« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

興行ランキング 2011年2月26日~2月27日

RankPre.作品名
1 NEW 『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』
2 1 『GANTZ』
3 3 『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』
4 NEW 『劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』
5 2 『ヒア アフター』
6 NEW 『英国王のスピーチ』
7 4 『あしたのジョー』
8 NEW 『恋とニュースのつくり方』
9 6 『毎日かあさん』
10 7 『パラノーマル・アクティビティ2』
金曜公開された「ナルニア国」シリーズ第3弾『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』(FOX)が初登場首位を獲得。帆船の絵の中に吸い込まれ再びナルニア国へとやってきたルーシーとエドモンド、いとこのユースチスが、カスピアン王子たちと再会し、ナルニアの東の果てへ冒険の旅に出る。監督は「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」のマイケル・アプテッド。シリーズ初の3D 版も公開され、全国907スクリーンでの土日2日間成績は動員31万2850人、興収4億5655万2003円となった。

2位はワンランクダウンの『GANTZ』(東宝)、前週に引き続き3位の『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』(東宝)は公開17日間で早くも興収10億円を突破。

続く4位は人気SFアニメ「マクロス」の劇場版2部作の後編『劇場版マクロスF 恋離飛翼-サヨナラノツバサ-』(クロックワークス)。2009年にロングランヒットした前編に続き、西暦2059年の宇宙を舞台に、謎の生命体バジュラとの決戦や少年アルトと歌姫2人が織りなすドラマを描く。全国38スクリーンと公開規模は小さいものの、初日2日間で動員8万1772人、興収1億1780万3100円をあげ、スクリーンアベレージでは310万0082円とトップ10圏内作品の中でダントツの成績をあげた。

6位は日本時間28日(現地時間27日)に発表された第83回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞の4冠を手にした『英国王のスピーチ』(ギャガ)。現エリザベス女王の父・ジョージ6世が、吃音症に悩みながらも、妻の愛と言語聴覚士のサポートにより歴史的演説を成し遂げるまでを描いた歴史ドラマ。ジョージ6世にコリン・ファース、その妻にヘレナ・ボナム=カーター、他にもジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアースら実力派俳優陣が集結。監督は「くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-」のトム・フーパー。全国107スクリーンで公開され初日2日間成績は動員7万7710人、興収1億0036万9150円。

8位は『恋とニュースのつくり方』(パラマウント)。「プラダを来た悪魔」の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナと「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督が、低視聴率番組のプロデューサーに採用されたヒロインが恋と仕事に奮闘する姿を描く。主演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス。共演は、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン。全国193スクリーンで金曜公開され、土日2日間で動員3万7602人、興収4899万9600円をあげた。


第83回アカデミー賞受賞結果

Eikokuou

第83回アカデミー賞の授賞式が、現地時間27日(日本時間28日)ロサンゼルスのコダック・シアターで開催され、最多12部門にノミネートされていた『英国王のスピーチ』が作品賞、監督賞(トム・フーパー)、主演男優賞(コリン・ファース)、脚本賞の4冠に輝いた。
主演女優賞は『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンが受賞。『ザ・ファイター』は、助演男女優賞をそれぞれ、クリスチャン・ベール、メッリサ・レオが受賞。このダブル受賞はマイケル・ケインとダイアン・ウィーストが共に助演部門で受賞を果たした1986年の『ハンナとその姉妹』以来、25年ぶりの快挙。
作品賞有力候補だった『ソーシャル・ネットワーク』は、脚色賞、編集賞、作曲賞の3部門を受賞。
その他、昨年大ヒットを記録した『インセプション』が技術部門で4部門を受賞している。

続きを読む »

「東京国際ゾンビ映画祭2011」開催! 『コリンLOVE OF THE DEAD』特別先行上映に鶴田法男監督登場

日時:2月26日(土)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇者:鶴田法男監督
聞き手:江戸木純(映画評論家・本映画祭プロデューサー)

