« 『千年の祈り』ウェイン・ワン監督インタビュー | メイン | 芸能界“妄想男子”代表、ふかわりょう登壇 『脳内ニューヨーク』公開初日イベント »

2009年11月13日 (金)

『なくもんか』阿部サダヲ&瑛太インンタビュー

出席者:阿部サダヲ&瑛太

『なくもんか』阿部サダヲ&瑛太インンタビュー

阿部サダヲ×水田伸生監督×脚本:宮藤官九郎『舞妓Haaaan!!!』トリオが再集結。

両親の離婚後、父親に捨てられ、それでも笑顔を絶やさずに生きてきた兄・祐太。母親の死んだ後イジメられないよう、お笑いを頼りに生きてきた弟・祐介。そんな複雑な過去を持つ生き別れの兄弟の関係を軸に“家族”というものを真っ正面から描いた笑って泣けるホームドラマ『なくもんか』
ハムカツが人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太を演じた阿部サダヲと、ニセ兄弟コンビとしてブレイクしたお笑い芸人・祐介役の瑛太に作品の魅力を伺いました。

_____________________________________

脚本を読んだ感想を教えてください。

■阿部サダヲ(以下、阿部):「宮藤さんの脚本は初めてじゃないんですが、とても新鮮で、今まで読んだことのないおもしろい話だなと思いました」


具体的にはどういうところが新鮮だったんでしょうか?

■阿部:「前作の『舞妓Haaaan!!!』とは違ったテンションや台詞回しでした。今まで話したことのない台詞が多くて、“ぎゃー”とか“ぎょえー”といった擬音が少ないんです。ちゃんと会話をしている台詞でした(笑)」

■瑛太(以下、瑛太):僕が演じた祐介は本当に不幸だなと思いながら読んでいました。あと、台詞を声に出しながら読んでいたのですが、しゃべりやすい台詞だなと思いました」


おふたりが共演された感想は?

■阿部:「初めて会ったのは三、四年前のテレビドラマのときで、しっかりした俳優さんだなと思いました。今回お会いしたら、さらに成長されている上に、俳優さんとしてのオーラが大きくなっていてびっくりしました」

■瑛太:「阿部さんは本当に大きい方だなと思います。みなさんへの気配りがすごくて、とにかく優しいんです。それと、“僕はこのまま無理しなくていいんだな”と思わせてくれました。それは僕だけじゃなくて現場にいた人全員がそう感じたと思います。阿部さんは、そういう雰囲気を作ってくれるんです。“阿部さんの現場”ができていました」


演技をあわせてみて影響されたことはありますか?

■阿部:「僕は瑛太くんに対して俳優さんとして憧れている部分があるんです。瑛太くんみたいなお芝居をやろう思ってもできないんですよね。そこが好きなところです。瑛太くんの演技のリズムがいいなと思っても、自分では作れないし出てこない。いつも羨ましく思っています」

■瑛太:「阿部さんの切り替えの早さがすごいなと思うんです。本番になった瞬間にスイッチが入るというか、こんなに差がある俳優さんには会ったことがないです」


竹内さんとの共演はいかがでしたか?

■阿部:「今回初めてご一緒したんですが、すごい女優さんだと思いました。一緒にお芝居をすると呼吸を合わせてくれるんです。長回しのシーンが多かったんですが、滞りがなくて、同じ方向に行っちゃうことも、動きがかち合ってしまうこともなく、事前に決めてないのにスムーズにできるんです。頼もしくて、安心できる女優さんだと思いました」

■瑛太:「形だけで演じない方ですね。お芝居は感情が一番大事だと思うんですが、目を見てお芝居するときに、本当に見られている感じがしました。ちょっとした違いも見抜かれているんじゃないかって思いました。生のお芝居を実感させて頂きました」


ハムカツが印象的なアイテムとして出てきますが、何か思い出はありますか?

■阿部:「最初に読んだ時はなんでハムカツなのかわからなかったです。今までコロッケとかメンチはよく食べたんですが、あまりハムカツは食べたことがなくて。ああやって食べるとおいしいですよね」


本作は兄弟愛、家族愛などさまざまなテーマがあると思いますが、注目してほしい点は?

■阿部:「全部注目してほしいんですが、まず笑いがあって、それと同じ割合で愛や絆があります。すごく血が通っている人間的な映画で、細かい人間関係、人間愛がたくさんあるので、見ればみるほどおもしろいと思います。例えると、『舞妓Haaaan!!!』はどんぶり飯で一度にがっと楽しめる、今回はおかずがいっぱいあってご飯も俵型で、総合しておいしいみたいな(笑)」

■瑛太:「すごくシンプルにどんな方にも響くポイントがある映画だと思います」


これからご覧になる方にメッセージをお願いします

■阿部:「僕と瑛太くんが血のつながった兄弟なんですが、実は訳ありというものすごい設定が待ち構えています。とてもおもしろい掛け合いを見ることができると思うので、ぜひ劇場でご覧ください」

■瑛太:「今まで見たことのないホームドラマになっています。ぜひ劇場に足を運んでください」

写真:あすか

______________________________________________________________________

『なくもんか』
配給:東宝
公開:2009年11月14日
劇場:全国にて
公式HP:http://nakumonka.jp/

©2009 「なくもんか」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/22295577

『なくもんか』阿部サダヲ&瑛太インンタビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事