« 真野恵里菜が映画初主演で2役、本格ホラーに挑戦!映画『怪談新耳袋 怪奇』公開決定! | メイン | 日米のトップ政治家も参加!?『第9地区』エイリアン緊急来星!大ヒット感謝記念 握手 »

2010年4月30日 (金)

「イタリア映画祭2010」開幕!

日程:4/28(水)
会場:有楽町朝日ホール
登壇者、マルコ・ベロッキオ、ジュゼッペ・カポトンディ、ジョルジョ・ディリッティ、ダヴィデ・フェラーリオ、スザンナ・ニッキャレッリ

「イタリア映画祭2010」開幕!

2001年の「日本におけるイタリア年」をきっかけに始まったイタリア映画祭は、多くの映画ファンやイタリアファンに支持され、毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例の映画祭に成長。今回で10回という節目を迎えることとなり、今回は大阪でも2日間開催される。作品ラインナップは2008年以降に製作された新作12本と、過去の上映作品の中からの特別上映2作品で、本年も最新のイタリア映画をお楽しみ頂ける極上のラインナップになっている。
ゲストに、昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され高い評価を受けた『勝利を』の巨匠マルコ・ベロッキオ監督を始め、イタリア映画界を代表する監督7名の他、セールス会社、同行取材陣など20名近いゲストが来日し、開会式が行われた。

来日ゲストを代表してマルコ・ベロッキオ監督からまず一言ご挨拶。

■マルコ・ベロッキオ監督:「今回この場に立つことが出来て、とてもうれしく思っております。来日したのは初めてで、24時間前に到着したばかりです。日本の文化や文明はとても複雑なので、どのくらい理解できるのか心配ですが、少しでも(日本について)理解できるように務めていきたいと思います。今日はありがとうございました。」

開会式終了後に上映された『コズモナウタ-宇宙飛行士』の監督で今回の来日ゲストで唯一の女性監督スザンナ・ニッキャレッリ監督からの挨拶。

■スザンナ・ニッキャレッリ監督:「日本に来たのは初めてで、この場に来ることが出来てとても光栄に思っています。私の作品は1960年代初めの宇宙開発が盛んだった頃をテーマにしているのですが、みなさんがこの作品をご覧になって、どのように思われるのか好奇心でいっぱいです。本作は私にとって初めての長編作品ですので、このように日本で紹介されることをとてもうれしく思っています」


会期:2010年4月28日(水)~ 5月4日(火・祝)
会場:有楽町朝日ホール
公式サイト:http://www.asahi.com/italia/
お問合せ: 03-3213-2089(会場、会期中のみ)


主催:イタリア映画祭実行委員会、イタリア文化会館、朝日新聞社、チネチッタ・ルーチェ株式会社
後援:イタリア大使館、イタリア文化財・文化活動省
協賛:日本コカ・コーラ株式会社、サンペレグリノ株式会社、フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社、株式会社紀尾井コーポレーション
協力:株式会社シネフィル、バリラジャパン

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/24019569

「イタリア映画祭2010」開幕!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事