「東京国際ゾンビ映画祭2011」開催! 『コリンLOVE OF THE DEAD』特別先行上映に鶴田法男監督登場

製作費わずか45ポンド(約5856円、*2010年12月1日現在)で作られ、その低予算とは思えない完成度の高さで世界の映画界を震撼させた注目のゾンビ映画『コリン LOVE OF THE DEAD』が、いよいよ3月5日より公開となる。

その公開を記念し、全世界に拡大する空前のゾンビ・ブームをさらに過熱させるべく、2月26日(土)~3月4日(金)の一週間にわたり、スクリーンでは滅多に観られない伝説の傑作ゾンビ映画の数々を一挙上映する「東京国際ゾンビ映画祭2011」が開催された。

映画祭初日、『コリンLOVE OF THE DEAD』特別先行上映前に、TV「ほんとにあった怖い話」『リング0 バースデイ』『おろち』などを手がけた“ジャパニーズ・ホラー”の巨匠・鶴田法男監督が登壇し『コリン LOVE OF THE DEAD』について語った。

続きを読む »

キャスト陣&ファンモンが神戸コレクションに登場!!映画『ランウェイ☆ビート』

日時:2月26日(土)
場所:神戸ワールド記念ホール
登壇者:瀬戸康史、桜庭ななみ、桐谷美玲、IMALU、田中圭、ファンキーモンキーベイビーズ

キャスト陣&ファンモンが神戸コレクションに登場!!映画『ランウェイ☆ビート』

700万件アクセスを記録した人気小説を元に『NANA』の大谷健太郎監督で映画化、天才的なファッションセンスを持つ溝呂木美糸(通称ビート)を中心にファッションショーを通して高校生の若者たちが奮闘する姿を描く、話題作『ランウェイ☆ビート』(2011年3月19日公開)。

日本中のおしゃれ女子が熱狂する神戸コレクションのランウェイに、主演の瀬戸康史・桜庭ななみ・桐谷美玲・IMALU・田中圭が劇中のファッションショースタイルで登場。さらにシークレットゲストとして登場したファンキーモンキーベイビーズが主題歌「ランウェイ☆ビート」を熱唱した。

続きを読む »

日本のビル・エバンスとも評される、坪口昌恭が4月上旬公開のアメリカ映画『Lily』で音楽担当!

1日本のビル・エバンスとも評される、坪口昌恭が4月上旬公開のアメリカ映画『Lily』で音楽担当!


日本のビル・エバンスとも評されるキーボーディストの坪口昌恭が4月上旬公開の映画『Lily』で、音楽を担当した。菊池成孔と共に活動している東京ザヴィヌル・バッハでも有名な彼は、劇中でピアノ、シンセを使ったアンビエントな音楽で、主人公の行き場のない心情や葛藤などを見事に表現している。坪口昌恭ワールドをハリウッドの雰囲気と共にスクリーンで堪能しよう!

続きを読む »

「SUSHI TYPHOON」に三池崇史監督が参戦決定!「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011」公開記者会見

日時:2月25日(金)
登壇者:千葉誠治監督、西村喜廣監督、坂口拓監督、山口雄大監督、井口昇監督、千葉善紀プロデューサー

「SUSHI TYPHOON」に三池崇史監督が参戦決定!「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011」公開記者会見

2月24日(木)にスタートした北の名物映画祭「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011」で、海外配給専門レーベル「SUSHI TYPHOON」の会見が行われた。
会見中にサプライズで三池崇史監督が当レーベルへの参加を生電話で宣言!注目が集まった。

続きを読む »

男子が「ポールダンス」て、どゆことっ!?注目の若手ユニット「D2(ディーツー)」主演!映画『ポールダンシングボーイ☆ず』完成披露試写会

日時:2月26日(土)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇者:荒井敦史、阿久津愼太郎、上鶴徹、山口賢貴、近江陽一郎、三津谷亮、西井幸人、池岡亮介、根岸拓哉、陳内将、金子修介監督

