縄返還40周年を迎える2012年、ついに『劇場版テンペスト3D』として大スクリーンに登場。2012年1月28日(土)からの公開に先立ち、本作の舞台となった沖縄で特別試写会が開催され、角川歴彦・角川ホールディングス取締役会長、吉村芳之監督、真鶴(仲間由紀恵)の少女時代を演じた田崎アヤカさんが登壇し、熱い想いを語った。

------------------------------------------------------------

角川歴彦会長の挨拶後、吉村監督が3月11日の東日本大震災について触れ、さらに、ヒガリノや二階堂ふみと同じく「沖縄美少女図鑑 」出身で、沖縄発の大型新人女優として期待される田崎アヤカは、「第2の仲間由紀恵さんになれるように」という監督のコメントに対し「がんばります!!」と笑顔で応えた。また、上映後にはオバァ役の沖縄女優、平良とみからも絶賛のコメントが寄せられた。


【舞台挨拶コメント】

■吉村芳之監督:僕は大学1年生の夏休みに沖縄に来て以来、完全にハマり何度も来ています。「テンペスト」という素晴らしい原作をいただき、思いきり、明るく楽しくドラマに挑戦できました。

3月11日の大震災の日には、こういう時だからこそこの作品が必要なんじゃないかと、現場の人間たちは力を尽くしました。僕が大河ドラマ「琉球の風」の演出をやったとき、副題に“ドラゴンスピリット”という名前をつけたんです。琉球文化の心、精神が、龍のように強いという意味でつけたのですが、本作で3Dがいちばん効果的なのは、その龍が飛び出してくるところです。

今、本当に元気をなくしている日本を元気にしていただきたい。琉球のみなさんに元気にしていただきたい、という僕らの心がこもっていると思ってください。

来年は辰年で言わば琉球の歳です!南から北のみなさんを応援していただきたいと思っております。


■田崎アヤカ:自分の育った沖縄が舞台の素晴らしい作品に出演できたことを、すごくうれしく思っております。

仲間由紀恵さんとは、衣装合わせの時に会って、すごく優しい雰囲気で、丁寧に話しかけてくれました。そのあとのリハーサルでは、仲間さんの少女時代をどのように演じたらよいかと、仲間さんの演技をずっと見ていました。とても尊敬している日本を代表する女優さんのそばで演技ができて、とても良い体験でした。

実写映画の3Dは初体験だったのですが、何よりも驚いたのが“龍”が出てくる部分と“光”の部分です。龍のシーンは飛び出してくる龍を思わずつかみそうになりました(笑)。映像がきれいで、ストーリーの面白さでも引き込まれる、いろいろな面で楽しめる映画です。


【試写後の感想コメント】

■平良とみ:いろいろ映画がある中で、この作品は沖縄人のしたたかさが出ている映画だと思います。こうした作品に出演できると、役者をしていてよかったなと思います。3DだとTVドラマのときとは、また違った迫力がありすごいですね。
龍が私のところに本当に迫ってくる感じ。私は辰年の年女ですし、辰年の2012年にこの映画が公開になることも楽しみです。

------------------------------------------------------------
劇場版テンペスト3D『劇場版テンペスト3D』
2012年1月14日(土)沖縄先行ロードショー
2012年1月28日(土)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー      
配給:角川映画
公式サイト:http://tempest-3d.jp/
©2011「劇場版テンペスト3D」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27590165

仲間由紀恵の少女時代を演じた、ブレイク必至の沖縄美少女・田崎アヤカ登壇!『劇場版テンペスト3D』沖縄特別試写会を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事