« 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』日本公開35日間で興行収入51億円突破!PART2の場面写真、解禁!! | メイン | コスプレOK!拍手OK!『キック・アス』でゆく年くる年イベント開催決定 »

2010年12月27日 (月)

『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶

日時:12月25日(土)
場所:テアトル新宿
登壇者:加藤直輝監督、スネオヘアー、ともさかりえ、村井良大

『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶

うつに苦しみながらも、音楽に向き合うことで懸命に生きようとする僧侶と、彼を支えながら温かく見守る周囲の人々の姿を描く、現役僧侶で芥川賞作家・玄侑宗久の小説を映画化した『アブラクサスの祭』。
12月25日のクリスマスに初日を迎え、メイン館のテアトル新宿にて監督・キャスト陣の舞台挨拶が行われた。

■スネオヘアー:今日は、クリスマスという中で、お坊さん映画に集まって頂き有難うございます!答えのない作品かと思いますが、皆さんの心に引っ掛かる何かがある作品だと思います。映画を見てもらいたいという気持ちから、ともさかさんと結婚するなんてツイッターにつぶやいてしまい、ご迷惑をおかけしました(苦笑)

■ともさかりえ:撮影から1年が経ち、こうして東京での初日が迎えられ嬉しくもあり、ホッとしています。自分にとってとても思いれの深い作品になりました。

■村井良大:ちょうど1年前の今頃、寒い福島県での撮影だったのですが、福島の方たちがとても温かく接してくださいました。

■加藤監督:ちょうど1年前、福島での寒い撮影では、スネオさんも丸々と坊主で、僕も坊主にしてました!今日は、若い方からご年配までみなさんに集まって頂き、有難うございました。


作品に対しての思い出・大変だったエピソードを教えてください。

■スネオヘアー:お坊さんの役だったので、所作やお経など大変でした。頭はカツラだったんで苦労しなかったですが(笑)。僕は楽観主義なので、主人公に似ているところは感じなかったですね。音楽が共通項だと思います!

■加藤監督:どちらもお酒が好きなところは似てますよ!(監督からのツッコミに、会場が一瞬シーン)

■スネオヘアー:この空気、監督のせいですよ!

■ともさかりえ:あのようなリアルなお坊さんの心情は、計りしれないですが、あの家族には不思議な幸福感があり、とてもいとおしさを感じました。撮影の時間もとても幸せな時間を過ごしました。


最後にスネオヘアーさんから一言。

■スネオヘアー:この作品は、きっと幸せという言葉だけでなく、何かしら皆さんの心をひっかく作品だと思います。まっすぐなものは伝わると思います。楽しんでというより、ゆっくりとご覧ください。


______________________________________________________________________

『アブラクサスの祭』
2010年10月9日より 福島県内先行上映
2010年12月25日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開
配給:ビターズ・エンド
公式HP:http://www.aburakusasu.com/

©「アブラクサスの祭」パートナーズ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25660262

『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事