« 内藤大助×杉浦太陽、良き夫&パパっぷり炸裂!『スリーデイズ』トークショー付試写会 | メイン | 謎の深海生物……奴らは“生きる巨大エネルギー”韓国初の本格3Dアクション超大作『第7鉱区』ポスター&予告編解禁 »

2011年9月20日 (火)

映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』<したまちコメディ映画祭>レッドカーペット&舞台挨拶

日程:9月17日(土)
場所:浅草公会堂
登壇者:小池徹平、生瀬勝久、堀内敬子、伊東四朗、吉田照幸監督

映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』<したまちコメディ映画祭>レッドカーペット&舞台挨拶

9月17日、「第4回したまちコメディ映画祭in台東」の、栄えあるオープニング作品として出品される事となった『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』。レッドカーペットイベント&オープニングセレモニー、そして出演者・監督が登壇する舞台挨拶が行われた。W主演である小池徹平&生瀬勝久はトラ柄の和服で登場!観客を大いに沸かせた。

Q.したまちコメディ映画祭に参加した感想は?

■小池徹平:まさかこんな派手な着物で登場することになるとは思っていませんでした・・・。レッドカーペットで声援を沢山貰い、とても嬉しかったです。

■生瀬勝久:レッドカーペットは今回が初めての経験です。観客の皆さんから握手を求められて、調子に乗って握手していたのですが、小池くんが目当ての人たちに嫌な顔されて・・・(笑)。とにかくありがとうございます。

■堀内敬子:まさか「サラリーマンNEO」が映画になるとは思っておらず、びっくりしましたが幸せです。

■伊東四朗:私は社長の役なのですが・・・私だけ着物が用意されてないんですよ。何でだろう?と思っていたのですが、そういえば私はヤクルトのタフマンのCMに出ているので、トラ柄(タイガース)は着ちゃダメなんでしょうね。

■吉田照幸監督:この映画は、浅草橋や両国でロケをした作品です。したまちコメディ映画祭への出品が決まった時、とても嬉しかったです。これからご覧頂く皆さんには、風景も一緒に楽しんで欲しいです。

Q.小池さん、人気TVシリーズの映画化に主演で参加した感想は?

■小池:人気TVシリーズだったので、参加するのはプレッシャーでした。一人の「サラリーマンNEO」ファンとして作品を愛して、撮影に臨みました。やるべきことはやったつもりです。今日観て、確かめてください。

Q.「まさかの映画化!」と話題の本作ですが、映画化の経緯や感想を教えてください。

■監督:去年、TVシリーズのキャストの皆さんに「映画化します」とメールしたのに、誰も信じてくれなかったんですよ(苦笑)。僕自身はもう何年も前から映画化の構想を持っていました。そこに、「サラリーマンNEO」のようなカルト番組の映画化に出資してくれる心の広い人たちが見つかって、映画化することができました。

■生瀬:監督から「映画化したい」とメールを貰ったことがあるんですが、返信しませんでしたよ(笑)。「何て大それた夢を持ってるんだろう・・・」と思っていました。でも、初号を観て感動しました。監督の夢が詰まっていますよ。

Q.本作の見どころを教えてください。

■生瀬:コメディ映画を宣伝するとき難しいところは、「面白いよ!」と言うとハードルが上がることなんですよね。ここはあえて言っておきますよ、この映画、相当つまらないですからね!!(会場爆笑)あと大事なのは、草の根運動ですよね。(観客を向いて)貴方たちの役目、もうお分かりですよね。twitter、ブログで!ぜひ!!お願いしますよ!!!


______________________________________________________________________

『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』
2011年11月3日より 新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:http://www.neo-movie.com/

©2011「劇場版サラリーマンNEO」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/27112027

映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』<したまちコメディ映画祭>レッドカーペット&舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事