« エドツワキ、カヒミ・カリィ、『白いリボン』に見事にハマった!カンヌ国際映画祭<パルムドール大賞>受賞作『白いリボン』トークショー | メイン | 『ブラック・スワン』主要映画賞も続々受賞&ノミネート »

2010年12月22日 (水)

『トロン:レガシー』トロン・ボーイ遂に決定!

日時:12月21日(火)
場所:恵比寿ガーデンルーム
登壇者:JOY、佐藤かよ

『トロン:レガシー』トロン・ボーイ遂に決定!

ついに12月17日より公開になった、イマジネーションの可能性を追求し続けるディズニーが新たに挑む映像革命の話題作『トロン:レガシー』。
その公開を記念して、11月15日より行われていた「トロン・ボーイ コンテスト」の最終審査として、12月21日、恵比寿ガーデンルームにてファイナルイベントが行われた。

作品内で、主人公・サムや謎の女・クオラが着用しているトロン・スーツは、サイバー・スキャンによってキャストの身体にピッタリ合うように作られ、電気で発光するランプが素材に縫い込まれた、『トロン:レガシー』のクールな世界観を象徴する近未来コスチューム。
今回、主人公サムのような冒険心と勇敢さに溢れ、かつトロン・スーツをスタイリッシュに着こなしてくれる男性をトロン・ボーイとして全国から大募集。ポータルサイトlivedoorにてオンライン公募を実施、その中から厳正なる審査の結果、1次審査(書類)及び2次審査(オンライン投票)を通過した6名が、ファイナルイベントに出場した。

期待に胸を膨らませた観客たちの前に、「トロン・ボーイ コンテスト」ゲスト審査員として招待されたタレントのJOYと佐藤かよが登場。2人の登場に、会場の雰囲気も一気に盛り上がり、これから始まるファイナルイベントに華を添えた。

モデルとしても活躍している2人は、これから登場する6人に向けて、「中途半端ではなく、厳しい目で審査をさせて頂きたいと思います!」(JOY)、「素敵な方がたくさんいて、イケメンに目が“トロン“としちゃうかもしれません」(佐藤)と、エールを送った。

今回のトロン・ボーイ コンテストの審査基準は、“トロン・スーツを誰よりも格好良く、スタイリッシュに着こなせる”“勇敢なハートを持っている”の2点。6人のファイナリスト達は、殺陣や、三味線、バルーンアートなど、それぞれ得意なパフォーマンスでアピールし、会場は各ファイナリストを応援に来た観客たちから歓声や感嘆の声があがっていた。

観客たちが期待と不安で審査発表を待つ中、一般の人たちのWEB投票で選ばれる「ライブドア賞」には、大塚寛之さん(28)、「ディズニー賞」に塩川逸武さん(28)、「審査員特別賞」に藤原拓也さん(20)がそれぞれ選ばれた。そして注目の「トロン・ボーイ賞」は、WEB投票でも1位を獲得した大塚寛之さんが受賞。選ばれた喜びを「まさか選ばれるとは思わなかった。投票したてくれた方々や、映画『トロン:レガシー』にも感謝します。」と緊張と興奮の面持ちでコメント。審査したJOYさんは、「すごく迷いました」と審査が難攻した様子を語った。

イベント後の囲み取材では、『トロン:レガシー』について、「音楽と凄さと3D映像も素晴らしかったが、サムと父の世界を超えた絆にもすごく感動しました。」(佐藤)、「本当に全体的に楽しめた、めちゃくちゃかっこよかったです」(JOY)と映画の魅力を語り、クリスマスにぜひ観てほしいと締めくくった。 


______________________________________________________________________

『トロン:レガシー』
2010年12月17日 より TOHOシネマズ日劇ほか全国にて
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式HP:http://tron-movie.jp/

©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25634785

『トロン:レガシー』トロン・ボーイ遂に決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事