« 故郷に錦!出身地・八尾で凱旋舞台挨拶!『一命』三池崇史監督with青木崇高 舞台挨拶&スペシャルトークショー | メイン | 『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』沖縄先行公開で超大ヒット!沖縄での日本映画歴代動員記録を樹立!! »

2011年10月31日 (月)

第24回東京国際映画祭クロージングセレモニー

■実施日:10月30日(日)
■会場:TOHO シネマズ六本木ヒルズ 

第24回東京国際映画祭クロージングセレモニー

10月22日(土)から十日間に渡って開催された第24回東京国際映画祭が10月30日(日)に閉幕し、クロージングセレモニーが行われ、東京 サクラ グランプリを始めとする各賞の受賞作品と受賞者が発表された。コンペティションの最高賞にあたる東京 サクラ グランプリには、事故で首から下が完全に麻痺してしまった富豪と、介護役に抜擢された黒人青年との、実話に基づく交流を映画化した『最強のふたり』が受賞した。役所広司と小栗旬が共演した『キツツキと雨』は、審査員特別賞に輝いた。その他、最優秀女優賞にグレン・クローズ (『アルバート・ノッブス』)が選ばれた。

【受賞作品、受賞者一覧】

■コンペティション
東京 サクラ グランプリ 『最強のふたり』 (監督: エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ)
審査員特別賞 『キツツキと雨』 (監督: 沖田修一)
最優秀監督賞 リューベン・オストルンド (『プレイ』)
最優秀女優賞 グレン・クローズ (『アルバート・ノッブス』)
最優秀男優賞 フランソワ・クリュゼ、 オマール・シー (『最強のふたり』)
優秀芸術貢献賞 『転山』 (監督: ドゥ・ジャーイー)『デタッチメント』 (監督: トニー・ケイ)
観客賞 『ガザを飛ぶブタ』 (監督: シルヴァン・エスティバル)


【TOYOTA Earth Grand Prix】
TOYOTA Earth Grand Prix 『鏡は嘘をつかない』 (監督: カミーラ・アンディニ)
審査員特別賞 『ハッピー・ピープル タイガで暮らす一年』(監督: ヴェルナー・ヘルツォーク/ドミトリー・ワシュコフ)

【アジアの風】
最優秀アジア映画賞 『クリスマス・イブ』 (監督: ジェフリー・ジェトゥリアン)
アジア映画賞スペシャル・メンション 『鏡は嘘をつかない』 (監督: カミーラ・アンディニ)
『TATSUMI』(監督: エリック・クー)
『ラジニカーントのロボット(仮)』 (監督: S・シャンカール)


【日本映画・ある視点】
作品賞 『ももいろそらを』 (監督: 小林啓一)


【コンペティション審査委員長のエドワード・R・プレスマン コメント】
今年は、選考委員会が良い仕事をして素晴らしい作品ばかりで、審査委員の仕事は大変難しいものとなりました。審査委員のメンバーとはかなり議論を重ねてきましたが、友情も築けたと思います。映画は、その時代を象徴する聖堂です。たくさん集まった良い作品の中で、その傾向として、移民問題をテーマとして扱っているものが目立ちました。異なる文化や階級のぶつかり合い、そういった混沌とした世界を表現している作品が多くありました。東京さくらグランプリの『最強の二人』は、性格の異なる二人がぶつかり合い、友情を深めて行くという物語です。技術と芸術性に長けた作品です。


また、審査委員キース・カサンダーは、特に審査員特別賞と東京サクラグランプリの受賞作品について、「候補にあがった2作品は甲乙つけがたく、悩みに悩んで決定しました」とコメント。

東京さくらグランプリに輝いた『最強のふたり』のエリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュからのヴォイスメッセージが紹介された。

エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ監督:東京の友人の皆さん、素晴らしいニュースが届きました。私たちの映画にグランプリが与えられると!映画が、感情やユーモアなど、世界共通の価値観を伝達してくれるものであることを改めて実感しています。この信じられないような本当の物語を選んでくださってありがとうございます。二日後にフランスで公開になります。そして近日の日本公開にあわせて日本を訪れることを約束します!すごくハッピーです。Thank you, thank you, thank you, Tokyo!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27370621

第24回東京国際映画祭クロージングセレモニーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事