« 青春ラブファンタジー映画『ラムネ』、初日舞台挨拶 | メイン | メインキャスト4人が集結!『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見 »

2010年5月31日 (月)

興行ランキング 2010年5月26日~5月27日

RankPre.作品名
1 1 『アリス・イン・ワンダーランド』
2 NEW 『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』
3 3 『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』
4 2 『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル』
5 NEW 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』
6 NEW 『座頭市 THE LAST』
7 5 『ボックス!』
8 7 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』
9 4 『グリーン・ゾーン』
10 6 『名探偵コナン 天空の難破船<ロスト・シップ>』
『アリス・イン・ワンダーランド』(ディズニー)が7週連続で首位をキープ。日本のみならず世界各国で大ヒットしており、世界興収は10億ドルを達成。過去に10億ドルの大台に乗った作品は本作を含めても6作品しかなく、特にシリーズ作品以外では「タイタニック」「アバター」に続いて3位となった。

新作は3作品がランクイン。初登場2位は『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』(ディズニー)。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどの大ヒット作を多数手がける名プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが伝説的テレビゲームを実写映画化。父王殺しの汚名を着せられた若きペルシャ王子が陰謀の真相を暴くため、時間を巻き戻し過去を変える力をもつ“時間の砂”を求めて闘いと冒険の旅に出る。主演は「ブロークバック・マウンテン」ジェイク・ギレンホール。

5位は『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(松竹)。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの企画・制作プロダクション・ROBOTが「家族とは?人生にとって大切なものとは?」を問いかける感動作。50歳を目前にして少年の頃に憧れていた一畑電車、通称“バタデン”の運転士になるという夢を追いかけるため会社を辞め、新たな道を歩み始めた男と彼を取り巻く家族の姿を描く。主演に中井貴一、妻役に高島礼子、娘役に本仮屋ユイカ。全国201館での土日2日間成績は、動員7万8,367人となった。

続く6位には『座頭市 THE LAST』(東宝)。孤独な流れ者の市が盲目でありながら神速の刀捌きで人を斬っていく、その世界観が多くの人々の心を捕え、勝新太郎、北野武らによって数多く映画化されてきた「座頭市」。その最後となる本作は、主演にSMAP香取慎吾を迎え、座頭市の正統な流れを受け継ぎながらも、これまで描かれてこなかった生い立ちや人を愛する市の姿を描き出す。共演に、反町隆史、石原さとみ他、豪華キャストが集結する。全国238館での土日2日間成績は、動員6万9,184人となった。 


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/24297025

興行ランキング 2010年5月26日~5月27日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事