« ジャッキー・チェン、遂に日本上陸!中川翔子大感激!!『1911』来日記者会見 | メイン | 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』公開記念!地鉄電車サンクスデーイベントに中尾明慶が参加! »

2011年10月24日 (月)

『1911』東京国際映画祭特別オープニング上映&グリーンカーペット&オープニングセレモニー

【舞台挨拶付き特別オープニング上映】
■実施日:10月22日(土)
■会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ(スクリーン2)
■登壇者:ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子

『1911』東京国際映画祭特別オープニング上映&グリーンカーペット&オープニングセレモニー

11月5日公開の映画『1911』
のプロモーションで10月21日(金)に来日したジャッキー・チェンが、第24回東京国際映画祭の特別オープニング上映の前に、日本語吹替版のキャストで、ジャッキー・チェン演じる黄興の妻、徐宗漢の声を演じた江角マキコと、黄興が信頼をおく若き革命家林覚民の妻、陳意映(ちんいえい)の声を演じた中川翔子に挟まれて登壇。ジャッキーはグレーと濃紺のマオカラースーツ、江角は深紫の着物、中川翔子は白いドレスに身を包み、満席の劇場に登場した。ジャッキー・チェンが現れるやいなや会場は、大きな拍手と「ジャッキー!」という声でいっきに熱があがり舞台挨拶が始まった。

------------------------------------------------------------

【特別オープニング上映舞台挨拶】
■ジャッキー・チェン:「みなさん、こんにちは」(日本語)。新作映画の製作中だったので、あまり時間がなかったけど、どうしても日本に来たかった。震災の後で初めて開催された映画祭ですから是非参加したかった。今回日本に来れて本当によかったです。

■江角マキコ:45分くらい前に初めてジャッキーとお会いしました。もう会った瞬間緊張してしまい・・・本当に感動しました!ジャッキーが演じた黄興の妻を演じて、光栄ですし、声をおかけ頂きまして本当にうれしかったです。未来に対する愛がこめられている作品です。(ジャッキーの)ファンとしてこれからも見守りたいです。

■中川翔子:昨日は記者会見で100本のバラをプレゼントさせていただいたり、今はまたジャッキーの横にいて、酸素を吸い込むたびに魂が抜けていく感じです。中川家、先祖代々の霊が今まさに酔拳の型をやっています。こんなに嬉しい事はないです。この地球上の、宇宙の、実在するヒーローであるジャッキーの100作がうまれた瞬間に立ち得て本当に幸せの極みです!

■ジャッキー・チェン:皆さんの応援に感謝しております。たくさんのエネルギーを僕に与えてくれました。今までも皆様の応援で映画の制作を頑張ってきました。今後も期待にこたえて映画を作ります。YOU FOR ME!I FOR YOU!!(英語で)


【グリーンカーペット】
■実施日:10月22日(土)
■会場 :六本木ヒルズけやき坂~アリーナステージ
■登壇者:ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子

特別オープニング上映終了後、ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子は六本木のけやき坂に敷かれたグリーンカーペットを闊歩。終始笑顔でファンのサインや握手に答え、約20分間ほどかけて歩いた。六本木ヒルズの屋外スペースに設置されたアリーナステージに集まった多くのマスコミ、ファンの前に3人は笑顔で登壇。挨拶をした。


------------------------------------------------------------</p>

<p><b>【特別オープニング上映舞台挨拶】</b><br />
<b>■ジャッキー・チェン</b>:「みなさん、こんにちは」(日本語)。新作映画の製作中だったので、あまり時間がなかったけど、どうしても日本に来たかった。震災の後で初めて開催された映画祭ですから是非参加したかった。今回日本に来れて本当によかったです。</p>

<p><b>■江角マキコ</b>:45分くらい前に初めてジャッキーとお会いしました。もう会った瞬間緊張してしまい・・・本当に感動しました!ジャッキーが演じた黄興の妻を演じて、光栄ですし、声をおかけ頂きまして本当にうれしかったです。未来に対する愛がこめられている作品です。(ジャッキーの)ファンとしてこれからも見守りたいです。</p>

