« 日本の常識は世界の非常識?!『地球にやさしい生活』丹羽順子×ペオ・エクベリトークショー | メイン | 被災地・石巻が舞台の映画『エクレール・お菓子放浪記』中国最大の映画祭で、主演男優賞受賞 »

2011年10月24日 (月)

『WAYA!~宇宙一のおせっかい大作戦~』井戸田潤(スピードワゴン)オフィシャルインタビュー

『WAYA!~宇宙一のおせっかい大作戦~』井戸田潤(スピードワゴン)オフィシャルインタビュー

舞台は駅と名古屋城を結ぶ、円頓寺商店街。往時の名残りを漂わせながらも、今ではシャッターが下りたままの店もちらほら。そんな中、この街の未来を想う地元有志たちが商店街を盛り上げようと映画製作を決意。その情熱で芝居小屋の廃材集めから炊き出しまで、スタッフに交って汗を流した。この街を愛する人たちの手から生まれた、リアル商店街ムービー『WAYA!~宇宙一のおせっかい大作戦~』が、10月22日から名古屋にて先行上映され、10月29日から全国にて公開となる。本作で主演を勤めた井戸田潤(スピードワゴン)インタビュー。

映画では初主演ですが、いかがでしたか?

■井戸田潤:プレッシャーはありましたが、映画の主演は初めてだったので嬉しかったですね。僕は愛知県出身なので名古屋を舞台にした作品というのは非常に縁のあることだなと。名古屋での撮影が楽しみになりましたね。

名古屋での撮影はいかがでしたか?撮影中のエピソードを教えてください。

■井戸田潤:オール名古屋ロケでした。撮影をしたのが年末年始だったので、年越しをみんなで過ごしました。みんなで紅白見て、年越しにシャンパンを開けてお祝いして。そんなことなかなかないですからね。さらには、水野さんが手作りの占いまで作ってきてくれて、みんなで引いて盛り上がりました。楽しかったですね。
今回の撮影は、特に個人の楽屋などは無くてみんな一緒の場所にずっと居たんですよ。一軒家みたいなところなんですけど。控え室で待っているときも映画の中のそれぞれの役と一緒の感じだったのでほんとうに商店街のみんなといる感覚でしたよ(笑)。

劇中の勘太郎は、芸人としての井戸田さんに非常に近いように感じました。古波津監督から何か演技指導のようなものはありましたか?

■井戸田潤:古波津監督からは、「勘太郎はワクワクしてピュアな人なので、(井戸田さんの)邪悪な部分を消してください。」と言われました。勘太郎はワクワクして楽しいはずなのに、僕の顔は悪だくみしているように見えるみたいです(笑)。出来上がりを見たら僕のダークな部分が抜けていたので、監督のおかげだなと思いましたね。

商店街が舞台の作品ですが、実際に商店街に行かれますか?

■井戸田潤:行きますよ!今でも夕飯を買いに行ったりしますよ。実は、東京へ来た後25歳くらいから商店街でバイトをしていたんですよ。なので、商店街には親しみもありますし、商店街ならではの温かみもわかるのでこの作品の雰囲気がすごく理解できました。若手でテレビには深夜番組くらいしかでていなかった頃に、一回だけ大勢の若手芸人と一緒にゴールデンの番組に出たときがあって、その番組で僕のコメントが放送されたんですよ。それをきっかけに商店街のみなさんが声をかけてくれるようになったんですよ。頑張ってるねーとかね。嬉しかったですね。中には、面白くなかったよ、って言ってくれる人もいましたけどね(笑)。

作品の中では、井戸田さん演じる勘太郎はお世話になったシゲさん(矢崎滋さん)にサプライズをするため奔走しますが、実際に井戸田さんが誰かの為にサプライズをされたことはありますか?

■井戸田潤:そうですね、相方(小沢さん)にですかね~、若い時ですけどね。芸人になろうと思って僕は先に東京に来ていたんですけど、名古屋にいる小沢さんに東京に来いよ、ってずっと誘っていたんですよ。でも腰が重いのでなかなか来ない。だからトラック借りて名古屋まで迎えに行っちゃいました。相方の家財道具全部積んで東京戻ってね。そのあとしばらくは僕の家に一緒に住んでましたからね。

一番印象に残っているシーンはどこですか?

■井戸田潤:一番印象に残っているところは、水野さんとのシーンですね。水野さんが演じる冴子に勘太郎が告白するシーンがあるんですけど、そこだけ他の場面と勘太郎のトーンが違うんですよ。基本的には勘太郎は元気で明るいので、この場面のシリアスなトーンにドキドキしちゃいましたね。水野さん綺麗でしたしね!

芸人としてカメラの前に立つことと、役者としてカメラの前に立つことの違いはありますか?

■井戸田潤:単純にカメラ目線がないっていうのが大きな違いですね。気持ちも全然違いますよ。役者はやることが細かく決まっているので、コントや漫才などどは違いますよね。

今後は、どういった役に挑戦されたいですか?

■井戸田潤:悪役をやりたいですね。例えば、陰湿な役とか。裏でものすごく文句言っている人とか、そういった陰湿な悪い人の役は面白そうですよね(笑)。

この作品をどんな方にみていただきたいですか?

■井戸田潤:みんなに見てほしいですね。なんたってSKE48の二人がでてますから!世代を問わずに見られる作品だと思いますので、みんなに見てほしいです。

最後にメッセージをお願いします。

■井戸田潤:この映画は、懐かしさや普段忘れがちな気持ちを思い出させてくれる、とても温かみのある作品です。人づき合いって面倒くさいけど、無いと寂しいじゃないですか。そんな思いに気付かせてくれる映画なので構えずに、家族や親しい人と是非劇場で見ていただきたいです!

______________________________________________________________________

『WAYA!~宇宙一のおせっかい大作戦~』
2011年10月22日より 名古屋先行上映 10月29日より全国にて
配給:ゴー・シネマ
公式HP:http://www.nagom.jp/

©WAYA! LLP

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27329689

『WAYA!~宇宙一のおせっかい大作戦~』井戸田潤(スピードワゴン)オフィシャルインタビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事