« 大江裕が、SHIBUYA TSUTAYAの1日店長 | メイン | 最新映画ナビ プレゼント(10/23~10/30) »

2009年10月23日 (金)

小日向文世、菊地凛子が登壇『サイドウェイズ』舞台挨拶

日時:10月22日(木)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン5
登壇者:小日向文世、菊地凛子
サプライズ・ゲスト:チェリン・グラック監督

小日向文世、菊地凛子が登壇『サイドウェイズ』舞台挨拶

第77回アカデミー賞にてオスカーを受賞(主要5部門ノミネート、脚色賞受賞)し、全世界から賞賛された映画『サイドウェイ』が、実力派日本人キャスト、オール海外ロケ、海外スタッフという画期的な試みで、新しい日本映画『サイドウェイズ』として生まれ変わった。

その公開に先駆け、現在開催中の第22回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、主演の小日向文世菊地凛子が舞台挨拶を行った。

また、舞台挨拶中盤では、小日向文世菊地凛子には秘密で、本作を手掛けたチェリン・グラック監督がサプライズゲストとして登場。コメントで監督の現場での姿をバラしていた2人は、大いに驚き、会場も大いに盛り上がった。

______________________________________________________________________

まずご挨拶をお願いします。

■小日向:「こんな遅い時間に沢山の方に来ていただいてありがとうございます。ちょうど1年前の今頃、カリフォルニアのナパで撮影していたのですが、その時は無我夢中だったので今日は夢のようで、感無量です」

■菊地:「ここにいらっしゃるのはチケット発売当日に買って下さった皆さんだそうですが、本当にありがとうございます。『サイドウェイズ』はすごくいい形でスタートする気がします」


小日向さん、初主演作品が国際映画祭で上映されますが、心境を教えて下さい。

■小日向:「正直、あまりピンと来てません(会場笑)。でも、ここに到着したら通訳の方がいたので、ちょっとドキドキしました。撮影の時もそうでしたが、英語が飛び交う場所に身を置くと緊張します(笑)。ナパには1ヶ月ほどいたのですが、1年前の今頃は、“あと少しで帰れるなぁ!”“やっぱり日本がいいな!”と思ってました(笑)。だから、道雄としてカメラの前で集中して芝居をしている瞬間が1番ホッとしました」


菊地さんは、海外の映画祭には慣れているから、気負うことはないのでは?

■菊地:「そんなことはないですよ(笑)。今回、初めて東京国際映画祭で自分の出演作が上映され、グリーンカーペットも歩かせてもらったのですが、来場してみて、すごく大きな映画祭なんだと初めて分かりました」


小日向さん、今日は外国のプレスの方もいるので、緊張するのでは?

■小日向:「もう撮り終えてしまってるので、緊張してもしょうがないですよ(笑)」


オリジナルの『サイドウェイ』を意識して演技したんですか?

■菊地:「それはなかったですね。新作を撮るつもりでしたし、先輩たちがいたので、
私はすごく楽しくて楽でした(笑)」

■小日向:「何たって演じるのが日本人ですからね、でも、オリジナルで主人公を演じたポール・ジアマッティのおでこは少し意識しました(会場笑)。


小日向さんは主人公には共感しましたか?

■小日向:「最初はウジウジしていて、なにか好きになれなかったんですけど、演じているうちに不器用でも一生懸命に生きている道雄が日に日にいとおしくなってきました。結婚してる人はダメですけど、“中年になっても、夢を捨てずに恋愛してもいいじゃん!”と思えましたね」


チェリン・グラック監督はどんな人でしたか?

■小日向:「僕らには日本語で話しかけてくれて優しかったけど、現場のスタッフとは英語で怒鳴りあいしてましたね(会場笑)。女性に対しても「ガー」っと言ってたので、現場が凍り付いててさすがにどうかと思いましたね(笑)」

■菊地:「とても厳しい人ですよね。素敵な人ですけど。でも、現場を離れると1番いいかげんな人なんじゃないかと思いました(会場笑)。その監督から私はいいかげんだと言われたので“いいかげんな人から『いいかげんだ』と言われた私はどれだけいいかげんなんだろう!?”って思いました(笑)」


ここで2人は内緒で会場に潜んでいたチェリン・グラック監督が登場。
英語で2人にまくし立ててみせ、菊地さんから「うるさい!」と苦笑される一幕も。


監督、東京国際映画祭で特別招待作品になりましたが、どんな心境ですか?

■チェリン・グラック監督:「とても嬉しいです。僕らは邦画なのか洋画なのか分からないような、国際的な映画を目指していたので、東京国際映画祭で上映してもらえて本当に嬉しいです」


最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

■小日向:「ここだけの話ですが、僕はオリジナルよりも面白い作品になったのではないかと思っています。もし、映画を気に入ってもらえたら、ぜひ周囲の皆さんに薦めて下さい。よろしくお願いします」

■菊地:「すごくチャーミングな大人が出てくる映画です。笑えるし、心に残るシーンがたくさんあるので、私も応援したいと思っています。皆さんにも一緒に盛り上げてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします」

■チェリン・グラック監督:「今日は日本では遅い時間の上映ですが、日本でもアメリカのように、晩御飯を食べた後に、当たり前のように映画館で映画を見る習慣がこれをきっかけに流行ればいいなと思います。ぜひ、『サイドウェイズ』がヒットするよう、応援をお願いします」

______________________________________________________________________


『サイドウェイズ』
配給:20世紀フォックス映画
公開:2009年10月31日
劇場:全国にて
公式HP:http://movies.foxjapan.com/sideways_jpn/

©2009 Twentieth Century Fox and Fuji Television

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/22064485

小日向文世、菊地凛子が登壇『サイドウェイズ』舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事