« 興行ランキング 2010年12月25日~12月26日 | メイン | 辛酸なめ子新興宗教をひらく!?島田裕巳×辛酸なめ子『ジーザス・キャンプ』トークイベントレポート »

2010年12月27日 (月)

“もしも最高の漫画が描けるドーピング剤があっても自分には必要ない!”グラップラー刃牙作者がドーピングを語る 映画『ステロイド合衆国』トークイベントレポート

“もしも最高の漫画が描けるドーピング剤があっても自分には必要ない!”グラップラー刃牙作者がドーピングを語る 映画『ステロイド合衆国』トークイベントレポート


アメリカでのステロイド使用の実情を、兄と弟が実際にステロイドを使用しているという立場の監督が撮ったドキュメンタリー『ステロイド合衆国~スポーツ大国の副作用~』。本作では遺伝子操作で作られたステロイド牛など衝撃的な映像とともに筋肉に憧れてドーピング使用にいたるアスリートたちの姿に迫る。

長編格闘漫画、『グラップラー刃牙』シリーズで知られる板垣恵介は、格闘技やボディビルの大会も観にいくことがあり、実際に現場で見たステロイド使用者の体について、「ミスターオリンピアっていうアメリカで一番大きな大会に行ったときは、本人達もステロイドを使っているって認めていて、176cmの選手が体重は130kgでなんと体脂肪が2パーセント!トップの選手は、筋肉の筋を見せるために体脂肪5%まで落とすからフラフラで、全然健康に見えないんですよね。」とその印象を語った。

また日本ボディビル連盟の玉利会長は、『ステロイド合衆国』の中にも登場するアメリカのボディビルダーと日本との比較として、日本のボディビルトップの選手で国際競技でステロイドを使用した人は、十数年間の間で1人も出ていない。しかしアメリカでは、ドーピングが禁止されているアマチュアでの参戦が少なくなっており、今はほとんど出てこない。みんなストロイドが黙認されているプロの世界にいってしまう。」と大会自体にも薬物の存在が影響を与えていることを語った。

「プロの世界では、ステロイドを使っていいというルールはないが、使ってはいけないというルールもない。使うのは、アダムとイヴの禁断の木の実を買った人種たち。試合後にバタっと倒れて死んじゃう人もいる」と恐ろしい副作用についても語った。

また、板垣恵介は『グラップラー刃牙』を描き始めたきっかけについて「ボディビルダーを見た時に、なんで闘わないのかと思った!おしゃれして自分の姿に自信をもったら町に出たくなるのと同じように、その体で闘えよ!と思った。」と語った。

最後に板垣恵介は、「もし、最高の漫画が描ける薬があったら使いますか?」という会場からの質問に、「僕には必要ないですね」と締めくくり、会場は笑の渦に包まれた。

──────────────────────────────────────────


『ステロイド合衆国~スポーツ大国の副作用~』
(2008年 / アメリカ / 105分)
アーノルド・シュワルツェネガー、ハルク・ホーガン、シルヴェスタ・スタローン等に憧れ、ステロイドを使用し続けている監督自身の兄と弟のエピソード。また、プロスポーツ選手や医療係のエキスパートたちへのステロイドに関するインタビューを通して進行するドキュメンタリー。「ステロイドの使用はアメリカ社会を反映している」という真実を暴く。
URL: http://www.webdice.jp/realmikoukai/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『リアル!未公開映画祭』とは?!

ビッグマックを食べ続けて話題を呼んだ「スーパーサイズ・ミー」の監督モーガン・スパーロックが、「オサマ・ビン・ラディンはどこにいるんだろう?」と質問しながらイスラム諸国を駆け回る『ビン・ラディンを探せ!』、地球上で最も隔絶された国である北朝鮮の秘密のベールを取り払う『金正日花/キムジョンギリア』、強制的に少年兵にさせられた経験を持つボクサーを追った感動のドキュメンタリー『カシム・ザ・ドリーム~チャンピオンになった少年兵~』、謎に包まれたアシッド・フォーク・シンガー、ジャンデックの正体を追う『ジャンデック』、金儲けのための出産ビジネスに迫る『ビーイング・ボーン』などなど、
衝撃の事実を扱った9作品を渋谷アップリンク・ファクトリーにて12/25~1/10まで公開、他全国順次公開!映画祭開催中にはトークイベントを続々開催!

『リアル!未公開映画祭』渋谷アップリンクにて開催中、他全国20箇所順次公開!
────────────────────────────────────
『リアル!未公開映画祭』公式ホームページ:http://www.webdice.jp/realmikoukai/

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事