« 直木賞作家・角田光代の衝撃のベストセラー小説、待望の映画化!全ての女性たちに贈る、ヒューマン・サスペンスの最高峰 映画『八日目の蝉』2011年4月29日(祝・金)公開日決定 | メイン | 映画『しあわせの雨傘』公開記念 あの超人気店、堂島ロールが『しあわせの雨傘ロール』に変身!! »

2010年12月29日 (水)

『ブラック・スワン』ナタリー・ポートマンの演技を批評家たちが大絶賛!主演女優賞を続々受賞!

『ブラック・スワン』ナタリー・ポートマンの演技を批評家たちが大絶賛!主演女優賞を続々受賞!

4月GWに日本で公開が決定しているダーレン・アロノフスキー監督最新作『ブラック・スワン』。現在全米で1400館以上に拡大公開され、並みいる大作と並んで、依然ベストテン内のランキングが続いている。先日発表された、アカデミー賞を占うと言われている、ゴールデン・グローブ賞においては、<作品賞、監督賞(ダーレン・アロノフスキー)、主演女優賞(ナタリー・ポートマン)、助演女優賞(ミラ・クニス)>と主要4部門にノミネートされた。

中でもナタリー・ポートマンの演技は、高い評価を得ており、全米の批評家賞を総なめにしていると言っても過言ではなく、<ブラック映画批評家協会賞、オースティン映画批評家協会賞、フロリダ映画批評家協会賞、ユタ映画批評家協会賞、オクラホマ映画批評家協会賞、シカゴ映画批評家協会賞、セントルイス映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞、インディアナ映画批評家協会賞、ヒューストン映画批評家協会賞、ダラス-フォートワース映画批評家協会賞、ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞など>全て主演女優賞を獲得している。『レオン』の世界的ヒットから16年。ナタリー・ポートマンの新たな伝説が生まれる。

『ブラック・スワン』 ストーリー
ニナ(ナタリー・ポートマン)はニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、彼女の生活は全て踊ることに捧げられていた。彼女はすでに引退した元バレリーナで、娘の野望を熱心にサポートしている母親エリカ(バーバラ・ハーシー)と一緒暮らしていた。そんな折、芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)がプリマ(主役)・バレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を新シーズンのオープニング作「白鳥の湖」から降板させることを決め、ニナはプリマの第一候補に躍り出る。しかし・・・ニナには同じくトーマスを惹き付けた、新人ダンサーのリリー(ミラ・クニス)というライバルがいた。「白鳥の湖」は、純粋で気品のある白鳥と、狡猾さと官能性を併せ持つ黒鳥の両方を演じられなければならない。ニナは白鳥役にぴったりだが、リリーは黒鳥の化身のようだった。プリマの座をめぐって、ねじれた友情を発展させていく2人。やがてニナは自らのダークサイドを見出していくことになり、初演の日は刻々と近づいていく・・・。


______________________________________________________________________

『ブラック・スワン』
2011年4月GW より TOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給:20世紀フォックス映画

©2010 Twentieth Century Fox

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25666062

『ブラック・スワン』ナタリー・ポートマンの演技を批評家たちが大絶賛!主演女優賞を続々受賞!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事