« 九州先行公開で大ヒットを記録『半次郎』東京凱旋舞台挨拶 | メイン | “ブルース・リー”を創った師匠の伝記 『イップ・マン 葉問』 第23回TIFF上映&日本公開決定! »

2010年9月30日 (木)

『牙狼~RED REQUIEM~』原紗央莉のセクシー衣裳ビジュアル、解禁!

『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』原紗央莉のセクシー衣裳ビジュアル、解禁!

10月30日(土)から公開され、試写では「まさしく正真正銘の3D」「こんなに飛び出る3Dは初体験」と好評の『牙狼~RED REQUIEM~』。
原紗央莉が演じる最凶の敵“魔鏡ホラー・カルマ”のコスチュームのビジュアルが解禁となった。

雨宮慶太監督は「凄く美しく凶悪な女性クリーチャーに永遠にチャレンジしているが今回のカルマはイメージ通り!」と納得の出来栄え。
さらにセクシーなカルマの最終形態は劇場で!

『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』原紗央莉のセクシー衣裳ビジュアル、解禁!



<原紗央莉コメント>

撮影でつらかったこと、難しかったこと。

■原紗央莉:特殊メイクに、8時間くらいかかったので、ずっとじっとしてるのが大変でした。また初めてのワイヤーアクションに、思った通りに体が動かず、難しかったです。


撮影で楽しかったこと、ホッとしたこと。

■原紗央莉:撮影した映像をモニターで3Dメガネをかけながら見れたこと。初の3D撮影で自分が飛び出ていてたのが楽しかったです。また、特殊メイクの石膏の型取りで、しばらくの間、光も音も遮断され、不安でいた中、はずした瞬間が1番ホッとしました。


悪役を演じるうえで気をつけたこと。

■原紗央莉:目線や、目力を特に意識しました。


アクションに関しての感想。

■原紗央莉:普段使わない筋肉を使ったので、筋肉痛になりました。自分では大きく動いてるつもりでしたが、モニターでみるとあまり大きく見えていなかったり、思った以上に大変でした。


撮影中のケガや事故などのエピソードなど。

■原紗央莉:多少のケガはありましたが、まわりのスタッフの方達が安全面に気を配り、特に気にかけてくださっていたので、無事に撮影を終えることができました。


監督について。

■原紗央莉:相手を想像しながら、私1人で演技するCG撮影がほとんどだったので最初は不安だったのですが、監督がシーンを丁寧に画コンテで書いて説明してくださり、どんな場面なのかイメージしやすかったです。また、監督自らが私の体にメイクのための筆を入れてくださって、感激しました!

______________________________________________________________________

『牙狼~RED REQUIEM~』
2010年10月30日 より 新宿バルト9ほか全国にて
配給:東北新社、ゴー・シネマ
公式HP:http://www.garo-3dmovie.jp/

©2010 雨宮慶太/東北新社

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25143055

『牙狼~RED REQUIEM~』原紗央莉のセクシー衣裳ビジュアル、解禁!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事