男子が「ポールダンス」て、どゆことっ!?注目の若手ユニット「D2(ディーツー)」主演!映画『ポールダンシングボーイ☆ず』完成披露試写会

「D-BOYS」の弟分ユニットD2(ディーツー)主演映画『ポールダンシングボーイ☆ず』(監督:金子修介/配給:Thanks Lab.)が、5月28日(土)に公開されることが決定した。今年ブレイク間違いなし、注目の若手D2のメンバーが、スタントなしでポールダンスに初挑戦!平成『ガメラ』シリーズ、『DEATH NOTEデスノート』など娯楽映画の巨匠・金子修介監督がメガホンをとった。2月26日(土)、D2メンバー10人と金子修介監督の総勢11名による舞台挨拶が行われた。

続きを読む »

映画『高校デビュー』×香水「love perfume.』恋愛応援プロジェクトタイアップ決定!

映画『高校デビュー』×香水「love perfume.』恋愛応援プロジェクトタイアップ決定!

4月1日に公開される映画『高校デビュー』。公開を記念して、フィッツコーポレーションと恋愛応援プロジェクトと銘打ち、タイアップを展開することが決定した。本作は主演の溝端淳平演じる小宮山ヨウにモテコーチを依頼する恋愛初心者であるヒロイン・長嶋晴菜(大野いと)が憧れの恋に全てを捧げようと、恋愛デビューを果たす青春ラブストーリー。香水「loveperfume」は、第一印象を左右し、人の記憶に作用するのにとても重要な「香り」。映画のヒロインとおなじく恋に悩めるティーンを後押しすること必至のアイテムだ。映画と香水で恋愛女子のモテ力アップは確実!?

続きを読む »

登壇者が映画の衣装と役柄そのままに登場!『世界のどこにでもある、場所』初日舞台挨拶

日時:2月26日
場所:シネマート新宿
登壇者:大森一樹監督、佐原健二、熊倉功、丸山優子、坂田鉄平、大竹浩一、高橋修、三谷悦代、出口哲也、田上ひろし、山崎大輔、嶋田真、古藤ロレナ、アベディン

大森監督「リアルさが出て、やっぱりノースターで良かった」『世界のどこにでもある、場所』初日舞台挨拶

医師免許を持ち、『ヒポクラテスたち』『法医学教室の午後』など医療をテーマにした作品を多数手掛けてきた大森一樹監督が、現代日本に広がる「心の病」に斬り込む群像劇『世界のどこにでもある、場所』。本作が2月26日に公開初日を迎え、シネマート新宿にて舞台挨拶が行われた。映画のラストシーンから続く寸劇から始まった舞台挨拶では、登壇者が映画の衣装と役柄そのままに、劇場全体を使った演出で登場。昨年5月に10日間で撮り上げた際のチームワークで、テンポの良い芝居と会話を繰り広げ、観客を沸かせた。また、「心を病んでいないのに病んでいるフリをするという役は難しかった」、と語る佐原さんに大森監督は、「佐原さんが出演されていたウルトラQを当時中学一年生で観ていた」と、ファンだった事実を告白。盛況のうちに幕を閉じた。

続きを読む »

『劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~』 超時空☆魂込式 in サンシャイン60 展望台 レポート

110302_mac


2011年2月26日、『劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』の公開を記念し、「劇場版マクロスF」にジャックされた池袋・サンシャイン60 展望台にて、プレミアムイベント「劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~超時空☆魂込式 in サンシャイン60 展望台」が催された。

河森正治監督をはじめ、中村悠一(早乙女アルト役)、遠藤綾(シェリル・ノーム役)、中島愛(ランカ・リー役)、劇中でシェリルの楽曲を担当したMay’n という、『マクロスF』を支えたメンバーが集結。当日は事前に抽選で選ばれた600 人を超えるラッキーなファンが会場を埋め尽くした。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