« “ブルース・リー”を創った師匠の伝記 『イップ・マン 葉問』 第23回TIFF上映&日本公開決定! | メイン | 『美女と野獣』アラン・メイケン インタビュー »

2010年9月30日 (木)

第23回東京国際映画祭 記者会見

日時:9月30日(木)
場所:六本木アカデミーヒルズ キャラントA
登壇者:公益財団法人ユニジャパン 理事長 高井英幸、第23回東京国際映画祭 チェアマン 依田巽、コンペティション出品作品『海炭市叙景』熊切監督、谷村美月、南果歩、竹原ピストル

第23回東京国際映画祭 記者会見
©2010 TIFF

10月23日(土)から10月31日(日)に渡って開催される第23回東京国際映画祭に先立ち、9月30日(木)六本木アカデミーヒルズ40FにあるキャラントAにて記者会見が行われた。

まず、出席者である公益財団法人ユニジャパン 理事長の高井英幸、第23回東京国際映画祭 チェアマンの依田巽が登壇し、挨拶が行われた。

依田チェアマンコメント
「東京国際映画祭も今年で23回目を迎えました。就任も3年目になり、ホップステップ「ジャンプ」の年です。ジャンプの年として、作品選びにも力をいれました。コンペティションも832本もの応募があり、その中の選りすぐりの15本(1本は後日発表)を上映いたします。さらにアジアの風部門では生誕70周年のブルースリー特集、黒澤明監督の特集、台湾映画特集、トルコ映画特集があります。OP、CL作品も毎年大ヒットとなり、興行ビジネスにも結びついています。

第23回東京国際映画祭 記者会見

また、審査委員や上映作品などが発表され、『わたしを離さないで』(マーク・ロマネク監督)、『一枚のハガキ』(新藤兼人監督) が新たにコンペティションに出品されることが明らかになった。出品作品を代表して『海炭市叙景』から、熊切監督と主演の谷村美月、南果歩、竹原ピストルが登壇し、TIFFに参加する意気込み、撮影秘話などを語った。

■熊切監督:2年前の北海道の映画祭での出会いをきっかけに、今回の作品を作ることになりました。たくさんの函館の市民の皆さんの物心両面にわたる協力をいただき素晴らしい作品となりました。今までの作品では、一人か二人を描くことが多かったのですが今回は群像劇なので、いつもの何倍も時間がかかった。力を入れたのは、各人物がそこにいたかのように、前後にも人生が見えるように描きました。

■谷村美月:監督の作る不思議な空気感、ただそこに居ればいい、感じたままに演じられる、居心地のいい現場でした。印象に残ったシーンは、兄との朝日を見るシーンです。本作の美しい朝日を撮るにあたって、CGを使わず、2日間もかけ撮影をいたしました。リアルな映像で撮影しているシーンをぜひ!観ていただきたいです。

■南果歩:息子役を始めオーディションで選んだ地元の高校生など、たくさんの地元の方が参加してくださいました。プロ、アマがマーブル状に溶け合い作品に深みがでました。全て函館で撮影をする、その時、その場所をフィルムに焼き付ける。その空気感に存在できることが嬉しかった。そのような幸せな環境で生まれた作品を東京国際映画祭を通じて世界に向けて発信できることを嬉しく思っております。

■竹原ピストル:監督と一番仕事していることが多いですが、監督の地元だからか、とてもニコニコ、ワクワク楽しそうでした。今回は感じるままに演じることができました。

第23回東京国際映画祭 記者会見


【作品詳細】

わたしを離さないで
原題:Never Let Me Go
監督:マーク・ロマネク
出演:キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ
製作国:イギリス=アメリカ
映画史上かつて描かれたことのない〈秘密〉。謎めいた寄宿施設で育てられた3人の若者たち。複雑に絡み合う絆で結ばれた彼らがたどる、あらゆる衝撃をも超越した痛切な運命とは? 儚くもエモーショナルなラブ・ストーリー。

一枚のハガキ
監督:新藤兼人
出演:豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政
製作国:日本
98歳の新藤兼人監督自身、映画人生の最後の作品と語る最新作。戦後の惨禍は一兵士の戦死にとどまらない。大黒柱を失った家族は破壊される。庶民一人ひとりからみた戦争被害を最後の作品のテーマとした。


【第23回東京国際映画祭 コンペティション ラインナップ一覧】

そして、地に平和を
原題:And Peace on Earth
監督:マッテオ・ボトルーニョ、ダニエレ・コルッチーニ
出演:マウリツィオ・テセイ、ウゲッタ・ドノラシェンツォ
製作国:イタリア

ビューティフル・ボーイ
原題:Beautiful Boy
監督:ショーン・クー
出演:マイケル・シーン、マリア・ベロ、ムーン・ブラッドグッド
製作国:アメリカ

ブライトン・ロック
原題:Brighton Rock
監督:ローワン・ジョフィ
出演:サム・ライリー、ヘレン・ミレン、アンドレア・ライズボロー
製作国:イギリス

フラミンゴ No.13
原題:Flamingo No.13
監督:ハミド・レザ・アリゴリアン
出演:バラン・ザマニ、ラスール・ユーナン、モハマド・タギ・シャムス・ランガルディ
製作国:イラン

一粒の麦
原題:If the Seed Doesn't Die
監督:シニツァ・ドラギン
出演:ムスタファ・ナダレヴィッチ、ダン・コンドゥラケ、フランツ・ブーフライザー
製作国:ルーマニア、セルビア、オーストリア

僕の心の奥の文法
原題:Intimate Grammar
監督:ニル・ベルグマン
出演:ロイ・エルスベルグ、オルリ・ジルベルシャッツ、イェフダ・アルマゴール
製作国:イスラエル

隠れた瞳
原題:The Invisible Eye
監督:ディエゴ・レルマン
出演:フリエタ・シルベルベルク、オスマル・ヌニェス、マルタ・ルボス
製作国:アルゼンチン、フランス、スペイン

鋼のピアノ
原題:The Piano in a Factory
監督:チャン・メン
出演:ワン・チエンユエン、チン・ハイルー、チャン・シニョン
製作国:中国

一枚のハガキ
原題:POST CARD
監督:新藤兼人
出演:豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政
製作国:日本

小学校!
原題:Primary!
監督:イバン・ノエル
出演:フランシスコ・アルフォンシン、ホセ・ホアキン・メナ=ベルナル・ルエダ
製作国:スペイン

サラの鍵
原題:Sarah's Key
監督:ジル・パケ=ブランネール
出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ・マイヤンス、ニエル・アレストラップ
製作国:フランス

海炭市叙景
原題:Sketches of Kaitan City
監督:熊切和嘉
出演:谷村美月、加瀬 亮、小林 薫、南 果歩、竹原ピストル
製作国:日本

ゼフィール
原題:Zephyr
監督:ベルマ・バシュ
出演:シェイマ・ウズンラル、ヴァヒーデ・ギョルドゥム、セヴィンチ・バシュ
製作国:トルコ


第23回東京国際映画祭
〔10/23(土)~10/31(日) TOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて上映〕
東京国際映画祭 公式サイトhttp://www.tiff-jp.net/


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/25144873

第23回東京国際映画祭 記者会見を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事