« 第82回『アカデミー賞』受賞作品 | メイン | 興行ランキング 2010年3月6日~3月7日 »

2010年3月 8日 (月)

中谷美紀、竹中直人が参加!映画館大賞2010結果発表迫る!

中谷美紀、竹中直人が参加!映画館大賞2010結果発表迫る!

本屋大賞に続け! と、北は北海道から南は沖縄まで。全国の独立系映画館110館もの協力を得て、映画館スタッフの投票によりスクリーンで観てほしい映画のベストテンを決める日本で初めての映画賞「映画館大賞」が2009年に発進し、、第二回目を迎えることとなった。今年の「映画館大賞2010」は、2008年12月から2009年11月末日までの公開作品を対象に全国の150館もの独立系の映画館が投票に参加。特別部門の「あの人の1本」は、映画監督の阪本順治さん、女優の中谷美紀さん、俳優の竹中直人さんの参加が決定!その年最も印象に残った1本を選ぶ。2009年に特集上映・リバイバル上映された旧作のうち最も鮮やかに蘇った1作を決める「蘇る名画」は、映画評論家の山根貞男さんをゲスト選定者に迎える。なお今年も人気漫画家、花くまゆうさくさんによる書き下ろしの新イラストも登場。

4月17日~23日には、関連イベントとして、第一回目と同様に豪華ゲストを招き、上位作品の特集上映やトークイベントを行う。

【映画館大賞実行委員会から】
映画を送り届ける側の「先端」に位置する映画館スタッフの生の声を届けたい。それはきっとどんな雑誌やウェブサイトが発信する情報よりも信頼できるはず。映画ファンと映画の送り手の橋渡しになること、そんなことを夢見ながら、映画館大賞は発進しました。映画館と映画を観るために劇場に足を運ぶ人の刺激的な関係を、これからも変わらず応援していきたい。そんな思いから映画館大賞は生まれました。

【映画館大賞とは】
日本全国の街角で365日観客に映画を届ける映画館スタッフが選ぶ、日本で初めての映画賞です。2009年に封切られた作品の中から、洋画/邦画、メジャー/インディペンデント、自館での上映の有/無の区別なく、純粋に「映画ファンにスクリーンで観てもらいたい」作品を、情熱とこだわりを持って映画をセレクト・上映している映画のソムリエたちが、選びます。

【発表および関連イベント】
3月15日 <www.eigakantaisho.com>上で結果発表予定
4月17日~23日 シネマ・ヴェーラにて各日豪華ゲストによる特集上映及びトークショーを予定

■2009年度の映画館大賞ベストテン作品
1位から10位までの上位作品のほか20位までをお知らせ

■2009年度の特別部門「あの人の1本」
阪本順治(映画監督)、中谷美紀(女優)、竹中直人(俳優、映画監督)さんが最も印象に残った1本を選ぶ

■2009年度の特別部門「蘇る名画」
映画評論家の山根貞男さんが選ぶ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/23531337

中谷美紀、竹中直人が参加!映画館大賞2010結果発表迫る!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事