« ドロン出演作の国内初本格的特集上映「アラン・ドロン生誕75周年記念映画祭」アラン・ドロン フォト入り特別鑑賞券発売決定! | メイン | 映画『おまえうまそうだな』原田知世オフィシャルインタビュー »

2010年10月 7日 (木)

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』主題歌・挿入歌を柴咲コウが担当

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』主題歌・挿入歌を柴咲コウが担当

僕(みーくん)の幼なじみ、まーちゃん。とっても可愛いけど、乱暴でワガママで壊れた女の子。僕とまーちゃんは、10年前の誘拐監禁事件の被害者同士。不穏な連続殺人事件が起きている街で10年ぶりに僕らは再会した。ある日、まーちゃんを主治医の精神科医に連れて行った僕のところに、事件を捜査する刑事が接触してきた。僕らは容疑者と疑われているらしい…。

奇妙でシニカルな青春群像を描く作家・入間人間のデビュー作を実写映画化した『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』。その主題歌、挿入歌を、柴咲コウが担当することが発表された。主題歌の歌詞を書き下ろしたほか、映画の中で現在と過去をつなぐ象徴的な歌として、瀬田なつき監督が選んだ曲「ルージュの伝言」を新しいアレンジで歌う。

______________________________________________________________________

【主題歌】
サヨナラブ/柴咲コウ
作詞:柴咲コウ 作曲:渡辺泰司 編曲:渡辺泰司

【挿入歌】
ルージュの伝言 / 柴咲コウ
作詞:荒井由実 作曲:荒井由実 編曲:渡辺泰司


【プロデューサーからキャスティングのコメント】
「絶望の中から希望のかけらを見出し、前を向いて歩いていくという物語のエンディングに、自然体だけれど揺るがない意志を感じさせる柴咲コウさんの澄んだボーカルがぴったりだと思いお声かけしました。いただいた曲はとても素敵で、映画をもうひとつ上のステージに上げていただきました。


【瀬田監督から『ルージュの伝言』を起用した理由】
「ルージュの伝言になった理由「映画の中では、現在と過去を繋ぐ曲として使っています。幅広い世代の方が子供時代を思い出せるポジティブな曲として、ルージュの伝言のような雰囲気がイメージだと伝えていたら、そのまま、ルージュの伝言になりました。びっくりでした。楽曲を聴いてみて、懐かしくもあり、新しくもあり、不思議な感覚でした。何よりも柴咲コウさんが歌っているのかと思うとウキウキします。映画では、重要なシーンで使っていますので、楽しみに見て(聴いて)下さい。」



【柴咲コウ コメント】
制作した際のエピソード

■柴咲:ディスコミュニケーションをテーマに制作。曲調はアップめだが詞はシニカルな内容。それを楽しんでレコーディングできました。


「ルージュの伝言」をカバーし、レコーディングした感想

■柴咲:歌ってみたら、すごく自分にフィットして歌いやすかったです。レコーディングがとても早くできました。


映画の感想

■柴咲:思っていたより映像が暗くなくてフレッシュで今どきっぽくて、内容のわりに描写が爽やかでした。みーくんを、好きになってしまいました。

______________________________________________________________________

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』
2011年1月22日 より 角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか全国にて
配給:角川映画
公式HP:http://usodakedo.net/

©2010「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25193915

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』主題歌・挿入歌を柴咲コウが担当を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事