« 2010年は、芸術の年?!イタリアが誇るバロックの天才画家カラヴァッジョの生涯を描いた『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』ついに公開! | メイン | 哀川翔が15年ぶりに主題歌を唄う!映画『昆虫探偵 ヨシダヨシミ』レコーディング取材 »

2010年1月14日 (木)

美輪明宏さんが語る、天国、そして家族の愛。映画『ラブリーボーン』スピリチュアル・トークショー

美輪明宏さんが語る、天国、そして家族の愛。映画『ラブリーボーン』スピリチュアル・トークショー

『ラブリーボーン』は全世界30ヶ国以上で1000万部以上を売り上げた脅威のベストセラーを、“ロード・オブ・ザ・リング”のピーター・ジャクソンとスティーブン・スピルバーグが手を組んで映像化に挑んだ超話題作。14歳の少女、スージー・サーモンが殺されるという衝撃のオープニングから始まる物語は、天国にいる少女が家族や初恋の人を見守りながら想いを必死で伝えようとする、涙と感動の物語。

1/13(水)、本作の公開に先立ち、日本のスピリチュアル代表である美輪明宏さんをゲストとして迎え、映画のテーマになっている天国や家族の愛についてのスピリチュアル・トークショーが行われた。

真っ白なドレスで美輪さんが舞台に登壇すると、場内から暖かい拍手が沸き起こり、死者を身近に感じたことはありますか?との質問に「あなた、そんなの日常茶飯事。年がら年中よ」とコメント。

また、主演のシアーシャ・ローナンについて「とても上品で愛くるしい。古き良き時代のハリウッド映画には彼女のような素晴らしい俳優がたくさんいた。映画はロマンや情緒、非日常を感じられてこそ映画。この映画にはそれがある。」と絶賛。

最後に2010年はどんな年になりますか?との質問には「あたしは占者じゃないのよ!」と一言。場内から笑いが起こり「良い年、悪い年になるかは人の胸三寸。全ては発想次第」とアドバイス。終戦時に苦労された話や、ご自身の闘病中の話を告白し「歩ける、話せる、見ることができる。大切な人に想いを伝えることが出来る。そういった普通の事がいかに幸せか。そこに幸せを見出すことができれば、今がどれだけ幸せかが感じられる。」と語り、場内がスピリチュアルな波動に包まれながらイベントは終了した。


美輪明宏さん コメント

天国について

■美輪:「霊魂とは素子の一つで、人間はその素子の周りにたんぱく質や脂質を包んだものにすぎない。人間が死ぬとそのたんぱく質や脂肪が分解され、最後に残った素子がまた再生する場所なの」

『ラブリーボーン』のCMナレーション撮りに関して

■美輪:「60年近くの芸能生活で初めての経験。でも練習、本番と一発OKだったわ。『もののけ姫』の時も8時間もらったけど、3時間で終わったわ」

映画へのコメントを一言

■美輪:「家族愛、そして本来の人間の理想的な愛の形があります。ラブリーボーンを是非劇場でどうぞ」

______________________________________________________________________

『ラブリーボーン』
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公開:2010年1月29日
劇場:丸の内ピカデリーほか全国にて
公式HP:http://www.lovelyb.jp/

©2009 DW STUDIOS L.L.C. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/22909921

美輪明宏さんが語る、天国、そして家族の愛。映画『ラブリーボーン』スピリチュアル・トークショーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事