« 「英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION vol.2」発売記念イベント開催&劇場上映決定!アフレコ収録感想コメントが到着! | メイン | 興行ランキング 2011年12月10日~12月11日 »

2011年12月12日 (月)

世紀のディズニー・スペクタクル巨編がヴェールを脱ぐ!!2012年注目度NO.1俳優テイラー・キッチュに絶賛の嵐!!『ジョン・カーター』フッテージ特別上映会&ミニ記者会見

■実施日:12月12日(月) 
■会場:新宿ピカデリー スクリーン3
■ゲスト:ジム・モリス(プロデューサー)、テイラー・キッチュ(ジョン・カーター役)

世紀のディズニー・スペクタクル巨編がヴェールを脱ぐ!!2012年注目度NO.1俳優テイラー・キッチュに絶賛の嵐!!『ジョン・カーター』フッテージ特別上映会&ミニ記者会見<br />

『スター・ウォーズ』『アバター』に影響を与えた伝説的小説「火星のプリンセス」を完全映画化!ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念作品として公開される、世紀のディズニー・スペクタル巨編『ジョン・カーター』が、12月12日(月)、ついにそのヴェールを脱いだ。

歴史的1ページになることは間違いない話題作の映像が、プロデューサー自らの解説によって初めてお披露目されるということで、会場の新宿ピカデリーには、朝早くから200人を超えるマスコミ関係者が集まった。

最新映像の上映とプロデューサーのジム・モリスによる映像解説が行われ、一部とはいえその壮大な世界観に絶賛の声が上がった。そして、本上映会のため初来日を果たした主演のテイラー・キッチュがプロデューサーからの紹介により登場し、ミニ記者会見が行われた。

テイラー・キッチュは、2012年は本作を含む3本の大作に出演する期待度ナンバー1俳優として、マスコミの注目度も高く、披露された映像以上の凛々しい姿に、会場の女性陣からはため息が漏れる一幕も。また、初来日ということもあり緊張していたようにも見えたが、ジムと共に日本のマスコミからの質問に丁寧に答え、本作の撮影秘話や大作を任されたプレッシャーなどについて熱く語った。

------------------------------------------------------------

■ジム・モリス:「100年前の作品を映画化するにあたり、本作は人間とバルスーム人、人間と犬、人間とプリンセスの友情と愛情描いており、今まで多くの作家や映画監督に影響を与えてきました。そのため、キャラクター設定やイメージなどには時間をかけて作り上げてきたつもりです。特に観客が感情移入できる魅力あふれる主人公を選ぶのには、大変苦労しました。そういう意味では、テイラーはルックス、瞳の奥に魅力を感じた。彼自身がカーターの気持ちをよく理解し、カーターの心情を繊細に演じることができるすぐれた俳優だったので多くの人に共感を与えられるのではないかと思っています。」


ジム・モリス


■テイラー・キッチュ:「ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念して製作された本作の主役に大抜擢され、良い意味でプレッシャーを感じてはいるが、とても名誉に感じ、反対に歴史ある作品に関われたことを大変うれしく思っています。まず撮影に向け6か月かけて体を作り上げ、7か月かけて撮影をおこない、ほとんどのスタントシーンも自分自身で演じました。特に大白猿の撮影では週5~6日かけて打ちのめされるシーンの撮影でとても大変だったんです。また、デフォー演じるサーク族が、CG処理用にグレーのパジャマのようなものを着ていたのがうらやましくて、僕からアンドリュー監督に、僕もあれを着て後でCG処理で筋肉にしてもらえない?と頼んだこともあったんです(笑)」


ティラー・キッチュ

------------------------------------------------------------
『ジョン・カーター』
2012年4月13日(金)より全国にて2D・3D同時公開
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事