<p><b>■中川翔子</b>:昨日は記者会見で100本のバラをプレゼントさせていただいたり、今はまたジャッキーの横にいて、酸素を吸い込むたびに魂が抜けていく感じです。中川家、先祖代々の霊が今まさに酔拳の型をやっています。こんなに嬉しい事はないです。この地球上の、宇宙の、実在するヒーローであるジャッキーの100作がうまれた瞬間に立ち得て本当に幸せの極みです!</p>

<p><b>■ジャッキー・チェン</b>:皆さんの応援に感謝しております。たくさんのエネルギーを僕に与えてくれました。今までも皆様の応援で映画の制作を頑張ってきました。今後も期待にこたえて映画を作ります。YOU FOR ME!I FOR YOU!!(英語で)</p>

<p><br />
<b>【グリーンカーペット】</b><br />
■実施日:10月22日(土)<br />
■会場 :六本木ヒルズけやき坂~アリーナステージ<br />
■登壇者:ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子</p>

<p>特別オープニング上映終了後、ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子は六本木のけやき坂に敷かれたグリーンカーペットを闊歩。終始笑顔でファンのサインや握手に答え、約20分間ほどかけて歩いた。六本木ヒルズの屋外スペースに設置されたアリーナステージに集まった多くのマスコミ、ファンの前に3人は笑顔で登壇。挨拶をした。<br />
<br><br />
<img alt=

■ジャッキー:『1911』は僕にとって本当に大切な映画です。出演100作品目の記念作品であり、辛亥革命の100周年に公開した映画です。この革命がなければ今の中国はないし、ここに僕がいることもありません。今回日本にきて一番嬉しかったのは、日本の皆さんの笑顔を見れた事です。本当に特別な日になりました。

■ジャッキー:(江角、中川に対して)これをきっかけに世界中の人達と共演したいと思います。これからますます日中の映画界が協力していければと思います。「みんな頑張ってね」(日本語で)


■江角マキコ:(ジャッキーの妻を演じて)声の出演といえどもジャッキー・チェンさんの妻、夫婦役を演じられて本当によかったと思います。

■中川翔子:ジャッキーと共演してしゃべるために口から魂がでていくくらい嬉しいです。私のちっぽけな人生ですが、ジャッキーのおかげで生きてます。世界中の宇宙中の人と、このジャッキー・チェンさんの記念すべき100作目に立ち会えて、本当にうれしい限りです。


【オープニング・セレモニー】

■実施日:10月22日(土)
■会場 :TOHOシネマズ六本木ヒルズ(スクリーン7)
■登壇者:ジャッキー・チェン、野田首相ほか


『1911』東京国際映画祭特別オープニング上映&グリーンカーペット&オープニングセレモニー
(C)2011 TIFF


グリーンカーペット終了後、ジャッキー・チェンはTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたオープニング・セレモニーにも登壇し「みなさんこんにちは。この映画祭に来れてよかった。『1911』も映画祭も成功してほしい」と語った。続いて登壇した野田首相は、「ジャッキーは、震災の後にチャリティで日本を応援してくれた。日本政府を代表してお礼を言いたい」とスピーチ。「私は彼の『酔拳』も見ました。『ベスト・キッド』も見ました。政治家になったきっかけは『スミス都へ行く』を見たからです」と映画好きな一面をのぞかせた。

------------------------------------------------------------
『1911』
2011年11月5日より 丸の内TOEIほか全国にて
配給:東映
公式HP:http://www.1911-movie.jp/
©2011 JACKIE CHAN INTERNATIONAL CINEMA CULTURAL HOLDINGS LIMITED JACKIE & JJ PRODUCTIONS LIMITED All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27331121

『1911』東京国際映画祭特別オープニング上映&グリーンカーペット&オープニングセレモニーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事